広報こもの10月号
平成15年(2003年)11月号 No.519


歩いてみよう東海自然歩道 画像 歩いてみよう東海自然歩道8
         /清楚な水すだれ


撮影/寺村一明 さん
(町芸術文化協会写真部会会員・四日市市札場町)
 東海自然歩道を湯の山温泉街、 そして大石公園と歩み来て、こ の蒼滝に到着します。水のつく るすだれを仰ぎ見て、その神秘 さに思わず心が奪われます。こ の滝の上に「銭滑淵 ぜになめふち 」とよぶ蒼 い淀みがあって、満々と水を湛 えています。それより北谷の渓 流に沿い、落葉を踏み踏み登る と、御在所岳の裏「藤内壁」の 下へ行き着きます。
 壮大な花崗岩の襞 ひだ から滲 にじ み出 る水滴が、次第に小さな流れを つくり、流れ流れて、ここへ来 て一気に落ちてこの水すだれを 見せてくれます。

菰野町内の東海自然歩道 コース
●●11月号のおもな内容●●  
● 大切な個人情報を守ります
町では町民の皆さんの個人情報を使ったさまざまな業務を行っていますが、業務の多様化とともに利用の機会が増えてきました。また、これからますます情報化社会が進展することが予想されます。そこで個人情報をより適正に取り扱うためのルールとして、菰野町個人情報保護条例が制定されました。
● 菰野から輩出した先人たち
9月21日に地元ゆかりの先人を偲ぶ俳句会(第7回藤井鬼白・天春静堂翁顕彰俳句大会)が開催されました。同じく27日には今年6回目のかもしかライフカレッジが「イネはるかなる旅」と題して開催され、静岡大学の佐藤洋一郎助教授と古代米の研究を続けている大塚文平さん(中菰野)が講演しました。それぞれの行事とこれらの分野に関する大きな足跡を残した菰野町の先人を紹介します。
● 交通安全への取り組み
町内の小・中学生を対象にした交通安全作文コンクールの入賞者(応募総数1,024人)と最優秀作品の紹介、10月4日に行われた「女性マイカー点検教室」のようすを紹介しています。
● 第24回戦没者追悼式
菰野町と菰野町遺族会が行っている戦没者追悼式も今年で第24回となりました。町民センターホールいっぱいに集まった遺族、関係者が献花を行い、冥福を祈りました。
● 新しい人権擁護委員さん
前委員の小林俊之さんに代わって中村隆行さんが就任されました。同時に進士泰輔さんと諸岡満ゆ美さんが再任されました。  
●まちの話題
○ 沼田曜一民話の世界
○ 国体(ボウリング)三重県勢として初優勝
○ 福王山でフォトコンテスト
○ 子どもたちが相撲大会で熱戦
○ 秋の湯の山を楽しみました
○ コスモスイベント開催
● 知っていますか健康増進法
運動は、糖尿病をはじめとする生活習慣病の予防だけでなく、こころの健康づくりのためにも欠かせません。今回は「体を動かすこと」についてのお話です。
☆歴史こばなし 第307回
郷土史研究家 佐々木一さんによるこの町にまつわるお話し。(毎月掲載)
今回は「宿野の農業構造改善事業」
11月号広報をアクロバット形式でダウンロードできます。
ここを、クリックするとダウンロードが開始されます。 (421 KB)


広報全体をご覧いただく場合、アドビアクロバットリーダー4.0が必要です。
アドビアクロバットリーダーをお持ちでない方は、左のアイコンをクリックし
アドビ社のサイトよりアドビアクロバットリーダーを入手して下さい。