>広報こものトップ >> まちの話題
まちの話題
 


子ども会親善球技大会

7月19日、大羽根西野球場、サッカー場で子ども会親善球技大会が開催されました。町内の各区から参加した男子55チーム、女子36チームの子どもたちや保護者など約2000人が交流を深めました。この大会は町子ども会育成者連絡協議会が主催し、四日市西地区防犯協会や町防犯委員会も協力して開催されました。

子ども会親善球技大会



少林寺拳法で全国大会出場

8月12日、三重県選考会で好成績を収め、香川県で開催される全国中学生少林寺拳法大会に出場する湯の山道院拳友会の、遠藤歓奈さん(菰野中3年)、田中ゆかさん(同)、川村海月さん(同2年)藤山果音さん(富田中1年)が石原町長に大会での健闘を誓いました。拳士らは「全国大会では入賞できるようにがんばりたい」と話しました。また、遠藤さんと藤山さんは、京都市で開催される全国大会にも出場します。

少林寺拳法で全国大会出場



平和を願って

今年は先の大戦から70年となる節目の年です。終戦から長い年月が経過し、戦争の体験を後世に伝えていくことが難しくなってきています。

町では、戦争の記憶を風化させることなく、二度と悲惨な戦争を起こさないよう次世代に平和の尊さを伝えるために、毎年8月に平和を祈念したさまざまな事業を実施しています。

平和祈念展平和祈念展

8月11日から16日まで、図書館催事室で原爆の悲惨さを紹介したパネル展示、戦争の恐ろしさをその絵画を通して訴え続けた北村 勲画伯の作品展示が行われました。また、8月1日には町民センターホールで平和祈念映画会が開催されました。

平和祈念トーク&コンサート平和祈念トーク&コンサート

8月8日、町民センターホールで平和祈念トーク&コンサートが開催され、戦後70年の鎮魂の思いをこめて「長崎の鐘」などが歌われました。また、演劇サークルしでこぶしによる「杉原千畝 命のビザ」の演劇が披露されました。平和祈念トークでは大羽根園の佐々木 弘さんが「戦争に行かなかった普通の人の戦争体験」と題して、空襲の恐ろしさや戦後の食糧難について話し、平和の大切さを訴えました。

中学生広島訪問

7月28日、8月3日から二日間の日程で、核兵器の恐ろしさや平和の尊さを学ぶために広島を訪問する菰野、八風中学校の生徒10人の壮行会が役場本庁で開催されました。訪問団を代表して八風中学校3年の石川実和さんが「戦争や原爆のことを学び、感じたことをみんなに伝えられるようにしたい」と決意を述べました。石原町長は「原爆投下の歴史的意味と核兵器を取り巻く現代的問題を考えるきっかけにしてほしい」と話しました。

中学生広島訪問



お世話になりました

日本政府が主催するJETプログラム(外国青年招致事業)により、菰野町で外国語指導助手(ALT)を務めたマロリ クリスティン ギノザさんが退任しました。マロリさんは総務大臣からJET絆大使に任命され、今後も日本と米国の友好関係の強化に活躍される予定です。

マロリ クリスティン ギノザさんマロリ クリスティン ギノザさん

2年間お世話になりました。菰野町はいい所でした。菰野のことを忘れません。菰野の人たちは優しくてたくさん手伝ってくれ、色んな日本のことも教えてくれました。学校での英語の授業も楽しかったです。元気な子どもたちと一緒に新しい単語を勉強したり、ゲームをしたり、休み時間の遊びもいい思い出です。

私はこれからアメリカに帰って大学院に入り、教師になりたいので勉強を続けます。二年間本当にありがとうございました。



柔道大会で優勝

8月12日、サンアリーナカップ第30回三重県少年柔道体重別選手権大会兼第12回全国小学生学年別柔道大会三重県予選会で優勝した太田寛汰さん(千種小3年)、萩 颯太さん(鵜川原小4年)、和田雄翔さん(菰野小5年)が石原町長に優勝の報告をしました。また、小学5年生の部で8月30日に山梨県で開催される全国大会に出場する和田さんは「先生に教えてもらったことを出し切って優勝したい」と大会への意気込みを語りました。

柔道大会で優勝


陸上、水泳、柔道、ハンドボール、テニス
全国大会・東海大会に町内の中学生が出場

7月31日、県内各地で8月6日から10日までの日程で行われた東海中学校総合体育大会の町長激励会が役場本庁で開催されました。選手を代表して八風中学校陸上部の松田 藍さんが「応援してくれた、たくさんの人たちに感謝して、大会では最高のパフォーマンスを発揮し、楽しみながら頂点を目指したい」と決意を述べました。また同日に開催された全国大会出場壮行会では、菰野中学校テニス部女子の服部 澪さんが「これまでの苦しい練習も部員同士で支えあってきた。男子の分も最後まで全力でベストを尽くしたい」と抱負を語りました。テニスは福島県会津若松市、陸上は札幌市でともに8月18日から全国大会が行われました。

さらに東海大会では菰野中学校ハンドボール部男子が優勝し、全国大会に駒を進めました。8月17日にその壮行会が役場本庁で開催され、選手代表の金津亜門さんが「優勝を目指して全力を尽くす」と誓いました。全国大会は8月21日から24日の日程で岩手県花巻市で開催されました。

陸上、水泳、柔道、ハンドボール、テニス 全国大会・東海大会に町内の中学生が出場

陸上、水泳、柔道、ハンドボール、テニス 全国大会・東海大会に町内の中学生が出場


女子小学生全国野球大会に出場

8月5日、女子小学生全国野球大会「NPBガールズトーナメント2015」に参加する伊藤さくらさん(竹永小6年)が石原町長を訪問し、大会での活躍を誓いました。県代表の「三重高虎ガールズ」のエースピッチャーとして選抜された伊藤さんは「優勝目指してがんばりたい」と話し、石原町長は「緊張せずにしっかりがんばってください」と激励しました。

女子小学生全国野球大会に出場



All Rights Reserved.Copyright(c) Komono Town
各ページの記事、画像等の無断転載を禁じます。