広報こものトップ >> まちの話題
まちの話題
 


特別消防訓練を実施

6月5日から11日までの危険物安全週間に伴い、6月1日、千草工業団地の東研サーモテック三重工場で特別消防訓練を実施しました。この訓練は、事業所における危険物保安意識の高揚、消防職団員の危険物火災対応技術の向上を図ることを目的に実施され、東研サーモテック三重工場の従業員をはじめ、消防署、消防団千種分団、本部分団などおよそ100人が参加しました。工場内の危険物火災を想定して初動体制を確認し、負傷者の救出を実際の消火活動さながらに行いました。

特別消防訓練
訓練の最後、一斉放水の様子



菰野小学校、菰野中学校のプールを改修

老朽化が懸案されていた菰野小学校、菰野中学校のプールがそれぞれ改修され、主にプール及びプールサイドが改修されました。菰野小学校では、更衣室等の設備も新しくなり、6月14日に今年度のプール開きが行われました。新しくなったプールで児童たちは初夏の陽射しの中、思いきり水しぶきをあげ、楽しそうに泳いでいました。

改修後の菰野小学校プールの全景
改修後の菰野小学校プールの全景

改修後の菰野中学校プールの全景
改修後の菰野中学校プールの全景



平成27年度情報公開制度の運用状況

町では、公正で民主的な町政の発展に資するために、菰野町情報公開条例により、公文書の公開をしています。これは、町政に関して町民の知る権利を保障するとともに、町政に対する町民の理解と信頼を深め、町民参加の開かれた町政を一層推進するために行うものです。
 平成27年度の公開決定等の件数については、107件を全部公開、25件を部分公開、5件を公文書不存在とし、1件が取り下げとなっています。部分公開となった理由は、公開対象文書の一部に個人情報に該当するものが含まれていることなどによるものです。

公文書公開決定等の件数
※実施機関別の公文書公開決定等の件数と公文書公開決定等の件数の相違は、
1件の公開に対し複数の実施機関で公開決定がなされたことなどによるものです。

実施機関別の公文書公開決定等の件数



けやきフェスタ開催

6月5日、保健福祉センターけやきでけやきフェスタ2016が開催されました。例年、11月に開催していたけやきフェスタですが、今年は6月開催となりました。当日は、福祉ゾーンを中心に保健ゾーン、健康ゾーンなど趣向を凝らしたブースが多数出展し、来場者は、手話での会話や声で情報を伝える音訳のボランティア活動などを体験し、障がい者に対する理解を深め交流を楽しんでいました。梅雨の影響が心配される天候でしたが、途中からは青空が見え、閉会時にはメッセージ付きの風船を来場者で一斉に飛ばしました。

けやきフェスタ
空高くメッセージ付き風船を飛ばす様子

八風中学校へ車いすが寄贈
開会式では八風中学校へ車いすが寄贈されました



菰野寄席を開催

5月21日、菰野地区コミュニティセンターで、第58回菰野寄席が開催されました。大羽根園在住の五尺坊申志さんが登壇し、「猫と金魚」「猫の皿」「疝気の虫」「講談 命の手習い」といった演目を披露しました。今回の演目は、これまで寄席を見たことがない人でも楽しめる内容で、集まった約40名の観客は、2時間、滑らかな口調で語られる話に聞き入り、初夏の夜に寄席を楽しんでいました。

菰野寄席



水防訓練を実施

5月29日、役場本庁南側の三滝川河川敷等で、区長、区民、消防団、災害時応援協定を締結している業者、町職員ら434人が参加して、水防訓練が実施されました。はじめに、各区で水路、調整池、急傾斜地等の水害、土砂災害の危険箇所を点検しました。その後、三滝川河川敷に場所を移し、河川に越水の危険性がある場合を想定して、参加者が5班に分かれ、土嚢作成訓練、運搬訓練を行い、積み土嚢工法、改良積み土嚢工法による土嚢を越水危険箇所に積む訓練が行われました。さらに、今回は国土交通省中部地方整備局の協力で、排水ポンプ車、照明車及びパトロールカーの訓練展示があり、東日本大震災にも出動した排水ポンプ車のホースやポンプ容量についての説明がありました。

各区危険箇所の点検の様子贈
各区危険箇所の点検の様子

土嚢作成訓練の様子
土嚢作成訓練の様子

国土交通省中部地方整備局の排水ポンプ車(左)と照明車(右)
国土交通省中部地方整備局の排水ポンプ車(左)と照明車(右)



All Rights Reserved.Copyright(c) Komono Town
各ページの記事、画像等の無断転載を禁じます。