>広報こものトップ >> まちの話題
まちの話題
 


菰野分団第1班が優勝 消防団夏期訓練
菰野分団第1班が優勝

6月28日、役場北駐車場で消防団夏期訓練が開催されました。この訓練は、消防団員としての団体規律の確保と、士気の高揚を図るために2年に1度行われています。 この日は通常点検を各班単位で競い、その後全分団が一斉に機械器具点検を披露しました。
 消防団は地域に密着した防災活動機関として、火災や風水害などの災害時には消防署と連携し、警戒活動や被害の拡大阻止に当たります。現在、163人の団員が在籍し、日ごろの各地区における訓練指導など、 地域防災のリーダーとして重要な役割を担っています。今回の大会に向けて各分団は団員が集まりやすい夜間や休日を使っての訓練を重ね、その成果を発揮しました。

消防団夏期訓練



第19回 菰野町俳句大会

7月11日、役場本庁で俳句の愛好者約90人が参加して町俳句大会が開催されました。この大会では、選者が参加者の投句から入選句を選定し、 さらに参加者による互選も行われました。 また一般の部で、事前に応募された384句、小学校、中学校、菰野高校から寄せられた496句からも特選句等が選ばれました。

第19回 菰野町俳句大会



包括連携協定を締結

7月10日に四日市看護医療大学と7月16日に名古屋学芸大学と包括連携協定を締結しました。 これらの協定は、それぞれ地域社会の発展と人材の育成、学術の振興に寄与することや多様な分野で事業を行い、町の発展と地域振興に資することを目的としたものです。 これらの協定により当町の保健、医療、福祉の向上や教育、文化の振興、生涯学習の推進、地域振興等に、それぞれの大学が持つ知的および人的資源を活用できることが期待されます。

包括連携協定を締結



情報公開制度の運用状況

町では、公正で民主的な町政の発展に資するために、「菰野町情報公開条例」により、公文書の公開をしています。 これは、町政に関して町民の知る権利を保障するとともに、町政に対する町民の理解と信頼を深め、町民参加の開かれた町政を一層推進するために行うものです。
 平成26年度の公開決定等の状況については、86件を全部公開、31件を部分公開、10件を公文書不存在とし、3件が取り下げとなっています。 部分公開となった理由は、公開対象文書の一部に個人情報に該当するものが含まれることなどによるものです。 またこれまで、情報公開請求を行えるのは、町内在住、在勤、利害関係者等に限られていましたが、平成26年度から誰でも情報公開請求をできるようになりました。 このことからも平成25年度に比べ、請求件数等が増加しています。

情報公開制度の運用状況




All Rights Reserved.Copyright(c) Komono Town
各ページの記事、画像等の無断転載を禁じます。