第49回菰野町文化祭 食と文化のフェスティバル201
 
四日市湯の山道路が全線開通

 10月27日に一般国道477号四日市湯の山道路の吉沢インターチェンジから新名神高速道路の菰野インターチェンジまでの4・4キロ区間が開通しました。この道路は国道477号のバイパス道路としての機能を持ち、平成9年に事業が開始し、平成26年には一部区間が供用開始されました。
 今回の全線開通により東名阪自動車道の四日市インターチェンジから菰野インターチェンジまでの走行時間が約8分短縮され、生活の利便性と物流の効率化に伴う企業などの生産性の向上が見込まれます。また、四日市市街地から湯の山温泉街へのアクセスが向上することにより、観光振興に対しても大きな効果が期待されます。

全線開通を祝う記念式典を開催
全線開通を祝うテープカット  開通日の9時から保健福祉センターけやきで行われた記念式典では、石原町長が「道路の全線開通により利便性が向上し、菰野町だけでなく北勢地域の更なる発展につながると確信しています」と式辞を述べました。また鈴木県知事は「災害時にも活用される重要な道路であり、今後大きな役割を担うことを期待しています」と挨拶を行いました。
 式典終了後には菰野インターチェンジ付近で町長、知事ら関係者によるテープカットが行われ、同日15時から全線開通となりました。
全線開通を祝うテープカット
All Rights Reserved.Copyright(c) Komono Town
各ページの記事、画像等の無断転載を禁じます。