広報こものトップ >> 特集
寒波襲来 大雪被害
い冬型の気圧配置による1月中旬の記録的な積雪は、町内各地に大きな影響を及ぼしました。1月14日から降り始めた雪は、16日にかけて強さを増し、地域によっては50pを超える積雪となりました。15日の消防出初式が中止となり、16日には近鉄湯の山線が湯の山温泉駅〜桜駅間で運行休止、16日と17日の2日間にわたり町内の全小中学校が休校となるなどの影響が出ました。また、町内各所で倒木が発生するなど様々な被害も起こりました。

 町では、14日に大雪警報が発表された時点で災害対策本部を設置し、15日に大雪警報が解除されたことを受けて、災害対策本部を廃止したものの、16日に町内の被害状況を考慮し、再度災害対策本部を設置しました。職員、機材を動員し、山間部にある住宅への救援やライフラインの確保、通学路や生活道路の除雪作業など、安全安心な生活の確保と日常生活の早期復旧に向けて対応しました。
 

All Rights Reserved.Copyright(c) Komono Town
各ページの記事、画像等の無断転載を禁じます。