広報こもの6月号
平成17年(2005年)6月号 No.538

ふるさとの木3

ふるさとの木3/福王山の老木
撮影/鈴木宝王さん
(町芸術文化協会写真部会会員・田口)

 杉は日本特産の木。南は屋久杉、北は秋田杉が有名です。針葉樹の中でも一番寿命が長く、なかでも縄文杉は7000年の樹齢を誇ります。
  この福王山の古杉は、樹齢300年といわれ、真っ直ぐに亭々として天を突いて生きる姿は雄々しく、社寺林として境内の森厳を保つ唯一の樹木です。
  ここ田口が桑名藩領時代、福王山は「藩有林」「お留山」として、鋸の使用は禁じられていました。福王山は古くから毘沙門天を祀る信仰の山。この古木の杉がその歴史を物語っています。

マップ


●●6月号のおもな内容●●  
● 新しい町政モニターさん
町が行う施策について評価や意見を出していただく町政モニターさんの委嘱式が4月25日に行われました。そのあと行われた研修会の様子とともに紹介します。
● 町内で自然とふれあい体験
菰野町は町域のおよそ4割が鈴鹿国定公園という自然に恵まれた町です。キャンプ場などの自然を楽しむ施設や東海自然歩道が通っており、湯の山温泉では木工体験教室「グリーン工房」も始まりました。今年の夏は町内で自然とふれあい体験をしてみませんか。
● 中里東高原線が部分開通しました
ミルクロードと旧306号(聖マリア保育園)までの区間が開通しました。旧306号は道幅が狭いので通行は十分注意してください。またこの関係で大型車は進入できません。
● 6月23日から29日は男女共同参画週間
「男女共同参画基本法」が施行された平成11年6月23日を記念して定められた男女共同参画週間。菰野町では6月26日に関地蔵院の住職、宮本光順さんを招いて講演会を開催します。
● 浄化槽は維持管理が大切です
浄化槽は微生物の働きを利用して排泄物を汚泥と水に分ける装置です。定期的な点検や清掃をしないとこの浄化機能が衰えるばかりでなく、悪臭が発生したり、汚物や汚水が流れ出したりする恐れがあります。そのため浄化槽法では、その所有者に保守点検、清掃、法定検査を義務づけています。
● 私のコミバス利用法
昨年4月から運行が始まった町営のコミュニティバス。実際に使ってみえる方からその感想を伺っています。
● 春の叙勲・褒章 受章おめでとうございます
旭日小綬章 永井啓弍さん。瑞宝双光章 種村正美さん。 黄綬褒章 黒田之男さん。
● 町の話題
体育功労者表彰とチーム特別表彰を授与
湯の山で春の山菜を堪能しました
みどり誘う春の祭典
● 健康のページ
健康づくりに関する情報を「健康のページ」として掲載しています。今回は「歯の健康は大丈夫?」。ウォーキング菰野7月の定例会は、7月13日です。
● 菰野の川シリーズA 金渓川
川は昔から菰野町を形作り、生活用水や潅漑用水としての利用や、洪水といった自然災害を起こす「畏怖」の対象でもありました。今回は、町内の主要な河川について、その名のおこりやそこで暮らしてきた人と川のかかわりなどについてご紹介しています。
☆歴史こばなし 第326回
郷土史研究家 佐々木一さんによるこの町にまつわるお話し。(毎月掲載)今回は「安政の大地震と廣幡神社」
6月号広報をアクロバット形式でダウンロードできます。
ここを、クリックするとダウンロードが開始されます。 (2,299KB)


広報全体をご覧いただく場合、アドビアクロバットリーダー4.0が必要です。
アドビアクロバットリーダーをお持ちでない方は、左のアイコンをクリックし
アドビ社のサイトよりアドビアクロバットリーダーを入手して下さい。