広報こものトップ >> 地産地食


気軽に・おいしく 地産地食
第1回

今月号から菰野町産の四季折々の農作物を活用したレシピを紹介します。菰野町ではおいしく、安全、安心な農作物がたくさん収穫されています。このコーナーでは、そんな食材を使った料理を紹介していきますので、ご家庭でもぜひ菰野町産の食材を使った料理を試してみてはいかがでしょうか。

<大豆でスイーツ作り>
町内で多く収穫される大豆は、無農薬栽培のものもあり三重県知事賞を受賞するなど、非常に高く評価されています。味はとても奥深く大豆本来の味を楽しむことができます。今月号ではそんな大豆を使ったスイーツを紹介します。

 

大豆きんとん
1.大豆きんとん
<材料> (15個分)
乾燥大豆 150g
砂糖 80g
抹茶粉末 小さじ1
1.大豆きんとんの作り方

@大豆は前日から水に浸して、圧力鍋で10分煮る。
Aザルにあげて軽く水気を切り、豆の皮を取る。
Bフードプロセッサーにかけ、すりつぶしてペースト状にする。
C鍋に入れて、砂糖を加え、ねっとりするまで加熱して水分を飛ばす。
Dきれいな布きんで茶巾絞りにする。表面に、抹茶粉末を茶漉しで散らして、できあがり。
※ 抹茶のかわりにマコモの粉末を利用することもできます。

 

大豆プリン
2.大豆プリン
<材料> (8個分)
乾燥大豆 60g
生クリーム 50cc
豆乳 250cc
砂糖 30g
3個
バニラエッセンス 少々
カラメル大豆用
砂糖 30g
大さじ2
お湯 大さじ2
2.大豆プリンの作り方

@大豆は前日から水に浸して、圧力鍋で10分煮る。
ザルにあげて軽く水気を切り、フードプロセッサーにかけ、すりつぶしてペースト状にする。冷めたら生クリームとバニラエッセンスを混ぜておく。※水気を切った大豆20gをカラメル大豆用に残しておく。
A鍋に豆乳と砂糖を入れて混ぜ、火にかけ、人肌に温め砂糖が溶けたら火を止める。そこへよくかき混ぜた卵を少量ずつ加えながら混ぜあわせる。
B @で作ったものにAで作ったものを少量ずつ加え、混ぜ合わせてから裏ごしする。
Cプリン型の内側にバターを薄くぬり、Bで混ぜ合わせたものを流し入れる。
Dオーブンの天板にお湯を張り、型を並べて、160度のオーブンで30分蒸し焼きにする。荒熱がとれたら、冷蔵庫で冷やす。 カラメル大豆を作る
Eフライパンに砂糖と水を入れて火にかける。鍋をゆすりながら砂糖を溶かし、煮詰まってきたらお湯を入れてゆすり、濡れた布巾で鍋の底を冷やしながらカラメルソースを作る。
F @で残しておいた大豆を柔らかく煮て、カラメルに入れてさらに煮詰めてから冷やす。
G冷めたいカラメル大豆をプリンの上からかけて、できあがり。


健康一口メモ

大豆の機能性について
食品の機能性とは、食品が持つさまざまな生理機能のことです。たんぱく質や脂質などのように必ずしも人の体に必須の栄養素ではありませんが、その成分が持つ体への作用が注目されています。

大豆に含まれる大豆イソフラボンは骨粗鬆症の予防や更年期障害の軽減に有用であるとされています。また大豆レシチンには動脈硬化の予防作用、大豆サボニンにはコレステロールの吸収を抑える働きがあるとされています。

問い合わせ 健康福祉課
電話 391−1126



All Rights Reserved.Copyright(c) Komono Town
各ページの記事、画像等の無断転載を禁じます。