トップページ >>  広報

広報全体をご覧いただく場合、アドビアクロバットリーダーが必要です。アドビアクロバットリーダーをお持ちでない方は、上のアイコンをクリックしアドビ社のサイトよりアドビアクロバットリーダーを入手して下さい。
水辺の風景 竹成のマンボ

水辺の風景11 / 竹成のマンボ
撮影/小崎常昭さん(町芸術文化協会写真部会会員・池底)

 鳥居形の石造水門が大きな口を開けているのは「竹成砂越大井水」の取水口です。この水は竹成の水田100ヘクタール余りの水田を潤す灌漑(かんがい)用水です。その位置は朝明川にかかる新奥郷橋すぐ東側の頑丈な堤防の内側にあります。この取水方法は朝明川の川底を3メートルほど掘り下げ、直径1メートルの多孔管を上流へ100メートルほど埋設して堤防の内側へ誘水する方法です。この水路は江戸期元禄のころ、桑名藩の助成を受け作られたのが始まりで、朝明川の大洪水の災害を避け、干ばつの時は伏流水を取水するという長い間の苦心の末、考え出された工法です。そしてマンボ(トンネル)で水で通すのは、水路が土砂で埋まることを防ぐためです。

 


平成22年(2010年) 2月号 No.594おもな内容

平成20年度の町の収支決算がまとまりました。歳入総額106億9076万円、歳出総額は100億5767万円となりました。
3月末に菰野第一区、宿野、神森、岡、下村などの一部区域であらたに下水道の供用が開始されます。
菰野町消防出初式が1月17日けやき駐車場で行われました。
1月11日に菰野町成人式が開催されました。町内の新成人は男性248人、女性210人の合計458人です。
1月10日に開催された書初め大会には幼児から大人まで148人が参加しました。町長賞には阪倉佑奈さん、服部勝さんが選ばれました。
「まめまめ」は町内で食育活動を行っているグループです。
一次選定を通過した楠根溜への投票をお願いします。
石原町長が日常の活動で感じたことを町民の皆さまに紹介します。今回は「地域資源を用いた多面的な施策展開-「楠根溜」を「ため池百選」-にです。
町内では四季折々の農産物が生産されています。この農産物を生産者に紹介していただきます。今回は「小麦」です。
菰健康福祉課の保健師が大人の健康づくりに関する情報を紹介します。第7回の今回は「生活習慣の改善」です。
商工会青年部保育園・幼稚園へ本を寄贈
青年海外協力隊でウガンダへ
ほんわかあったかウィンターコンサート
新春邦楽のつどい
菰野町をいろいろな角度から紹介するシリーズの一つ。当町の学校の歴史やそこにまつわる出来事を過去から現在まで時間を追って紹介していきます。執筆は引き続き、郷土史家の佐々木一さんにお願いしています。第11回目の今回は「八風中学校」。
郷土史研究家 佐々木一さんによるこの町にまつわるお話し。(毎月掲載)
今回は「京都の功運院」です。



All Rights Reserved.Copyright(c)2005Komono Town
各ページの記事、画像等の無断転載を禁じます。