広報こものトップ >> 特集

「オオキンケイギク」の駆除にご協力ください

オオキンケイギク

オオキンケイギクは「特定外来生物」です

5月〜7月頃にかけて、鮮やかな黄色の花を咲かせるオオキンケイギクは町内各地の道端や河原でよくみかけられ、きれいな花で自宅の庭や花壇に植えてみたいと思う方もいるかもしれません。しかしオオキンケイギクは、日本の生態系に重大な影響を及ぼす恐れがある植物として、外来生物法により、栽培、運搬、種をまくなどの野外に放つことが禁止された「特定外来生物」に指定された植物です。

なぜオオキンケイギクが「特定外来生物」に指定されたのか

北米原産のオオキンケイギクは、強健で冬季にも地面を覆い、雨による土砂の流出や風による砂じんを防ぐ効果が高く、花が枯れても姿が汚くないという理由で、緑化のため道路の法面などに利用され、ポット苗としても生産、流通していました。しかし、あまりの強靭さのために一度定着すると、在来の野草を駆逐し、辺りの景観を一変させてしまう性質を持っていることが分かり、人の手でこれ以上生育の場を広げないようにするため、環境省が平成18年2月に「特定外来生物」に指定しました。

オオキンケイギクの特徴

オオキンケイギクはキク科の多年生草本で高さ30cmから70cm程度になります。花期は5月から7月頃で直径5cmから7cmのだいだい色の頭状花を付けます。

オオキンケイギクの駆除にご協力ください

少量を処理する場合
自宅の庭に生えている場合など、少量を処理するときは、根から引き抜きビニール袋などに密閉して2〜3日、日当たりの良い場所で枯死させてから、燃えるゴミとして処分しましょう。

大量に処理する場合
自治会や団体の活動などで、大量に処理する場合は、菰野町役場環境課にお問い合わせください。生きたままの器官(根)や種子を移動させることは、外来生物法で禁止されていますので、処分方法についてもご確認ください。なお、花が咲く前に何度も草刈りを継続することが効果的です。


問い合わせ 環境課
電話 391-1150


All Rights Reserved.Copyright(c) Komono Town
各ページの記事、画像等の無断転載を禁じます。