広報こもの4月号
平成17年(2005年)4月号 No.536


歩いてみよう東海自然歩道 画像

マップ   ふるさとの木 1 /廣幡神社の楓
撮影/八幡 浩司さん
(町芸術文化協会写真部会会員・中菰野)

 菰野藩主の初代、雄氏夫人の玉雄院は、城の南に広がる田んぼの風景を眺められて、そこに働く農家婦人の憩いの場として、金渓川河畔に楓と桜の植樹を命じられました。写真の手前の楓の古木は、そのころの樹といわれ樹齢400年を数えます。左岸の堤防に四方に枝を広げた楓の大木がありましたが、今は枯れてこの空洞になった老木が一本残るだけとなりました。
 今回はふるさとの木と題して、長い時の中で昔からその地域の景色としてとけ込み、親しまれてきた木を紹介します。


●●4月号のおもな内容●●  
● 平成17年度当初予算紹介
平成17年度の当初予算として、総額221億9760万円が3月定例議会に提案されました。その中から町予算のおおもとである一般会計予算105億円について、ご紹介します。
●図書館等生涯学習関連複合施設整備事業凍結にご理解を
生涯学習の拠点づくりを目指して計画してきましたが、用地取得の絶対条件である土地収用法事業認定に必要な地権者の全員同意が得られないことなどから、現建設予定地での事業計画を白紙とし、当整備事業を凍結させていただくことになりました。皆さんのご理解、ご協力をお願いします。
● あなたの家耐震診断してみませんか?
今年も木造住宅無料耐震診断の募集を行います。どうぞご活用ください。
● 入札監視委員会が発足
町発注工事の入札手続きの公正性や透明性について審議する、入札監視委員会がスタートしました。
● 私のコミバス利用法
昨年4月から運行が始まった町営コミュニティバス。実際に使ってみえる皆さんから感想を伺っています。また、10月の本格運用に向けて、コミュニティバス運行推進協議会で調査、検討が進められています。
● 下水道を使うようになって、改めて「水」や「環境」について考えるようになりました。
これまで町の下水道事業について、計画のあらましや工事の進み方、受益者負担金、使用料金についてを順に紹介してきました。今回は実際に使ってみえる方の感想をお聞きしました。
● 町の話題
朝上ふれあい文化おこし
国際交流会開催
町民駅伝大会
ふれあいコンサート
そば打ち道場一周年
子ども会育成者・指導者研修会
● 健康のページ
今月から、健康のページとして、健康づくりに関する情報を掲載させていただきます。今回は「お酒とのいい関係」についてのお話です。
● 消防力の充実を目指して
菰野町には昭和60年4月に発足し、今年で20年目を迎える消防本部・消防署と、それ以前から地域の消防活動の要として活動してきた消防団があります。
☆歴史こばなし 第324回
郷土史研究家 佐々木一さんによるこの町にまつわるお話し。(毎月掲載) 今回は「石工 市川宗一」
4月号広報をアクロバット形式でダウンロードできます。
ここを、クリックするとダウンロードが開始されます。 (1,993KB)


広報全体をご覧いただく場合、アドビアクロバットリーダー4.0が必要です。
アドビアクロバットリーダーをお持ちでない方は、左のアイコンをクリックし
アドビ社のサイトよりアドビアクロバットリーダーを入手して下さい。