あなたの知識と工夫で守る
家庭の食事の安心・安全


 私たちの食卓にのぼる食物は、安全なものでなければなりません。そうした食の安全を守る主役は、食品を選ぶ私たち自身です。さまざまな食品があふれている中、私たちは安心して食べられる食品を自らの判断で選び、食中毒などの危険に対する知識を持ち、自ら予防していくことが重要です。
夏場は家庭での食中毒があぶない!
食中毒を防ぐ三つの原則
 蒸し暑い夏は、食中毒菌が増殖するのに最も適した季節です。そのため、毎年この時期は家庭での食中毒も発生しやすくなっています。食中毒は、食物に食中毒菌が付着し、これが食物中で大量に増殖することによって引き起こされます。食中毒菌はいたるところに存在しますが、その菌を「付けない」「増やさない」「殺菌する」ことが、食中毒を予防するための三大原則です。

食中毒菌を付けないために
「洗う」
 食物を取り扱う手指は、菌の二次汚染の原因。食物を取り扱うときは必ず手指を洗いましょう。特に肉や魚、卵などを触ったら、面倒でもその都度手を洗うことが大切です。また、まな板や包丁などの調理器具も二次汚染の原因になります。特に、肉や魚、卵を扱った後は洗剤でよく洗い、熱湯を十分にかけて殺菌しましよう。


食中毒菌を増やさないために
「冷蔵庫で保管」
 食中毒菌の多くは、10℃以下の低温では増殖がゆっくりとなり、−15℃以下では増殖が停止します。食品に付いた菌を増やさないためには、冷蔵庫や冷凍庫で保管すること。また、冷蔵庫は10℃以下、冷凍庫は−15℃以下を維持するよう、きちんと温度管理をしましょう。冷蔵庫の中に物を詰めすぎると冷気の循環が悪くなるので、詰める量は全体の7割程度までにしましょう。
 買い物は新鮮なものを選び、速やかに持ち帰り冷蔵庫へ収納しましょう。


食中毒菌を殺菌するために
「加熱」
 一部の例外はありますが、食中毒菌のほとんどは、加熱を十分に行うことで殺菌することができます。中心部の温度が75℃で1分間以上の加熱を目安にし、食品の中心まで十分に加熱しましょう。
 調理後すぐに食べない場合は、ふた付き容器などに入れて、冷蔵庫に保管しま

食中毒は簡単な予防方法を守れば予防できます。もし腹痛、下痢、おう 吐などの症状が出たら、すぐ医療機関を受診しましょう。     問い合わせ  健康課TEL 91−2212

豆知識

加工食品は表示をチェック!

 毎日の食生活に身近な加工食品。製造や流通の過程が見えにくいだけに、その中身や安全性が気になります。安心できる加工食品を選ぶためには、原材料・賞味期限・保存方法など食品に表示されているさまざまな情報が重要な判断材料になります。現在、安心・安全な食品選びに役立つ、次のような表示が義務づけられています。
■「遺伝子組み換え食品」の表示  遺伝子組み換え食品は、国際的に広がってきています。日本国内では、国の安全性審査を受け、安全性が確認されたものでなければ販売することはできません。遺伝子組み換え食品、それを含む加工食品を販売するときには、遺伝子組み換え食品を含む旨の表示が義務づけられています。(大豆、とうもろこし、菜種、ばれいしょ、綿実について表示が義務づけられています)
■アレルギー物質を含む食品の表示
 食物アレルギーのある人には、アレルギーを引き起こす食物の摂取は大変危険です。そこで、加工食品の中に自分が反応するアレルギー物質が含まれているかどうかを判断して選べるように、アレルギーを誘発する特定原材料の表示が義務づけられています。現在、義務づけられている表示は、小麦、そば、卵、乳、落花生の5品目。また、あわび、いか、オレンジ、牛肉、鶏肉、大豆など19品目が特定原材料に準ずるものとして、表示が奨励されています。

*******************************************************************************************

とっさのときに備えて

 千種工業団地(鈴秀工業)で特別消防訓練

 6月3日、千草工業団地の鈴秀工業三重工場で、危険物火災を対象に訓練が実施されました。
 加熱室のファンが故障し、室内に熱がこもり圧力が高くなって爆発、出火したとの想定で、工場の従業員約50人が参加しました。、火災の発生を知らせるアナウンスの後、工場の救護班が負傷者の救出と消火器を使った初期消火に向かいました。その間他の従業員に対して小島工場長から「消防車や救急車が到着するまでの今の間を、自分がけがをしていたらという気持ちで待っていてください。ほんの数分が大変長いと感じられるでしょう。またその数分が命にかかわる大切な時間でもあります。こういった活動は、その場にいる人の助け合いと迅速な対応が不可欠です」と、訓練の意義を伝えていました。この訓練には千種分団、本部分団の消防団と、消防署のタンク車やポンプ車など6車輌50人が参加し、取り残された負傷者の救出や他の施設への被害拡大を防止する放水訓練なども行われました。


救急隊員による搬送と放水体制をとる消防団員

消化器を持って集まる参加者

救護班による救出活動

 救命率を分ける数分の対応・・・ 普通救命講習会に参加しました。

 6月14日農村センターで、竹永小学校のPTAの人たち25人が、普通救命講習を受講しました。これは、夏のプール開放に向けて、万一の事故に備えると共に、日常的な事故での対応など、緊急時の救命活動を日頃から身に付けておこうと、毎年各学校で取り組まれているものです。
 まず一連の流れやその重要性が収められたビデオを見ました。その中では呼吸停止や心停止の状態になって数分の対応が、その後の救命率に大きな違いを見せる大切な時間であり、その場にいる人のためらわない勇気が大切と結んでいました。その後3つのグループに分かれ、実際に人形を使った心肺蘇生法の練習を一人一人が行いました。それぞれのグループには消防署員が付いて指導をしていましたが、人工呼吸の空気の入れ加減や心臓マッサージでの力具合など、実際にやってみるとちょっと分りにくいようでしたが、なんとか自分のものにしようとみんな一生懸命に取り組んでいました。
 人工呼吸・心臓マッサージ(心肺蘇生法)は、呼吸停止や心停止となった傷病者が発生した場合に行う最も重要な応急手当です。大切な人の命を救うため、消防署では応急手当の講習会を行っています。団体、個人にかかわらず受付していますのでお気軽にご相談下さい。


心臓マッサージを行う参加者

心肺蘇生法

 胸とのどが水平になるようにあご先を上げます。意識がなくなると舌のどに落ち込んで空気が通らなくなり、呼吸が停止してから10分を過ぎると救命率は50%、その後1分刻みにどんどん低下します。
 息を吹き込む時だけ鼻をつまみ、息が入るときの胸の膨らみをを見ながら強さを加減します。強くしすぎると胃に空気が入ってしまいますので、注意が必要です。また、呼吸がある場合はしてはいけないので、口先にほっぺたを近づけたり、胸を観察して息をしていないかどうか、まず先に しっかり確認します。
 ろっ骨の間にある胸骨の下の方(料乳首を結んだ線の少し下あたり)を、手のひらの付け根の方の平らな部分を使って垂直に押します。
           問い合わせ 消防署 TEL 94−3239