菰野町50年のあゆみ(昭和編 50・60年代)

前号に続いて、昭和32年の合併以来、この町であったさまざまな出来事を年表でご紹介します。

昭和50年 (1975)
2月
・千種幼稚園園舎完成
・藤川氏町長に無投票で4選
3月
・こもの茶生産センター完成
・朝上保育園増改築工事完成
4月
・老人憩いの家「やすらぎ荘」開館
・ヘルスソイルの生産始まる
5月
・菰高南に公民館分館オープン
7月
・第1次菰野町長期総合計画「明日をつくる」策定
・菰野小学校プール完成
9月
・皇太子・同妃殿下湯の山でご宿泊
10月
・第30回国民体育大会炬火
「山の緑の火」御在所岳で採火
・都市下水路2線計画決定
11月
・雑草刈り取りを条例化
・上水道鵜川原地区給水開始
 
昭和51年(1976)
3月
・奥郷の寒椿県指定の天然記念物に
4月
・西菰野ほ場整備始まる
6月
・潤田、田光、榊、松濤園の簡水上水道に統合
7月
・千種小学校プール完成
・八風中学校校舎完成
9月
・台風17号被害
・上水道杉谷、一本木給水開始
10月
・町民健康体操始まる
・北勢13カ町村身障者スポーツ大会菰中で開催
11月
・片倉に上水道第2配水池完成
・第1回秋季野球大会開催
 
昭和52年(1977)
1月
・20周年記念式典開催
・町民憲章制定
・名誉町民制度化
・町のシンボル(花、木、鳥、獣、昆虫)制定
・菰野讃歌発表
・第1回町民駅伝大会
2月
・都市下水路宿野地内で着工
4月
・ホームヘルパー新設 
・消費生活学級が発足
・農村総合整備モデル事業着手
・榊・杉谷ほ場整備始まる
・神明上水道に統合
8月
・上水道神森へ給水開始
・農薬空中散布実施(千種・鵜川原)
・第1回めぐみの会キャンプ
・ちくさ県ぽ始まる
・町指定のゴミ袋登場
9月
・八風観光農園開園
・町社会福祉協議会 福祉法人となる
11月
・菰野郵便局 旭野へ局舎新築移転 
12月
・第1回町民マラソン大会開催
 
昭和53年 (1978)
3月
・都市計画区域一部変更
4月
・都市計画税を新設
・小学校米飯給食始まる
・ふくし電話設置(4−1294)
・町史編さん審議会発足
・杉谷、田口、菰野前田、谷南瀬古ほ場整備始まる
5月 ・イネミズゾウムシ異常発生
9月 ・鵜川原小学校校舎、体育館完成
・ライスセンター完成 
11月 ・郷土資料館(旧郵便局舎)開館
・大羽根緑地公園整備着手
 
昭和54年(1979)
2月
・鵜ア 博氏町長に初当選
4月
・福祉大相撲菰野場所
・田口新田ほ場整備始まる
・県営畜環ほ場整備始まる
・菰野聖十字の家開設
5月
・みどりの少年隊結成
・千種小学校完成
8月
・社会福祉センター完成(現町民センター)
・藤川四郎氏名誉町民第一号に
・菰野百夜話発刊
11月
・第1回老人福祉大会開催
 
昭和55年(1980)
1月
・行政サービス向上懇談会開催
2月
・UHF菰野中継局開局
3月
・朝上保育園移転完成
・三重用水宮川調整池完成
4月
・不燃物処理場潤田から永井へ移転
・不燃ごみ、分別収集開始
・60歳以上の在宅寝たきり老人の短期入所制度実施
5月
・勤労者体育センター完成(現菰野町体育センター)
・天皇・皇后両陛下をお迎えして
       第31回全国植樹祭開催
6月
・役場機構改革
8月
・朝上地区公民館(北部公民館)開館
9月
・第1回女子ソフトボール大会開会
11月
・町政モニター制度発足 
・文化祭を産業文化祭と改称して実施
・御在所に自然科学博物館オープン

昭和56年(1981)
1月
・千種小学校前の松並木なくなる
・役場庁舎増改築
3月
・朝上小学校校舎完成
4月
・聖マリア保育園開園
・母と子の歴史の散歩道開設
・町婦人会連絡協議会発足
5月
・ふるさとみどりの日を制定
・八風県ぽ始まる
・全国初の自閉症成人施設あさけ学園完成
6月
・故服部幸太郎氏二人目の名誉町民に
8月
・国際障害者年行事多彩に開催
10月
・第1回ふれあい広場開催
・第1回ゲートボール大会開催
11月
・大豆などの機械化栽培全国大会開かれる
12月
・歴史こばなし発刊
・菰野讃歌レコード化
・御在所山頂スノーマシン登場
 
昭和57年(1982)
1月
・町25周年記念式典
・町民功労者顕彰制度発足
・三滝川右岸ふるさと小径できる
3月
・小島海洋クラブ誕生
・大規模麦乾燥調整施設完成
4月
・菰野町商工会館完成
・田口上水道に統合
・演歌湯の山しぐれ発表
7月
・千草工業団地開発決まる
・ゆずりは荘開館
・福祉入浴サービスに強い味方登場
8月
・授産施設わかば作業所開設
12月
・第二次総合計画
「鈴鹿山麓田園文化都市をめざして」策定
・鵜川原小学校特別教室棟完成
・竹永小学校特別教室棟および給食室完成
 
昭和58年(1983)
2月
・町人口(住民基本台帳)3万人突破
・鵜ア 博町長2期目無投票当選
3月
・菰野中学校特別教室完成
・潤田大久保遺跡で集落跡を確認
・都市計画街路菰野潤田線完成
・江野地区に上水道給水
・御在所山頂に雨量レーダー基地完成
4月
・南部公民館研修センター完成
・竹永地区上水道給水開始
・ボランティア基金設置
・2歳までの乳幼児医療費助成制度を実施
6月
・不燃物処理場(西菰野)開設
・商工会婦人部花いっぱい運動はじめる
8月
・消防操法県大会優勝(本部分団)
10月
・小島六谷遺跡発掘調査
11月
・朝明ヒュッテ線県道昇格
・土方大名行列復活
12月
・公営ポスター掲示場条例できる
 
昭和59年(1984)
2月
・町農協本所研修センター竣工
4月
・松山工業団地完成
5月
・「グリーンライフ菰野」宣言
6月
・B&G海洋センターオープン
・八風越え、千草越え、湯の山越えの標柱建立
・農工促進優遇税特例条例制定
・暴力追放宣言
8月
・消防操法県大会優勝(朝上第一班)
9月
・広域施設あさけプラザオープン
10月
・ナイター設備完成(大羽根グラウンド)
・第1回クリーンキャンペーン実施(青年団)
11月
・町開発指導要綱制定
・第1回ふるさと味まつり実施
・御在所、江野高原つつじ群生地が
  21世紀に残したい全国自然百選に選ばれる
 
昭和60年 (1985)
2月
・消防庁舎完成
3月
・県菰野土木出張所閉所
4月
・単独常備消防発足
・救急医療情報システム
     菰野地域情報センター開設
・県営土地改良総合整備事業始まる
6月
・非核平和都市宣言
8月
・青少年育成町民会議がスタート
9月
・国際青年年記念行事
・第1回町民水泳大会
10月
・朝明ふれあい広場着工
11月
・文化物産センター菰野ふるさと館オープン
 
昭和61年(1986)
2月
・竹永小学校体育館完成
3月
・菰野小学校体育館完成および校舎改築
・役場庁舎建設基金条例制定
・し尿貯留槽改築
・三重用水菰野調整池着工
4月
・みずほ寮西菰野へ移転新築オープン
5月
・常陸宮ご夫妻ご来町、全国野鳥
         保護のつどい開催
・国際かもしか学術シンポジウム開催
6月
・湯の山あかね橋手づくり郷土賞受賞
・尾高高原家族旅行村を申請
7月
・鵜川原小学校プール改築
8月
・田光下江平遺跡試掘調査
9月
・第1回ミスこもの選出
・仮称第二みずほ寮(特別養護老人ホーム)着工
・湯の山園地整備計画申請
11月 ・ミルクロード全線開通
・続歴史こばなし発刊
・町30周年記念式典

昭和50年ころの湯の山温泉 茶摘み風景
昭和50年ころの湯の山温泉。前号でご紹介した昭和30年ころと比べると、大きな建物がたくさんあります。
昔懐かしい茶摘み風景

 

八風中学校の旧校舎 八風中学校の新校舎
八風中学校の旧校舎(左)と新校舎(右)。門柱は今も残されています。

 

菰野町のシンボル
菰野町のシンボル:左からコモノギク(花)、ケヤキ(木)、ウグイス(鳥)、ニホンカモシカ(獣)、キリシマミドリシジミ(昆虫)

 

町指定のゴミ袋 菰野厚生病院前の都市下水路工事
初めて登場した町指定のゴミ袋 菰野厚生病院前の都市下水路工事(写真は昭和55年)

 

昭和50年ころの鵜川原小学校
昭和50年ころの鵜川原小学校(100周年記念誌より)

 

 

松くい虫被害が目立ち始めたのは昭和48,49年ころ 旧校舎の後ろに姿を現した今の南校舎
当町で松くい虫被害が目立ち始めたのは昭和48,49年ころでした 旧校舎の後ろに姿を現した今の南校舎
 
工事が進む菰野潤田線 昭和53年当時の千種小学校
工事が進む菰野潤田線(現在は国道306号の一部です。写真は昭和53年当時) 昭和53年当時の千種小学校
 
昭和55年当時の役場庁舎 昭和55年5月に開催された全国植樹祭
昭和55年当時の役場庁舎 昭和55年5月に開催された全国植樹祭
 
麦乾燥施設建設中のカントリーエレベーター 初代の移動入浴車
麦乾燥施設建設中のカントリーエレベーター 初代の移動入浴車現在活躍している車は4代目です。
 
建設中のB&G海洋センター 進出企業の工事が進む松山工業団地
建設中のB&G海洋センター 進出企業の工事が進む松山工業団地(昭和59年当時)
 
大羽根グラウンドの照明器具工事
大羽根グラウンドの照明器具工事
 
昭和60年4月にスタートした常備消防庁舎
昭和60年4月にスタートした常備消防庁舎
 
千種小学校で訓練を行うはしご車 大強原松山地内から清掃センターへの工事が進むミルクロード(昭和55年当時)
千種小学校で訓練を行うはしご車
大強原松山地内から清掃センターへの工事が進むミルクロード(昭和55年当時)
 
新八風橋開通式の様子
新八風橋開通式の様子。
 
建設が進む竹永小学校体育館 青年団が中心となって空き缶を集めた清掃活動
建設が進む竹永小学校体育館(昭和60年)。昭和46年に建設された右の校舎は、児童数の増加と耐震性確保のため平成17年に全面改築されました。 活発な活動をしていた青年団が中心となってさまざまな行事を開催した国際青年年。これは10万個の空き缶を集めた清掃活動(昭和60年)





昭和62年(1987)
1月
・千草工業団地に企業進出
2月
・服部忠行氏町長に初当選
・千種小学校北校舎完成
3月
・八風中学校体育館完成
・30m級はしご車配備
・みずほ寮に特別養護老人ホーム完成
・ミルクロード町道に移管
・町史上巻発刊
5月
・町ボランティア連絡協議会発足
10月
・救助工作車日本損害保険協会より寄贈
 
昭和63年(1988)
1月
・三重用水菰野調整池定礎式
2月
・ふるさと館「ふるさと野菜市」オープン
・第1回菰野ジュニアサッカー大会
4月
・役場行政機構改革
・「インフォメーションサービスよっかいち」
  がスタート 役場本庁などに端末機7台設置
5月
・ライオンズクラブ年次大会開催
8月
・中学生広島訪問団派遣開始
・町民盆踊り大会始まる
・町青年団 県青年祭で総合優勝
12月
・農村センター完成
・ことぶき人材センタ一発足
・最後の木造校舎改築完成 朝上小学校
・授産施設わかば作業所完成
 
世の中の出来事:

昭和50年=山陽新幹線開通、フランスで第1回先進国首脳会議(サミット)、沖縄で国際海洋博覧会
昭和51年=ロッキード事件、植村直巳北極圏走破 
昭和52年
=王選手ホームラン世界一達成 
昭和53年
=成田空港開港、宮城県沖地震
昭和54年
=東京サミット開催、共通一次テスト初めて実施 
昭和55年=初の衆参同日選挙、モスクワオリンピックで集団ボイコット 
昭和56年=神戸ポートピア開幕 
昭和57年=東北新幹線開通 
昭和58年
=参議院選挙で比例代表制導入、NHKで「おしん」放映
昭和59年=福沢諭吉ら文化人肖像の新札発行、日本が世界一の長寿国に
昭和60年=日航機御巣鷹山へ墜落、いじめ・体罰の自殺深刻化、ファミコンブーム 
昭和61年=男女雇用機会均等法施行、三原山大噴火 
昭和62年=国鉄分割・民営化 狂乱地価過去最高の暴騰
昭和63年=青函トンネル・瀬戸大橋開通、牛肉・オレンジ自由化

上記は、当時起きた世の中の出来事です。

この年表は菰野町史下巻に記載されている年表をもとに、 昭和57年1月発行の広報菰野、町30周年記念誌、同40周年記念誌を参考に調整したものです。