広報こもの11月号
こもの広報 BackNumber
広報全体をご覧いただく場合、アドビアクロバットリーダーが必要です。アドビアクロバットリーダーをお持ちでない方は、上のアイコンをクリックしアドビ社のサイトよりアドビアクロバットリーダーを入手して下さい。
多比鹿神社の新嘗祭

菰野の年中行事 8 /多比鹿神社の新嘗祭
撮影/八幡浩司さん(町芸術文化協会写真部会会員・中菰野)

 この秋収穫した新穀を神に供えて感謝するお祭りが新嘗祭(にいなめさい)です。宮中においてもこの夏、皇居内の神田で天皇陛下が早苗をお手植えになりました。その稲から収穫した新米を皇居内の賢所(かしこどころ)の神殿にお供えして、そのあと新米をお召し上がりになります。こうした新嘗祭は伊勢神宮をはじめ、全国の津々浦々の神社において行われます。またこの日は、勤労感謝の祝日として真っ赤に熟れた柿や蜜柑の初物をいただいて、実りの秋を祝う日でもあります。
 わが町の多比鹿神社においても宮司をはじめ、初々しい神子
(みこ)の奉仕により厳(おごそ)かに新嘗祭が行われます。今年の多比鹿神社の新嘗祭は、11月30日に行われます。

 

もくじ
平成20年(2008年)11月号 No.579 おもな内容
菰野町では政策の形成過程で町民の方から広く意見を求めるために意見公募(パブリックコメント)を導入します。まず都市マスタープランの意見を求めます。
英語、韓国語、中国語、スペイン語、ポルトガル語の5カ国語版の廃棄物回収予定表ができました。
国道306号線とミルクロードを近鉄湯の山線より南で直結する道路が完成しました。
音羽のゴボウなど地場産品が使用されている炊き込みご飯「かやく飯」を地域のブランドとして発信する取り組みが始められました。
あたらしい教育委員に東倉るり子さん(永井)が選任されました。
町内800余柱の戦没者の冥福を祈り、平和を誓いました。
観光バスと大型トラックが衝突して多数の負傷者が発生した想定で、搬送と病院での受け入れ訓練が行われました。
男性と女性がともに協力しあい社会と家庭の両方の仕事を両立させることが求められています。
蛇口が止まっているのにメータ内のパイロットが回っていると水漏れしている可能性があります。
町内の小中学生1006人から寄せられた作品から、町長賞に朝上小学校の河内隼人さんが選ばれました。
町長賞をはじめ最優秀賞が7人、優秀賞と佳作の各10人が決まりました。
3731人が今年も町内を駆け抜けました。
石原町長が日常の活動で感じたことを町民の皆さまに紹介します。
今回は「関わることによって『見える』世界 -この町の一つの社会基盤-」です。
各地区で行われている地域づくりについて地区の方から紹介していただきます。今回は、吉沢区と三滝園区です。
子ども家庭課の保健師が町で行っている子育て事業の紹介や、子どもに関する情報を発信します。
今回は子育て支援センターについて紹介します。
竹永小松岡修平さん 走り高跳びで全国優勝
柿市衣里奈さん 水球の日本代表に
菰野ラビッツフットRFC 関西クラブチーム選手権で初優勝
大雨の温泉街を練り歩いた火炎みこし
菰野の秋に邦楽の演奏会
御在所を題材にした切手を発売
商工会青年部 町を支える様々な活動
菰野町をいろいろな角度から紹介するシリーズの一つ。当町の発展を支える「道」を取り上げ、道を行き交う人々やその道による人や物の流れなどについてご紹介しています。執筆は引き続き、郷土史家の佐々木一さんにお願いしています。今回は「八風街道」。
郷土史研究家 佐々木一さんによるこの町にまつわるお話し。(毎月掲載)
今回は「戦後の食糧難」
 



All Rights Reserved.Copyright(c)2005Komono Town
各ページの記事、画像等の無断転載を禁じます。