野生鳥獣による農作物への被害金額の推移
 平成30年の1年間にあった、菰野町政の10大ニュースを紹介します。新たに始まった取り組みや継続した活動が実を結んだことなど、さまざまなことがありました。
 皆さんにとっての平成30年の10大ニュースは何でしたか。

湯の山温泉開湯1300年

 湯の山温泉が開湯1300年を迎え、年間を通じてさまざまな記念イベントが行われました。 また、観光施設のリニューアルオープンや観光列車の運行が開始するなど、多くの観光客が菰野町を訪れました。


重度疾病児童等の医療費助成開始

 重度疾病により高額な医療費が必要な児童等の福祉増進を図るため、医療費の一部助成を開始しました。


老朽化施設等の長寿命化修繕

 防災対策機能の向上や設備等の長寿命化を図るため、老朽化が進む町内小学校校舎の設備更新や町内にある橋りょうの耐震補強工事などを行いました。


マコモを利用した農福連携事業

 機械化が困難なマコモ栽培の作業において、障がい者就労継続支援施設等に体験参加を呼びかけ、参加者の適性や作業効率を見極める機会を提供するとともに、生産拡大が望まれる町内産マコモの作付面積の増加を図りました。


千種地区コミュニティセンターの設置

 千種地区の地域振興、防災、福祉および生涯学習等の活動の新たな拠点を開設しました。これにより町内5地区全てにコミュニティセンターが設置されました。


鈴鹿国定公園指定50周年

 鈴鹿山脈を中心とする鈴鹿国定公園が指定50周年を迎えました。それを記念して、式典と植樹イベントが御在所山上公園で開催されました。


インターハイ登山大会が菰野町で開催

 全国高等学校総合体育大会(インターハイ)の登山大会が菰野町で開催され、予選を勝ち抜いた男女合わせて94チームが技量を競い合いました。


道路交通網の充実

 「夢の架け橋」と呼ばれていた湯の山かもしか大橋や一般国道477号のバイパス道路としての機能を持つ一般国道四日市湯の山道路が開通し、湯の山温泉街へのアクセスが向上しました。


町の魅力を発信する新たなイベント

 「ONSEN・ガストロノミーウォーキングin湯の山温泉」や「こもガク×大日本市菰野博覧会」など、これまでにない新たなイベントを開催し、町の魅力を町内外に向けて情報発信しました。


菰野町のりあいタクシー試行運転開始

 さらなる公共交通の充実を目指し、菰野町のりあいタクシーの試行運行を開始しました。試行運行は翌年9月末まで実施予定です。

All Rights Reserved.Copyright(c) Komono Town
各ページの記事、画像等の無断転載を禁じます。