広報こもの8月号
平成16年(2004年)8月号 No.528


歩いてみよう東海自然歩道 画像 歩いてみよう東海自然歩道17
         /潜戸の滝


撮影/浅井正治さん
(町芸術文化協会写真部会会員・大強原)
 潜戸の滝は、湯の山バス停から左へ入った、湯森谷の入口にあります。谷を構成する古生層の粘板岩を渓流が侵食してできたもので、堅い岩盤を穿ち、くり貫いて落ちるところから潜戸の名がつきました。この滝の上部には、布を流したように幾すじもの滝がつらなっていて、小さいながらも静かな渓谷美を味わえます。最奥部の稲森谷は、鋭峰鎌ヶ岳と雲母峰に抱かれたふところの広い谷、この谷は菰野山切っての植物層の宝庫。イナモリソウも発見されています。湯森林道終点のスリバチ山から鎌を遠望した景観は、盛夏の候の散策にお奨めのコースです。

菰野町内の東海自然歩道
●●8月号のおもな内容●●  
● 消防団操法大会開催
2年に一度行われる消防団の操法大会が6月27日八風中学校で開催され、第一線を54秒、第二線を68秒で完了した朝上分団第一班が優勝しました。
● 台風シーズンに備えましょう
今年は例年になく早い時期から台風が日本列島に接近していますが、これからいよいよ台風シーズンを迎えます。大きな被害をもたらす台風や集中豪雨などはいつやってくるかわかりません。備えは早めにしておきましょう。また、9月4日に鵜川原小学校を主会場に町民総ぐるみ総合防災訓練が行われます。今年は県の総合防災訓練の分会場としての開催となります。ぜひ見学にお越しください。
● 竹永小学校が生まれかわります
竹永小学校は昭和46年に木造から今の鉄筋コンクリート造りに改築され、その後児童数の増加に合せて増築を重ねてきました。現在では当時の児童数の約3倍になり、それに見合った校舎や屋外運動場の面積と耐震性を確保するため、今回全面改築することになりました。新しい校舎は来年9月に完成する予定です。
● 菰野保育園が竣工
昨年7月から工事が進められ今年3月から新園舎の利用が始まっていましたが、その後旧園舎の取り壊しや外構工事など全てが完成し、竣工式が行われました。
● 参議院議員通常選挙投票結果
7月11日に行われた参議院議員通常選挙の菰野町の投票率は67.49%で、平成13年の前回より2.85ポイントアップしました。
● 菰野町の選挙公報が発行されます
告示日から投票日の前日までの期間が5日間と国、県の選挙に比べて短いため、これまで発行が見送られてきた町内の選挙についての選挙公報が、印刷技術の進歩や郵送の配付スピードアップなどにより発行されることになりました。
● 私のコミバス利用法
4月から運行が始まった町営のコミュニティバス。利用者の声をお聞きしました。
● アカトンボふる里さがしに挑戦
毎年夏に御在所岳へ避暑にやってくるアカトンボ(アキアカネ)のふる里さがしが始まって30年以上が経ちました。今年も5万匹を目標にマーキング活動を行い、秋にそのふる里をさがします。皆さんも羽に「G」のマークのついたトンボを探してみてください。
●山歩きにはそれなりの準備が必要です
夏から秋にかけては軽登山やハイキングを楽しむ入山者が多くなりますが、登山道は自然歩道のような整備された道ではなく、気象も変わりやすいものです。安全対策や必要な装備は備えていきましょう。また登山道は私有地の中を通っていることがほとんどですし、菰野町でいえば鈴鹿国定公園の中を歩きます。自然の動植物を大切にし、ゴミは持ち帰るなど最低のマナーは必ず守りましょう。
●まちの話題
○地産地消の取り組み 菰野の豆が納豆になりました
○うがわらパトロール隊に子どもたちから感謝状
○コボンタフェスティバル開催
○男女共同参画週間 講演会やパネルを展示
○盆踊り講習会に参加しました
● みんなでとりくむ「健康日本21」
今回は「食育について」のお話です。なお、ウォーキング菰野9月の定例会は8日の予定です。
● コメシリーズD 三重用水
国際コメ年のシリーズ。今回は水田を潤す三重用水の紹介です。
☆歴史こばなし 第316回
郷土史研究家 佐々木一さんによるこの町にまつわるお話し。(毎月掲載) 今回は「宮中へ粟の献上」
8月号広報をアクロバット形式でダウンロードできます。
ここを、クリックするとダウンロードが開始されます。 (1.962KB)


広報全体をご覧いただく場合、アドビアクロバットリーダー4.0が必要です。
アドビアクロバットリーダーをお持ちでない方は、左のアイコンをクリックし
アドビ社のサイトよりアドビアクロバットリーダーを入手して下さい。