トップページ >> 広報
11月号
バックナンバー
広報全体をご覧いただく場合、アドビアクロバットリーダーが必要です。アドビアクロバットリーダーをお持ちでない方は、上のアイコンをクリックしアドビ社のサイトよりアドビアクロバットリーダーを入手して下さい。
菰野町の行事を紹介

郷土を訪ねて 20/金藏寺の大銀杏
撮影/中嶋 清さん(町芸術文化協会写真部会会員 下村)

この銀杏は、幹周りは4メートルを超え、高さは25メートルほどあります。銀杏の木の下の山門は菰野城の裏門を移したものといわれており、柱は黒く太く、頑丈な重い板戸がついています。

 


平成29年(2017年) 11月号 687おもな内容

子育て支援の新たな拠点として菰野町北部子ども子育て支援拠点施設を田光に開設しました。
東京の「新虎通り」に菰野町は「僧兵もつ鍋屋菰野一番」を出展しました。
雨の中、開催された鈴鹿山麓かもしかハーフマラソンの様子をご紹介します。

・ 郵便局と協定締結
・ 交通安全いきいき体験フェスタ
・ まこも収穫祭を開催
・ 硬式空手世界大会へ出場
・ 戦没者追悼式典を開催
・ JDFA日本代表候補が合宿
・ まこもドッグで全国大会へ
・ ジュニアオリンピックに出場

町内にあるスポーツ・文化団体を紹介します。(毎月掲載)今回は菰野町体育協会の「相撲部会」の紹介です。
石原町長が日常の活動で感じたことを町民の皆さまに紹介します。第119回目の今回は「適正な社会資本整備による財政構造の改善(その2)−下水道事業によるスケールメリット−」です。
「犯罪被害者支援活動」「女性に対する暴力をなくす運動」です。
平成28年は現在の菰野町が誕生して60年となる記念の年でした。そこで60年前から菰野町がどのように発展してきたのか、その時々どのような話題があったのかを当時の広報をもとに紹介していきます。
菰野町が所蔵する古い写真を紹介しながら、菰野の歴史を振り返るシリーズ
郷土史研究家 故 佐々木一さんが郷土資料館で紹介してきた菰野町の郷土史や風俗を連載します。(毎月掲載) 今回は「鋳物とふるさと」です。



All Rights Reserved.Copyright(c)2005Komono Town
各ページの記事、画像等の無断転載を禁じます。