広報こものトップ >> 菰野町60周年
菰野町60周年

第12回

 現在の菰野町は昭和32年1月に当時の菰野町と朝明村が合併して誕生しました。今年度は現在の菰野町が誕生して60年の記念の年を迎えました。そこで、60年前から菰野町がどう発展してきたのか、その時々でどのような話題があったのかを、当時の広報をもとに紹介していきます。

「広報こもの(昭和54年8月10日発行)」

町民の幸せと社会教育の拠点に待望の社会福祉センター完成

 庄部神社の西、三滝川のほとりで建設が進められていた、社会福祉センターが完成しました。  
 菰野町は、県下最大の人口を有する町でありながら、文化施設が乏しく、過去2回行った行政指向調査でも、「文化ホールなどの文化的教養施設」の要望が下水道施設の整備に次いで多く、その施設づくりが急がれていました。(中略)
 このセンターは、鉄筋コンクリート造三階建、総床面積約二千四百平方b、外壁は耐久性を考慮してコンクリート打放しシリコン吹付け工法で、やや渋い色ですが、ガラスを大胆にとり入れ、コントラストを強く打出しているのが特徴です。

※現在では、不適切と思われる表現についても当時のまま引用しておりますので、ご了承ください。

「広報こもの(昭和54年8月10日発行)」
「広報こもの(昭和54年8月10日発行)」
クリックで拡大表示

 


All Rights Reserved.Copyright(c) Komono Town
各ページの記事、画像等の無断転載を禁じます。