トップページ >>  広報
広報こもの4月号
こもの広報 BackNumber
広報全体をご覧いただく場合、アドビアクロバットリーダーが必要です。アドビアクロバットリーダーをお持ちでない方は、上のアイコンをクリックしアドビ社のサイトよりアドビアクロバットリーダーを入手して下さい。
海蔵川

水辺の風景 1 /海蔵川
撮影/中島 清さん(町芸術文化協会写真部会会員・下村)

 海蔵川は鵜川原地区の広い水田地帯を潤して、四日市市の霞ヶ浦まで流れています。写真の左手の建物は鵜川原小学校、その後ろに青く霞む山は釈迦ケ岳です。
 桜は春の代表的な花で、寒い冬期は幹も枝も寒さに耐えて裸木ですが、時季が到来すると蕾が口を切り一斉に咲き誇ります。そして雨が降り風が吹くと桜の花は、さっと散ってしまいます。桜が散ると間もなく田植えが始まり、農家にとって忙しい農繁期に入ります。
 今年度は川やため池など、町内各地にある水辺の四季折々の風景を紹介していきます。

 

もくじ
平成21年(2009年)4月号 No.584おもな内容
平成21年度当初予算として総額200億1331万円が3月定例議会に提案されました。町予算の一般会計予算約104億円について、石原町長が議会で行った提案説明に沿って紹介します。
定額給付金の金額や基準日などは国が定めていますが、給付時期や方法は各市町村によって異なります。ここでは定額給付金と菰野町の給付までの流れについて紹介します。
この手当は第2子以降の3〜5歳の子どもをもつ世帯主に対して支給されます。
長期間整備されていない都市計画道路について必要性や事業性を踏まえた見直し作業を進めています。
菰野町区長会が主催し、3月15日に町内一斉に取り組まれました。
県内29の市町が対抗の駅伝大会が開催され、菰野町は昨年に引き続き町の部で優勝しました。
町政モニターさんからモニター通信をいただきましたのでご紹介します。
石原町長が日常の活動で感じたことを町民の皆さまに紹介します。今回は「自治体における2つの補完(もしくは連携) -市町村の数の変化と権限のあり方から考える-」です。
町内では四季折々の農産物が生産されています。この農産物を生産者に紹介していただきます。今回紹介していただくのはキャベツです。
男性料理教室の卒業生と旬の会(注)の会員が集まり、「男性の料理への参加」などについて語り合いました。
健康福祉課の保健師が大人の健康づくりに関する情報を紹介します。第1回は「検診を受診しましょう」です。
菰野・朝上地区で公民館発表会
第32回町民駅伝大会
ご当地めいすいくん
大規模店舗で消防訓練
子育て応援ワールド
菰野町をいろいろな角度から紹介するシリーズの一つ。当町の学校の歴史やそこにまつわ出来事を過去から現在まで時間を追って紹介していきます。執筆は引き続き、郷土史家の佐々木一さんにお願いしています。第一回目となる今回は「菰野藩学校」。
郷土史研究家 佐々木一さんによるこの町にまつわるお話し。(毎月掲載)
今回は「水沢の弘法杉」
 



All Rights Reserved.Copyright(c)2005Komono Town
各ページの記事、画像等の無断転載を禁じます。