広報こものトップ >> お知らせ

男女共同参画社会への取り組み
−男性料理教室から−



 先日、男性料理教室の卒業生と旬の会(注)の会員が集まり、「男性の料理への参加」などについて語り合いました。「男は仕事、女は家庭」ということばについてどう感じるかと尋ねたところ、「(子どもが独立して妻と)2人になると、そうは言っていられない。夫婦で助け合わないと生活できない」という意見や、「今の若い世代は女性が外で働く機会が多くなってきたから、自然とその言葉にこだわることがなくなってきている」との声がありました。また、「菰野町で男性料理教室が始まった当時は、妻や嫁に勧められて申し込んだという参加者が多かったが、今は自主的に始める人が多いようだ」という意見もありました。
 ライフスタイルの変化とともに、固定的な性別役割分担の意識も徐々に変化しているようです。また、料理をすることは個人の楽しみだけでなく、新しい人との出会いやつながり、社会への貢献というような可能性の広がりがあります。これまで女性の役割とされてきた「料理」を趣味の一つ、生きがいとして考える人が増えてきているようです。家族や社会でそれぞれの人が持つ能力や可能性を活かし、みんながいきいきとした社会をつくりましょう。
(注)旬の会・・・平成18年に男性料理教室の卒業生が立ち上げたボランティアグループ。

旬の会の様子

 

問い合わせ  企画情報課  TEL 391-1105




All Rights Reserved.Copyright(c) Komono Town
各ページの記事、画像等の無断転載を禁じます。