広報こものトップ >> 特集


から小雨が降る天候となった10月15日、全国から約4100人のランナーが参加して、第12回鈴鹿山麓かもしかハーフマラソンが開催されました。今年は12回目の開催で初めて北は北海道、南は沖縄県からのエントリーがあり、大会を運営するボランティアの総数も1000人を超えました。


ーフの部が始まると雨は一段と強くなり、ランナーは雨を浴びながらも、かもしかハーフマラソン名物にもなっている杉谷区から県民の森周辺への急な坂を懸命な表情で登っていました。このような天候でもコース上の沿道からはたくさんの声援が送られ、参加したランナーは菰野町の豊かな自然の中で町内各所を駆け抜けました。

All Rights Reserved.Copyright(c) Komono Town
各ページの記事、画像等の無断転載を禁じます。