広報こものトップ >>まちの話題
広報こもの 町の話題
第30回三重郡バドミントン大会



  3月25日町体育センターで三重郡バドミントン大会が開催されました。バドミントンを通じて、健康増進と愛好者相互の親ぼくを深めるため、三重郡バドミントン協会が主催して開催されてきたこの大会も30回を数え、この日は記念の抽選会も行われました。

 

 
6面のコートで熱戦が繰り広げられました
6面のコートで熱戦が繰り広げられました


企業立地協定調印


  永井に進出が決まった潟ロコーポレーションの立地協定調印式が、3月23日役場庁舎の会議室で行われました。自動車関連部品を製造する同社(本社東京)が、国内で3番目の生産拠点として、菰野町での工場建設を決めたものです。

 

調印を終え握手する(右から)石原町長、室社長、立会人の田中室長(三重県企業立地室)
調印を終え握手する(右から)石原町長、室社長、
立会人の田中室長(三重県企業立地室)


花咲く菰野町 50周年記念植樹や菜の花畑


  3月24日に三滝川右岸のジョギングロード沿いで桜の植樹が行われました。これは町50周年を記念して行われたもので、石原町長と地元地域の人たちが17本の八重桜を植樹しました。また、菰野大橋付近でも河津桜など20本が植樹されています。暖かい春になり、あちこちに色とりどりの花の姿がありましたが、今年はこんな菜の花の景色もありました。

 

 

50周年記念に植樹された桜=町体育センター北
50周年記念に植樹された桜=町体育センター北
菰野大橋西のジョギングロード沿い。 堤防の上の桜も一緒に楽しめました。
菜の花で「田光」と書かれた田光の 田んぼ。
町内の有志が咲かせた菜の花畑
(左)=菰野大橋西のジョギングロード沿い。 堤防の上の桜も一緒に楽しめました。
(右)=菜の花で「田光」と書かれた田光の 田んぼ。


スポーツ功労・奨励賞を贈る


 3月27日、平成18年度菰野町スポーツ功労・奨励賞の授与式がありました。この表彰は、全国規模以上のスポーツ大会において優秀な成績を収めた選手、団体やスポーツの指導に多大の功績があった人を表彰するもので、平成6年に創設されました。 表彰を受けた皆さん(敬称略)
〈功労表彰〉院南真由美(西菰野)=全国家庭婦人剣道大会三重県代表監督として優勝〈奨励表彰〉伊藤駿矢(吉沢)末吉祐大(永井)=日本拳法全国少年大会優勝、山崎晃(西菰野)=全日本セフティ空手道選手権優勝、生川春菜(永井)伊藤寧音(永井)阿部真波(池底)=全・日本拳法総合選手権大会優勝、準優勝、3位

 

石原町長から表彰を受けました。右から院南、伊藤、末吉、山崎、生川、阿部の皆さん
石原町長から表彰を受けました。
右から院南、伊藤、末吉、山崎、生川、阿部の皆さん


シニア海外 ボランティアに参加


 独立行政法人国際協力機構が行っているシニア海外ボランティアとして、永井の木村紘一さんがチリへ赴任することになり、3月23日石原町長を訪ね、出発の報告をしました。木村さんは生産技術や工場経営の業務に携わる中、16年の海外駐在もあり、今回はこれらの経験を生かして開発途上にある国への貢献と、日本との交流に役立ちたいとの思いから参加されたそうです。チリでは製造業の品質管理の向上に対する技術支援を行うとのことです。

 

シニア海外 ボランティア


芸文祭舞踊発表会


 3月25日町民センターホールで、第16回菰野町芸文祭の一環として、舞踊部門の発表会が盛大に行われました。3部構成で行われたステージでは、74人(組)が出演し、日ごろの稽古の成果を思う存分披露されました。

 

芸文祭舞踊発表会