広報こものトップ >> 町長雑感

町長雑感

自分と社会との接点
−社会的活動を通じて醸成されるもの−

全国中学校駅伝大会に参加した選手たち
更生保護女性の会の活動の様子

 昨年末に町内にあるジャパンマテリアル(株)が、東京証券取引所及び名古屋証券取引所のそれぞれ2部に上場されました。上場される企業ですので、国内だけでなく海外にも事業展開をされ、着実な企業経営をされていることは間違いありませんが、一方で、従業員の福利厚生活動や地域貢献活動にも積極的に取り組まれています。特に地域貢献活動に関しては、地元の老人会の皆さんとともに餅つきなどをされて、子どもたちなど多世代の交流の場を提供されています。
  また、ラグビーの東海社会人リーグで活躍する菰野ラビッツフットRFCの皆さんが、ここ数回町内のスポーツ関連会場などの清掃活動をされました。
  さらに、青少年の健全育成や罪を犯した人の更正保護活動をされている三重郡更生保護女性の会など自分たちで会費を払いながら(時にはバザーなどをして活動資金を得ながら)、社会貢献活動を展開されている団体も存在しています。
  企業、スポーツチーム、社会貢献団体と主たる活動は別々ですが、いずれも地域のために自分たちにできることをできる形で熱心に取り組まれています。ここでは取り上げることができませんでしたが、他にも多数の団体、個人が様々な形で地域のために活動をされています。それらの活動を拝見して、私が感じることは、各々の取り組みにおいて自分と社会の接点を確認する場が提供されているということです。
  人と人とのつながりや関係性が見直される傾向にありますが、それらのほとんどは、何もしないで勝手にどこかから降って湧いてくるものではなく、何らかの社会的活動を通じて醸成されるものだと思います。そして、この社会的活動は、快適な居心地のよいものばかりではなく、時には面倒であったり厄介なことである場合もあります。いささか逆説的はありますが、そういった社会的活動を通じなければ、いざ災害などの命に関わる事態が発生した場合に、お互いが信頼し合い、安心して行動を共にすることできないことも事実であると思います。これからの地域社会において、より重要視されるのは、このような社会的活動を通じて獲得される公共的精神であり、それは換金可能なあるいは単なる労働によって代替可能なものでは決してないと考えています。
  とは言うものの、一人ひとりの置かれた立場は異なりますので、画一的ではなく、自分にできることを積み重ねていくことが大切だと思います。色々な形で地域貢献をして頂いている皆さんにこの場をお借りして感謝申し上げます。


町長雑感バックナンバー


All Rights Reserved.Copyright(c) Komono Town
各ページの記事、画像等の無断転載を禁じます。