広報こものトップ >> 菰野の街道今昔
菰野の街道今昔すすきイラスト

八風街道

「右とみた四日市 左くわな」と書かれた道しるべ
「右とみた四日市 左くわな」と書かれた道しるべ。田光の小学校の西に今でも石標が立っています。

 田光の八風街道と巡見街道の交わる辻にムクノキの巨樹があり、この木の下が八風街道の起点です。中世の近江と伊勢国を結ぶ交易路としての八風越えは稿を改めて紹介します。今回は田光から朝明川の本流に沿い、永井、保々、山城、平津、大矢知を経て富田に至る、富田道といわれる江戸時代から現代まで利用されて来た八風街道の様子をたどってみます。
 起点の田光は、なんといっても千年の歴史のある多比鹿神社をはじめ、寺院が三カ寺もある朝明川上流の中心地です。鋳物師が梵鐘や半鐘を作り、油屋、酒屋、味噌屋、呉服屋、鍛治屋、樋屋、下駄屋などの店も軒を並べ、その間に旅館もありました。
 田光から東は一面田んぼで朝明川本流の八風橋に出ます。ここには明治二十二年までは橋がなく、それまでは川原を徒渉して永井の三軒家の西の堤防へ登っていました。ここから永井の井手神社を左手に眺め、永井の西信寺の西で、千草、竹成からの道を受け、永井の集落内を東へ下ります。狐塚橋を渡り、永井の東はずれの「左
(さ)が谷(たに)」の辻へ出て、道標の「右四日市道」の指す右手に進路を取ります。ここからが現在の四日市市で、小牧新田を経て山城の信明寺前へ出るまでは、田んぼの中の牛道と雑木林で、竹薮をくぐる牛と馬と人だけが通る細い道でした。やがて、小牧神崎の辻へ出ると立派な常夜燈の下へ出ます。この灯籠は千草の大燈籠の手本になりました。ここは千草、菰野、田光、川北からの道を受け、四日市、富田、桑名、多度へ分岐する重要な辻でした。
 またこの八風街道に平行する朝明川も田光、永井を流れ下り、この山城の北側へ到達します。ここから八風街道は朝明川の右岸を真っすぐに東へ下ります。
 やがて右手に萱生
(かよう)城跡、左手に伊坂城跡を眺め平津を通り、大矢知の城跡の下の常夜燈の前に出ます。文政六年(1823)から忍藩領になり、この大矢知に代官所が置かれました。その代官所跡また藩学校跡にあるのが、現在の市立大矢知興讓小学校です。江戸末期忍藩領であった、千草、杉谷、榊、田光、切畑、田口、田口新田、小島、竹成、永井村の農家の人々は牛の背中や荷車に米俵を乗せて、この大矢知の陣屋まで年貢米を運んで来ました。しかし保々の中野には員弁郡南、朝明、三重郡の忍領を支配していた大庄屋の天春家があり、日常の届け出や願いは大庄屋の天春家に出向くことで用が足りました。
 陣屋前を下り、下之宮耳常神社前を通ると間もなく東海道の富田の辻へ出ます。湯の山温泉への湯治客は、桑名の安永で町屋川を渡り、縄生
(なお)、小向(おぶけ)、柿、松寺まで来て東海道から別れて、この八風街道を西へ取り、山城から菰野への大矢知道を取るのが道筋でした。この道は四日市から三滝川沿いに上るより近い道で、菰野の藩主もお忍びの場合はよく利用した桑名への近道でした。
 また、福王山の舟板材や、田光山の薪、柴、竹、炭などの山のもの、柿渋や、味噌、酒なども富田へ運び、富田からは生の鰯、鯖、千物、かつお節、海苔などの伊勢湾の海産物が、この八風街道を経て山里の田光方面へ運ばれました。



All Rights Reserved.Copyright(c) Komono Town
各ページの記事、画像等の無断転載を禁じます。