広報こもの4月号
平成18年(2006年)4月号 No.548


多比鹿橋

多比鹿橋 地図

菰野の橋/多比鹿橋
撮影/鈴木宝王さん(町芸術文化協会写真部会会員・田口)

  多比鹿神社の表参道の吊橋は、平成6年に今の堅固な鋼鉄の橋に架け替えられました。この橋の完成を祝い、子ども御輿(みこし)が渡る様子をその年の広報11月号が紹介しました。両岸の桜の花の咲くころは、この赤い橋がその景観の引き立て役となっています。多比鹿神社は千年の歴史を誇る延喜式内社(えんぎしきないしゃ)で、その上には田光隼則(はやのり)が築いた中世城館の跡があります。
 本年度は、さまざまな人や物が行き来してきた、町内の「橋」を紹介していきます。

延喜式内社:延喜年間(平安時代)に、今の法律にあたる律令の施行細則としてまとめられた「式」の一つで、全国の神社台帳として整備された「神名帳」に載っている社であること。



●●4月号のおもな内容●●  
● 平成18年度当初予算紹介
 平成18年度当初予算として、総額219億5604万円が3月定例議会に提案されました。その中から町予算のおおもとである一般会計予算約100億円について、服部忠行町長が議会で行った提案説明の要旨にそって紹介します。
● 障害者自立支援法がスタートします
 新しくできた「障害者自立支援法」が4月1日からスタートします。その概要をご紹介します。
● 10の土地改良区合併へ
 町内10の土地改良区の代表が、3月6日けやきホールに集まり、合併に向けた予備契約調印式を行いました。
● 子どもにとっての家庭と地域
 家庭教育の進め@ 家庭教育は子どもたちに説教することではなく、毎日の生活習慣の実践です。今回から「家庭教育のすすめ」の欄を設けて、その大切さを連載していきます。今回は「朝ごはん」について。
  子どもたちの健やかな成長を願った活動が、町内の各小学校で行われていますので、順次ご紹介します。今回は「子どもを守るシデコブシの会」です。
● みんなで考えよう
 身近なことから人権を考えるシリーズとして登場しました。今回は「人権とは…」です。また、4月1日から町の人権擁護委員さんが新しい任期を務められることになりましたので、ご紹介します。
● 防災一口メモ
 東海地震、東南海地震などが危ぐされています。災害時に役立つ身近な情報を「防災一口メモ」として掲載していきます。どうぞご活用ください。今回は三重県のホームページから「防災みえ.jp」についてのご紹介です。また、日ごろの備えに行われている各種防火活動をご紹介しています。
● 町の話題
ライオンズクラブが優良中学生を表彰
菰野地区公民館発表会
よもやま歴史教室こころのつどい「小和田哲男教授を招いて」
脳科学者茂木先生の特別授業   
オリエンタルエキゾチックコンサート
アントニオ・古賀ふれあいコンサート
ビッグバンドスプリングコンサート
第30回町民駅伝大会
● ふるさとの山を見てみれば
 
昨年度は「菰野の川」シリーズとして、町内の主要河川を紹介してきました。この「母なる川」に対して今回は、「父なる山」と言われるように、菰野町の風景を代表する、雄雄しくそびえる鈴鹿山脈の山々について紹介しています。今月は「鎌ヶ岳」のご紹介です。
☆歴史こばなし 第336回
 郷土史研究家 佐々木一さんによるこの町にまつわるお話し。
 (毎月掲載) 今回は「西南戦争」
4月号広報をアクロバット形式でダウンロードできます。
ここを、クリックするとダウンロードが開始されます。
(2,146KB)


広報全体をご覧いただく場合、アドビアクロバットリーダー4.0が必要です。
アドビアクロバットリーダーをお持ちでない方は、左のアイコンをクリックし
アドビ社のサイトよりアドビアクロバットリーダーを入手して下さい。