広報こもの8月号
平成18年(2006年)8月号 No.552


一の瀬橋

菰野の橋5/一の瀬橋
撮影/辻 隆司さん
(町芸術文化協会写真部会会員・千草)
 この橋は朝明川を渡り、朝明渓谷へ入る一番最初の橋で、一の瀬橋と呼ばれています。橋の下には花崗岩の巨石の間に、青く澄むよどみがあって自然のプール。そこで泳ぐ子どもたちの歓声が聞こえてきそうです。橋を渡って右手の道は県民の森へ通じます。まっすぐ進めば朝明キャンプ場、橋の手前には明治40年に作られた中部電力の千草水力発電所があります。 一の瀬橋の地図



●●8月号のおもな内容●●  
● 国民健康保険税を改定
 平成18年度の国民健康保険税は、今後の医療費の推移予測や、歳入歳出の状況と医療制度改革の内容などを勘案し、約10%減額させていただくことになりました。改定内容を計算例などと共にご紹介します。
● 消防操法大会
 消防団員の技術練成とチームワーク、敏しょう性の向上を目的にした第35回消防操法大会が6月25日に行われ、本部分団が優勝しました。また、7月22日に行われた三重県消防操法大会に、三泗地区代表として出場した竹永分団が、準優勝に輝きました。
● 朝上小学校体育館起工
 6月27日に関係者が集まり、建設工事の無事を願い起工式が行われました。工事は来年2月末の完成を目指して進められます。工事中はご迷惑をおかけしますが、安全管理にご協力をお願いします。
● 防災一口メモ〜個人の備蓄・緊急時の持ち出し品について〜
 地震・集中豪雨など災害時に役立つ身近な情報を「防災一口メモ」として掲載しています。どうぞご活用ください。
● 菰野町50周年記念 地元ゆかりの先人をしのぶ俳句会
 俳人 藤井鬼白翁・天春静堂翁をしのぶ俳句大会が、7月1日開催されました。今回は町50周年記念事業として、小学6年生と中学3年生からも俳句を募集しました。入選句と二人の略歴をご紹介します。
● 区長会が大学で研修会
 7月3日菰野町区長会の一行が、愛知江南短期大学を訪れ、中田学長から「自治会と行政の役割分担〜地方分権が進む中で〜」と題した講義を受講しました。
● 男女共同参画 中山千夏講演会
 町内で有志による男女共同参画の取り組みを行っている「アイリスこもの」が主催して、男女共同参画社会について考える講演会が、作家の中山千夏さんを招いて開催されました。
● みんなで考えよう
 身近なことから人権を考えるシリーズです。今回は「障害者の人権」について。
● スズメバチに注意!
 今年の夏から秋にかけて、町内でもスズメバチが大量発生するきざしがあるようです。役場では蜂駆除の際に使う防護服の貸し出しをしていますので、ご利用ください。また、参考にペットボトルを利用した、捕獲わなの作り方をご紹介します。
● モニター通信
 町政モニターさんから「モニター通信」をいただきましたので、ご紹介します。
● 町の話題
将棋の内藤國雄九段、来町   
国際キッズ開催
第17回コボンタフェスティバル開催
竹永小学校の子どもたちが大豆の種まき体験
第9回夢コンサート開催
盆踊り講習会開催
● 子どもにとっての家庭と地域
・家庭教育の進めD 家庭教育は子どもたちに説教することではなく、毎日の生活習慣の実践です。4月号から「家庭教育のすすめ」の欄を設けて、その大切さを連載しています。今回は「読み聞かせ」について。
・子どもたちの健やかな成長を願った活動が、町内の各小学校で行われています。今回は「菰野小学校」をご紹介します。
● ふるさとの山を見てみれば
 
 昨年度は「菰野の川」シリーズとして、町内の主要河川を紹介してきました。この「母なる川」に対して今回は、「父なる山」と言われるように、菰野町の風景を代表する、雄雄しくそびえる鈴鹿山脈の山々について紹介しています。今月は「 菰野富士」。
☆歴史こばなし 第340回
 郷土史研究家 佐々木一さんによるこの町にまつわるお話し。
 (毎月掲載) 今回は「多度参り」
8月号広報をアクロバット形式でダウンロードできます。
ここを、クリックするとダウンロードが開始されます。
(2,208KB)


広報全体をご覧いただく場合、アドビアクロバットリーダー4.0が必要です。
アドビアクロバットリーダーをお持ちでない方は、左のアイコンをクリックし
アドビ社のサイトよりアドビアクロバットリーダーを入手して下さい。