東海総体登山競技が菰野町で開催!

東海総体登山競技が菰野町で開催!

 平成30年7月26日から8月20日にかけて開催される平成30年度全国高等学校総合体育大会(インターハイ)「2018 彩る感動 東海総体」の登山競技が菰野町で8月3日から5日間にわたり行われます。鈴鹿山脈を競技会場、三重県民の森を幕営地として行われ、広大な自然を舞台に全国から高校生たちが集まり、その技量を競い合います。
 御在所山登山などが盛んな菰野町で全国規模の大会が開催されることから、競技関係者などに注目されており、全国各地から集まる競技関係者を迎え入れるため、菰野町では開催に向けて準備を進めています。

「登山競技」とは?

 登山競技は単純に体力、技術だけを競う競技ではありません。1チーム4人で競技し、①行動(体力、歩行技術)、②生活技術(装備、テント設営・撤収、炊事)、③知識(天気図、自然観察・救急・気象課題テスト、計画書、行動記録)、④読図技術、⑤マナー、自然保護といった審査項目を100点満点で審査されます。競技時間は開会式後から登山行動最終日(閉会式前日)まで、その間の夜間も含まれ、競技中は監督や保護者などによる差し入れ、買い出しなど(自動販売機を含む)は全て禁止されます。選手、監督、役員あわせて約800人が菰野町内の鈴鹿山脈で競技を行います。

昨年は山形県で開催!平成29年度版ポスター
 
競技に使う道具って?
競技に使う道具って? 4人用テントとザック(60L)、テントの中にあるのがシュラフ(寝袋)です。シュラフの中にはダウン(羽毛)が入っており、野外でも暖かくして眠ることができます。
競技に使う道具って? 装備品の一部です。これらの道具はすべてザックに入れて携行します。コンパスなどはもちろん、ペンチ等の修理具から炊事に使用するコンロも携行します。
競技に使う道具って? 上半身は長袖シャツ(襟付き)を、下半身については肌の露出が認められていないため、必ず長ズボンと登山靴を着用します。
 
競技のPOINT
競技のPOINT 歩行審査
審査員が木や岩の陰に隠れて審査します。スリップや転倒をしている、4人のリズムがあっていない、誰かが遅れているなどが減点対象となります。
競技のPOINT 筆記試験
登山を行う上での一般的な知識や競技会場の山域についての基礎的な知識が問われます。写真は天気図を作成しています。
競技のPOINT 炊事審査
計画書通りに手際よく、衛生的かつ安全に調理できているかを審査します。レトルト食品等を単純に使用するのではなく、野菜などの食材を組み合わせて工夫します。
 
最後に皆さんも…

筆記試験に挑戦!

次の①~⑤の文のうち、その処置について正しく述べているものを2つ選び、その番号を答えよ。

①靴ずれで水疱ができたので、針で2箇所に穴をあけてつぶした。
②同行者が過換気の症状を示したので、落ち着かせるとともに会話を試みた。
③靴下の上から熱湯がかかったので、急いで靴下を脱いだ。
④マムシに咬まれたので、自力で登山口に駆け下り救助を要請した。
⑤鼻血が出た。ティッシュを詰めて鼻の付け根を10分間押さえていたら止血できたようなので、すぐにティッシュを外した。

答えはこちらから!

 
All Rights Reserved.Copyright(c) Komono Town
各ページの記事、画像等の無断転載を禁じます。