トップページ >>  広報
広報こもの2月号
こもの広報 BackNumber
広報全体をご覧いただく場合、アドビアクロバットリーダーが必要です。アドビアクロバットリーダーをお持ちでない方は、上のアイコンをクリックしアドビ社のサイトよりアドビアクロバットリーダーを入手して下さい。
福王神社の節分

菰野の年中行事 11 /福王神社の節分
撮影/吉田三郎さん(町芸術文化協会写真部会会員・三滝園)

 福王山は、わが町の乾(いぬい)(北西)の方角にあって町を鎮護する霊山です。お山には国土開発神の武甕槌神(たけみかづちのかみ)(春日明神)を祀(まつ)り、また聖徳太子が毘沙門天を安置して、伊勢国の北方鎮護と福徳の神としたと伝えられています。
 天狗は福王の神のお使いで、ふだんは姿を見せず、境内の大杉の上にいて、悪者を見つけると、一陣の風を巻き起こしながら現れ、羽団扇(うちわ)で追い払います。天狗の赤い顔も、長い鼻も、悪者を威(おど)すためのものです。
 福王山の天狗は、子どもが大好きで、姿を見ると飛んで来て、羽団扇で頭をなでて、学徳の授かるように祈ってくれます。

 

もくじ
平成21年(2009年)2月号 No.582おもな内容
菰野町に総合型地域スポーツクラブ「元気アップこものスポーツクラブ」が発足して3年になります。この制度と元気アップこものスポーツクラブの現状について紹介します。
1月11日にけやきの駐車場で消防出初め式が行われ、消防団員と職員あわせて178人と車両15台がその陣容を披露しました。
昨年の鈴鹿山麓かもしかハーフマラソンで人命を救助した功績に対して町長から感謝状が贈られました。
成人の日の1月12日、町民センターホールで成人式が開催されました。
男性料理教室が開催されました。男性も料理だけに限らず、「家事」へ積極的に参加しませんか。
石原町長が日常の活動で感じたことを町民の皆さまに紹介します。今回は「日常におけるスポーツの再評価 −交流をしながら、経験を共有する−」です。
各地区で行われている地域づくりについて地区の方から紹介していただきます。今回は、一本木団地区と奥郷区です。
子ども家庭課の保健師が町で行っている子育て事業の紹介や、子どもに関する情報を発信します。今回は赤ちゃん訪問を紹介します。
諸岡恵里さん きもの装いコンテストで優勝
中村正典さん 青年海外協力隊でセネガルへ
菰野正眼寺で消防訓練
商工会青年部 保育園・幼稚園へ本を寄贈
新春邦楽のつどい
菰野町をいろいろな角度から紹介するシリーズの一つ。当町の発展を支える「道」を取り上げ、道を行き交う人々やその道による人や物の流れなどについてご紹介しています。執筆は引き続き、郷土史家の佐々木一さんにお願いしています。今回は「多度道」。
郷土史研究家 佐々木一さんによるこの町にまつわるお話し。(毎月掲載)
今回は「中菰野村の歳時記」
 



All Rights Reserved.Copyright(c)2005Komono Town
各ページの記事、画像等の無断転載を禁じます。