広報こもの1月号
平成17年(2005年)1月号 No.533


歩いてみよう東海自然歩道 画像 歩いてみよう東海自然歩道 22
         /菰野富士の日の出


撮影/河村 篤さん
(町芸術文化協会写真部会会員・川北)
 御在所山から延びて来た鈴鹿山系の支脈がここで、ぷつんと切れて菰野富士と呼ぶ美しい姿を現出しています。その麓には江野高原という扇状地が展開して縄文人はこの地を選び住居地に定めていました。頂上からは眼下に菰野の市街を、そして伊勢平野から知多、渥美の半島まで、その左手には遠く名古屋の金鯱城の光るのを望めます。
 いま、伊勢湾にたなびく朝靄をやぶり、深紅の太陽が昇りはじめました。新しい年のはじまりです。


菰野町内の東海自然歩道
●●1月号のおもな内容●●  
● 新春座談会 行政改革を語る
 年頭にあたり、服部忠行菰野町長、矢田富男菰野町議会議長、諸岡稲造菰野町区長会会長におこしいただき、菰野町の行政改革について対談いただきました。
● 平成16年度町政10大ニュース
平成16年1年間の町政10大ニュースをご紹介します。
● 行政改革の方向性定まる
 これから取り組んでいく改革の基本的な方向性や内容の指針として、「菰野町行政改革プラン」を策定し、改革を進めていきます。
● 私たちは地域福祉のアドバイザー
 この度厚生大臣から委嘱された民生委員・児童委員さんと主任児童委員さんを紹介します。
●まちの話題
○第8回藤井鬼白、天春静堂翁顕彰俳句大会
○うごく町政教室
○佐佐木幸綱文化講演会
○菰野産大豆で豆腐作り体験
○ものづくりフェア2004
○元巨人軍の中村稔さん講演会
○菰野高校市川さんがプロ野球へ
● コスモスフォトコンテスト入賞発表
 今年は朝上地区で行われたコスモス畑。この畑を題材にした写真コンテストには139点の応募がありました。その入賞者と作品の一部をご紹介します。
● みんなでとりくむ「健康日本21」
 栄養・食生活について
● コメシリーズI 稲藁とリサイクル
 国際コメ年のシリーズ。今回は稲藁を材料として利用している様々な道具を紹介します。
☆歴史こばなし 第321回
 郷土史研究家 佐々木一さんによるこの町にまつわるお話し。(毎月掲載)
 今回は「役場跡の黒松」
1月号広報をアクロバット形式でダウンロードできます。
ここを、クリックするとダウンロードが開始されます。 (2,065KB)


広報全体をご覧いただく場合、アドビアクロバットリーダー4.0が必要です。
アドビアクロバットリーダーをお持ちでない方は、左のアイコンをクリックし
アドビ社のサイトよりアドビアクロバットリーダーを入手して下さい。