広報こもの9月号
平成18年(2006年)9月号 No.553


菰野大橋にかかる名月地図

菰野の橋6/菰野大橋にかかる名月

撮影/吉田三郎さん
(町芸術文化協会写真部会会員・三滝園)

 いま満月が東から昇り、橋の上へとかかりはじめました。この日のお月さまは春のおぼろ月のような風情でしたが、よく晴れた日にこの橋の上から西を眺めると、御在所を始めとする鈴鹿山脈が秋の装いに改めていく姿を一望できます。  町内の南北大動脈の一つである国道306号が、この菰野大橋で三滝川を渡ります。この橋は平成元年11月に完成し、新たな道路として活躍をはじめました。



●●9月号のおもな内容●●  
●図書館の基本設計がスタート
 平成18、19年度の2ヵ年継続事業で進められている菰野町図書館の基本設計がスタートしました。今回はその概要と図書館の必要性についてご紹介します。
● 開演を間近に熱の入った稽古
 町50周年記念菰野町民演劇「八重姫」は9月30日、10月1日に公演されます。開演が近づきスタッフ、キャストの皆さんの稽古にもいよいよ熱が入ってきました。
● 国保と老人保健の一部が変わります
 医療給付費の伸びと負担の均衡を確保するため、医療保険が改正され10月1日から施行されます。
● 着任しました国際交流員
 国際交流員としてクリスティーンさん、外国語指導助手としてジェニファーさんが着任しました。町教育委員会に在籍してさまざまな活動に取り組みます。
● タウンカードの暗証番号を10月から申請受付
 来年2月から役場庁舎東玄関で住民票などの自動交付機による発行がはじまります。それに先立ちタウンカードの暗証番号設定の申請が10月から始まります。
● ヨシノボリ採取とタナゴ観察会〜また外来魚発見される〜
 日本在来のタナゴの希少種「アブラボテ」を保護しようと、その生息に欠かせない関係を持つ「ヨシノボリ」の採取とタナゴの観察会が行われました。このヨシノボリは楠根溜に放流するはずでしたが、心無い人によって今度はブルーギルが放されているのが確認され、残念ながらもとの川に返されました。
● 水道・下水道使用量の「お知らせ票」が9月から替わります
 記載する項目数に変更はありませんが、記載場所が変わるものがあるのと、用紙が少し大きくなり見やすくなります。また、お知らせ票には前回の使用量が記されています。今回と比較して大きく増えている場合は漏水の可能性がありますので「おかしいな」と思ったら水道課にご相談ください。
● 快適な環境をめざして〜下水道のはなし〜
 下水道が使えるようになった地域の皆さんは、生活雑排水は1年以内、汲み取り便所は3年以内に水洗便所に改造して下水道に接続していただかなければなりません。まだのご家庭はぜひご協力くださるようお願いします。ここでは排水設備の目安についてもご紹介しています。
● 平和を願う取り組み
 今年の夏も中学生の広島訪問、エッセイスト海老名香葉子さんの戦争体験講演会、平和祈念映画会など平和を願うさまざまな取り組みが行われ、改めて平和の尊さについて考えました。
● 町の話題
湯の山に女将の会「きらら」誕生 10月1日は町民の日帰り入浴を無料開放
町50周年記念 第19回町民盆踊り大会
日丘区では10周年記念 式典とふれあい夏まつり
セフティ空手道の全国大会で見事優勝
子ども会親善球技大会
● 子どもにとっての家庭と地域
家庭教育の進めE 家庭教育は子どもたちに説教することではなく、毎日の生活習慣の実践です。4月号から「家庭教育のすすめ」の欄を設けて、その大切さを連載しています。今回は「家族みんなで食事」について。
● 防災一口メモ〜台風対策について〜
 地震・集中豪雨など災害時に役立つ身近な情報を「防災一口メモ」として掲載しています。どうぞご活用ください。
● みんなで考えよう
 身近なことから人権を考えるシリーズです。今回は「高齢者の人権」について。
● ふるさとの山を見てみれば
 
 昨年度は「菰野の川」シリーズとして、町内の主要河川を紹介してきました。この「母なる川」に対して今回は、「父なる山」と言われるように、菰野町の風景を代表する、雄雄しくそびえる鈴鹿山脈の山々について紹介しています。今月は「 蛇不老山」。
☆歴史こばなし 第341回
 郷土史研究家 佐々木一さんによるこの町にまつわるお話し。(毎月掲載) 今回は「工匠 根来市蔵」
9月号広報をアクロバット形式でダウンロードできます。
ここを、クリックするとダウンロードが開始されます。
(2,507KB)


広報全体をご覧いただく場合、アドビアクロバットリーダー4.0が必要です。
アドビアクロバットリーダーをお持ちでない方は、左のアイコンをクリックし
アドビ社のサイトよりアドビアクロバットリーダーを入手して下さい。