広報こものトップ >> 菰野の街道今昔
菰野の街道今昔もみじイラスト

八風峠

八風峠に立つ「八風大明神」の碑
八風峠に立つ「八風大明神」の碑

 田光の辻から四日市や桑名へ八風街道と桑名道を紹介しましたが、今回はそこから八風街道を山側へ進んだ県境にある八風峠を紹介します。
 多比鹿神社の南にあるムクノキの下から西へ進むと、田光の集落西の三軒家近くの二つ塚の石標付近に、かつて九品松と呼ばれた名物松が立っていました。しばらく行くと左手に八風の草競馬場が見えてきます。ここは峠に祀る八風大明神の逢拝所でもありました。
 穏やかな道を上ると、右手の閑静な森の中に切畑の集落があります。今の街道は、真っ直ぐに峠へ向いますが、昔は吊橋を渡って切畑へ一旦入り、ここで宿泊の接待を受けて、上の茶屋の地蔵堂の前から田光川の丸木橋を渡って街道へ出たものでした。
 渓流を渡ったところが花市場といわれる場所で、街道の両側に野菊が一面咲いて旅人の目を慰めたものでした。八風谷の入口の右側に伊佐衛門の碑、中の鳥居があり、その上に嘉助の碑があります。この二人は江州で働いていた田光の青年で、元服式に出席する途中にこの山中で大雪に遭難して行き倒れたので、仲間の若者連中が建立したものです。嘉助の碑から田光川の堰堤があり、ここから田光川の南側を登ります。
 この谷は鴻
(こう)が坂(さか)といい大鳥が巣をかけた縁起のよい谷で、楢の老木と藪椿が多く、足もとは重い荷を背負っても歩きやすいように踏み石が据えられています。しばらく登ると滝谷で、明るい広い谷の正面に一条の滝が見えます。滝に沿い真っ直ぐ登ると中峠へ出ますが、それを避け右に迂回して急な滝ケ坂を登ると「坂中の地蔵」の前、大きな石を庇(ひさし)に立つ三つの石地蔵が峠の守り仏です。この右手に昔はブナの古木が二本鳥居の様にありましたが、伊勢湾台風で倒れてしまいました。
 ここからは高山植物帯となるので木柄ががらりと変わり、花崗
(かこう)岩が風化してできた真白い砂地の広場に出ます。ここを天狗の踊場といい、白い砂地を汚すことは戒められてきました。ここからさらに進むと頂上の八風峠で、鳥居が立てられています。その向うに「八風大明神」の碑が笹の中に見えます。
 ここには伊勢津彦命を祭神とする八風神社がありましたが、明治四〇年に下の多比鹿神社へ合祀になりました。昔はこの峠を陶器を持って通ると大嵐になると信じられ、峠の向うの近江の杠葉尾
(ゆずりお)村と黄和田(きわだ)村、こちら伊勢側の田光村と切畑村の四カ村が番小屋を設けて峠を往来する商人旅人の荷物を改めました。これは幕府の信楽代官所の許可を受け行っていました。
 八風峠から近江側へ一足踏入れるとツツジ科のシロヤシオのトンネルが広がり、五月六月は真白の花々で、また秋は真っ赤な紅葉で見事な景色です。しばらく降りると八風谷と神崎川の出会いで、八風谷は当時の杠葉尾村が開発してキャンプ場になっています。やがて葺屋根の家が残る杠葉尾の集落に着きます。さらに下ると黄和田、蓼畑
(たでばた)、萱尾(かやお)から永源寺ダムの青い人造湖、そして紅葉の名勝永源寺です。ここからの八風街道は愛知川に沿い西へ直進、八郎坊の南の糖塚で根の平峠から来た千草街道と合流して近江商人の本拠八日市から近江八幡へと入ります。近江八幡の武佐(ぶさ)で中山道(現在の国道八号線)へ合流するところが八風街道の終点です。



All Rights Reserved.Copyright(c) Komono Town
各ページの記事、画像等の無断転載を禁じます。