広報こものトップ >> 菰野の学校

竹永小学校

竹永小学校の前身 竹成学校
 明治6年(1873)に竹永小学校の前身の竹成学校が創立しました。それは、現在の朝上、竹永、保々など一帯の長である戸長天春九十郎(中野)、副戸長村部源之助(竹成)、惣代鈴木又市(竹成)、副戸長藤波杢右衛門(永井)、惣代石川甚四郎(永井)などの村役人が尽力した結果です。

伊勢暴動で焼き打ちに遭う
 明治9年の伊勢暴動によって、竹成学校は焼き打ちに遭いました。そこで、急きょ員弁郡宇賀村にあった木造二階建てを買い、それを解体して運びました。学校の敷地は新たに竹成と永井の境とし、巾四間、長さ八間の校舎で小学校を開校しました。竹成村と永井村は、朝明川の右岸に位置し、おおよそ同じくらいの戸数であったので、何事も円満に協議して事を進めることができる関係でした。

竹永小学校の創立
 明治22年に市町村制が施行になり、竹成村と永井村が合併して竹永村になると、学校も竹永小学校に名を改めました。翌23年竹永尋常小学校となり、校舎も増築して72坪になり、菰野学校から桑原重隆校長を迎えました。

昭和29年の竹永小学校校舎
昭和29年の竹永小学校校舎。

小学校令の改正
 明治40年、小学校令の改正によって尋常科は6年、高等科は2年になり、竹永尋常高等小学校となりました。高等科を新設したので、敷地西側の竹成神社跡地の払い下げを受けて、ここへ校地の拡張と校舎の増築が行われました。

八風中学校の同居
 太平洋戦争終戦後の同22年3月31日、教育基本法(6・3・3制)が施行になり、小学校の敷地内に竹永中学校が創設されました。翌23年7月竹永中学校と朝上、保々中学校を合わせて八風中学校ができました。同25年8月に田光の現在地に校舎が完成するまで、八風中学校は、竹永小学校の敷地に同居する形となっていました。

鈴鹿海軍工廠から移築
 昭和23年、鈴鹿海軍工廠の兵舎、将校集会所の建物の払い下げを受けました。建物の取り壊しから運搬、建築などの作業は村民の奉仕によって行われ、新しい校舎一棟と講堂が完成し、ようやく落ち着いて勉強ができる環境が整えられました。

鈴木又市
 鈴木又市は竹成村の元庄屋で、竹成学校の建設に尽力しました。竹成小学校が竹永小学校になった後、教育勅語が発布になり、天皇、皇后のお写真を受けましたが奉安殿がないため、小学校では鈴木宅へ預けました。その後も、引き続き校地の選定、校舎の建築に努力をした鈴木又市は、大正15年1月13日に66歳で亡くなりました。

サイタサイタと谷多吉
 「サイタ サイタ サクラガサイタ」で始まる文章は、昭和8年文部省発行の尋常科1年の教科書です。この文章は竹永村永井出身の教師、谷多吉が文部省に応募して入選し、全国の教科書に採用されました。この桜の花は、多吉が入学した竹永小学校の桜を詠んだものです。



All Rights Reserved.Copyright(c) Komono Town
各ページの記事、画像等の無断転載を禁じます。