伊勢型紙にチャレンジ!2018.10.19
10月18日、鈴鹿市の伊勢形紙協会の先生方に来ていただき、4年生が三重県の伝統産業である伊勢型紙のランプシェードに挑戦しました。
 初めに伊勢型紙について、詳しい内容のDVDを見ました。
続いてそれぞれの教室に分かれいよいよ実習です。先ず型紙を切るための、特別な小刀の扱いについてお話いただき、ひとりずつお借りしました。小さい刃なのですが、切れ味は抜群です。子どもたちは普段小刀の扱いに慣れていないので、刃の向きが理解できず、初めのうちは四苦八苦する様子もありました。
そんな時には先生方がそばまで来て、アドバイスをしてくださったり、難しいところはお手伝いをしてくださったりしたので、なんとか全員仕上げることができました。
完成した作品は、28日のふるさとまつりに展示する予定ですので、是非ご覧ください!

 防災安全マップを作ります。2018.10.17
現在4年生では、10月25日の「防災安全マップづくり」にむけて、地区ごとに協力して地図を描いています。
当日には区長さんやボランティアさんにお世話になり、現地に出かけ、防災や安全に関する調査をする予定です。
お天気に恵まれることを、願っています。 

 社会見学に行きました。(その3)2018.10.12
最後は、「菰野町清掃センター」でした。
菰野町でも可燃ごみの量がどんどん増えているため、この施設は一昨年から昨年にかけて改修されました。「ごみのしまつと活用」については一学期に学習したのですが、その内容を思い出しながら、見学させていただきました。
多くの人に環境への配慮と資源の有効活用・エネルギーの活用の大切さを知って欲しいという願いをこめ、それらをわかり易く学ぶことができるようなビデオも見ました。普段目にすることのできないごみピットの中やごみをかき回す巨大なクレーンも見学することができて、子どもたちはとても興味深く学んでいました。

 社会見学に行きました。(その2)2018.10.12
午後から「川越電力館テラ」を訪れました。この電力館では、地球と人との共生を、見て、触れて、実感し遊びながらわかり易く伝えてくれるテーマ仕立てのものです。
地球のエネルギー資源が無限でないことを理解しながら、エネルギーと生活との関わりを学べるようになっていました。
最上階の7階展望サロンからは、伊勢湾や遠く四日市港の様子も見て楽しむことができました。

 社会見学に行きました。(その1)2018.10.12
10月11日(木)、四日市博物館・プラネタリウム、川越電力館テラ、菰野町清掃センターに行ってきました。
 バス一台に4年生全員が乗り込み、学校を出発しました。楽しみにしてきた社会見学だったので、子どもたちのテンションも高く、張り切って出かけました。
初めに四日市博物館で、四日市や菰野の昔の様子について見学しました。博物館ボランティアさんが、わかり易くお話してくださいました。また四日市公害と未来環境館では公害について学習しました。公害については5年生で詳しく学ぶ内容なので、4年生には少し難しいとは思いましたが、自分たちの住む地域のすぐそばの町でかつてあったことであり、これからの社会で生きていく上でと考えていかなければいけない環境問題であるということで、見学することにしました。
博物館の方が、わかり易く解説してくださったので、他校の児童と一緒に子どもたちは熱心に聞き入っていました。

 消防署の見学に行きました2018.9.20
9月18日(火)に消防署の見学に行きました。
初めに救急車や、火災の際に活躍するはしご車・救助工作車・タンク車・ポンプ車を、一台ずつ説明しながら見せていただきました。教科書等で見てはいましたが、写真ではなかなかわからなかった設備もあり、「実物はすごいね。」と言い合って見学しました。
実際の火災を想定して、はしご車が出動し高い建物に取り残されてしまった人を救出する様子も見せてくださいました。
サイレンも鳴らしての活動で、迫力満点でした。署員の方々の敏速な動きがよくわかりました。
最後に疑問に思ったことを質問したり、敬礼の仕方を教わったりした後、お礼を言って学校にもどりました。菰野消防署のみなさん、どうもありがとうございました!

 二学期もよろしくお願いします2018.9.6
楽しかった夏休みも終わり、いよいよ2学期が始まりました。
長い夏休み明けでしたが、大きな怪我や病気もなく、全員が健康で再会できたこと何よりでした。
9月6日に、今年2回目となる避難訓練が行われました。
これまでの訓練を通して子どもたちは、避難の際に心がけることはよく理解できていたようで、すばやく静かに避難出来ました。今回は訓練でしたが、もうすぐ来ると言われている大地震の際にも、落ち着いて行動できることを願っています。       
2学期が始まり、これから4年生は、社会科や総合の時間に防災について学んでいく予定です。自分たちの住む地域の安全マップにも取り組みます。避難訓練で考えたこと・学んだことを学習にも活かしていきたいと思います。

 のぼりができました!2018.7.19
この夏インターハイが三重県で開催されます。そのうち山岳競技が、菰野町で行われるそうです。
 そこで、菰野町の小中学校が、それぞれの都道府県代表校の応援のため、菰野町のマスコット「こもしか」ののぼりにメッセージをかくことになりました。
 千種小の4年は、青森県代表の八戸高校へのメッセージを担当します。みんなで相談して、八戸市のゆるきゃらである『いかずきん』(うみねこが、いかのかぶりものをかぶったかわいいキャラクターです!)が、「けっぱれ!』(青森の方言で、「がんばれ!」という意味です。)」と声をかけているところをえがきました。
 そして周りには、青森のシンボルりんごのデザインを、ひとりひとりが描きました。みんなで力を合わせて、なかなか素敵なできばえになりました。機会があれば、探して見てきてくださいね。

 潤田浄水場へ見学に行ってきました。2018.6.28
6月28日の午後に、潤田浄水場へ見学に行ってきました。
 当日は、役場の水道課の方に説明をしていただきながら施設の見学をしました。
 菰野町はもともと鈴鹿山系の美しい水に恵まれた土地ですが、住民が安心しておいしい水を飲んだり利用したりすることができるように、日々努力をしてくださっていることを感じることができました。
 これからも感謝の気持ちを忘れずに、水を大切にしていきたいと思いました。
 学んできたことは、新聞にまとめることにします。

 水泳の授業が始まりました2018.6.13
6月12日から、子どもたちが楽しみにしていた水泳の授業が始まり、早速プールに子どもたちの歓声が響いていました。
先日は、5・6年生がプール開きにむけ、プールの掃除をしてくれました。きれいになったプールで感謝の気持ちを忘れずに、水泳を楽しみたいと思います。
 これから泳力ごとにチームを分け、練習をしていく予定です。
 7月上旬までの限られた期間なので、健康に留意して体調を整え、できるだけ水泳の授業に参加してほしいものです。

P1 P2
CGI-design