すてきなかべかざりできました2017.2.25
『6年生を送る会』では、2〜4年生が各学年で制作した壁面飾りが体育館に飾られました。4年生は、『希望に満ちた未来に大きく羽ばたいていってほしい』という願いをこめて、今年の卒業生と同じ48羽の鳥を作りました。最初に絵の具で同心円に色を塗ります。次に、中心に向かって細かく切り分けていき、それらを台紙に鳥のように並べてはれば出来上がりです。形は同じですが、色がそれぞれ違うので、羽の色が同系色の鳥やカラフルな鳥など、色々あってきれいでした。来年の入学式まで飾られる予定です。卒業生や新入生の目を楽しませてくれることでしょう。

 じょうぶな骨をつくろう2017.2.21
3学期の食育の授業がありました。栄養教諭に「じょうぶな骨をつくろう」という授業をしていただきました。骨量のグラフや、骨粗しょう症になってしまった骨の画像を見せてもらい、成長期には骨をしっかりつくっておくことが大事であることを学びました。10歳ではカルシウムを700mg/日とるとよいことを教えてもらい、カルシウムを多く含む食品とそのカルシウム量をもとに、どのぐらい食品を食べないといけないのか計算しながら考えました。授業を通して、カルシウムの多い食品を進んでとろうとする意欲を持つことができました。

 2分の1成人式2017.1.30
28日(土)に学校公開が行われました。4年生は『2分の1成人式』を保護者の方々に見ていただきました。成人の2分の1である10歳をお祝いする式です。あと10年で大人になるという自覚と、これからの10年を期待を持って迎えることを目的としています。最初は『ぼくの夢・わたしの夢』です。未来への抱負や現在がんばっていることなどを一人ひとりが発表しました。次に、合唱『たからもの』を聴いていただきました。最後は『わたしたちの過去・現在・未来』です。10年前に流行した映画や邦楽、10年後の日本予想など、グループごとに調べたテーマについてポスターセッションで発表しました。これからの10年は、楽しいこともつらいこともたくさんあることでしょう。子どもたちには努力を重ね、成長を続けてくれることを期待しています。

 アウトリーチ音楽会がありました。2017.1.27
26日(木)の2時間目に、「アウトリーチ音楽会」が開かれました。これは菰野町在住の音楽家の方々が子どもたちに、素晴らしい音楽を聞かせてくださる会で、毎年4年生が参加させていただいています。
 ピアノ担当の瀬戸さん、クラリネットの瀬戸さん、そしてバイオリンの大久保さんによる演奏でした。
 校内放送やテレビのCMなどで聴いたことがある曲の演奏もあり、子ども達の笑顔があふれていました。生演奏を体験する貴重な機会をいただき、ありがたいことでした。
 曲の演奏だけでなく、楽器の説明やリコーダーの上達法も教えてくださり、とても素敵な時間を過ごすことができました。

 なわとび月間が始まりました。2017.1.18
 12日から24日まで、学校みんなでなわとびに取り組んでいます。毎年のことですが、長なわの連続とびにチャレンジします。
 初めにそれぞれのクラスで目標を設定し、さっそく練習をしています。
 まだまだ目標までは遠いのですが、話し合いをしながら練習を重ね、記録どこまで伸ばせるのか今から楽しみです!
 大雪も降り寒い毎日ですが、なわとびを続け、少しでも身体を鍛えていきたいものです。

 安全マップを作っています。2016.11.14
4年生は二学期に入ってから、社会科で「安全なくらしを守る」の学習を進めてきました。また総合的な学習の時間には、近いうちに起こるかもしれない南海トラフ地震に備えるということで、防災についても学んでいます。
 そこでこれまでの学習をまとめ、更には自分たちが住む地域に関しての意識を強くもつことを目指して、クラスを解体して地区ごとのグループをつくり、安全マップを作ることにしました。
見学時地区ごとにばらばらとなるため、見守りボランティアさんを募ったところ、多くの保護者の皆様にご協力をいただけました。
 更には子ども達自身がそれぞれの地区の区長さん、地区の事情に詳しい方に、案内のお願いに行きました。お忙しい中、皆さん快く引き受けてくださり、感謝の気持ちでいっぱいです。
 見学中は、上記の施設や設備について詳しく教わったり、見せていただいたりしながら、有意義な見学・学習ができたようです。子どもたちが撮影してきた写真をみると、その様子がとてもよくわかりました。安全マップの出来上がりがとても楽しみです!

 菰野庁舎の見学に行ってきました2016.11.10
「けやき」に続いて、菰野庁舎の見学もさせていただきました。社会科の「安全なくらしを守る」という学習の中で、防災について勉強しています。そこでそれに関わるものとして、初めに庁舎地下に設置されている地下免震ピットというものを見せていただきました。 
地下は想像以上の天井の低さでしたが、その構造はとても頑丈なもので、ピットひとつでなんと600トンもの重さを支えているそうです。そのピットをはじめ多くの設備があり、全体で巨大な役場の建物を地震の震動から守ってくれているのです。
その後は、3階に上がり災害対策室を見学しました。あってはならないことですが、菰野町内や近隣の地域の大きな災害が起きてしまった時、被害の状況をいち早くつかみ、それに対する迅速な対策を立てる場所です。
 この部屋を見学すると、南海トラフ地震の可能性も実感しました。
 教わったことを、これからの防災学習にいかしていきたいと思いました。

 保健福祉センター「けやき」の見学に行ってきました2016.11.10
11月4日(金)に、保健福祉センターけやきと菰野庁舎の見学に行ってきました。
国語の学習を受けて、更に福祉について深く学ぶため、実際の施設見学をかねての見学でした。
 初めに「福祉ってなに?」「バリア・フリーの施設とは?」「ユニバーサル・デザインとの違いは?」等けやきの職員さんが、4年生の子どもたちのも分かり易くお話をしてくださいました。
 その後、10人前後のグループに分かれ、職員さんお二人と担任二人の4人で引率しながら、けやきの施設内外を見て回りました。
 こんな工夫があったんだ、という気付きも多くありました。興味深く学びを深めることができたようです。

 伊勢型紙にチャレンジ!2016.10.19
10月18日、鈴鹿市の伊勢型紙協会の先生方に来ていただき、4年生が伊勢型紙のランプシェードに挑戦しました。
初めに伊勢型紙について、詳しい内容のDVDを見せていただき勉強しました。
次はいよいよ実習です。先ず型紙を切るための、特別な小刀の扱いについてお話いただき、ひとりずつお借りしました。小さい刃なのですが、切れ味は抜群です。ただ子どもたちは普段小刀の扱いに慣れていないので、刃の向きが理解できず、初めのうちは四苦八苦する様子もありました。
そんな時には先生方がそばまで来て、アドバイスをしてくださったり、難しいところはお手伝いをしてくださったりしたので、なんとか全員仕上げることができました。
完成した作品は、23日のふるさとまつりに展示する予定ですので、是非ご覧ください!

 四日市クリーンセンター・四日市市立博物館へA2016.10.10
四日市市立博物館前の広場でお弁当を食べ、午後からはプラネタリウムで月や星の学習をしたり、環境と公害をテーマにした館内の展示を見学したりさせていただきました。天気の悪い日が続き、夜空の観察が思うようにできていません。プラネタリウムのおかげで、月や星の動きについて分かりやすく学べました。5年生の社会科では公害についても学習します。展示は子どもたちにとって少し難しい内容でしたが、学芸員さんが4年生向けにしてくださった解説を熱心に聞き、メモをとっていました。興味深い内容ばかりで、大変勉強になる社会見学となりました!

P1 P2 P3
CGI-design