菰野町立菰野中学校ホームページ

野球部

菰野高校のグラウンドで練習しました

6日に、菰野高校野球部がオフということで、菰野高校のグラウンドを使わせていただきました。
生徒たちは綺麗に整備された黒土のグラウンドに感動していました。
練習の最後に、高校から使用する硬式球でティーバッティングをしました。普段使っている軟式球と違って、サイズが大きく。重く、硬い球に生徒たちは戸惑っていましたが、バットの芯で捉えたときの気持ち良さを楽しんでいました。その一方で、芯を外して痛さのあまりに叫ぶ生徒もいました。
高校でも野球をしたいという気持ちが更に強くなった一日でした。
添付画像

年末の大羽根球場清掃活動

添付画像
12/27(水)は日頃お世話になっている大羽根球場の清掃をしました。
大羽根球場まで、そして帰りは、勿論ランニングです。
今年の2月にリニューアルした大羽根東球場と、隣りの西球場のまわり、隣接する公園の清掃をしました。
子どもたちは、宝探しをするような様子で熱心にゴミ拾いを行っていました。

10/20 新人戦1回戦

添付画像
10月20日(金)に、霞ヶ浦第1球場で新人戦の1回戦三滝中との試合が行われました。
先発はキャプテン出口くん。立ち上がりにバタバタしてしまい、フォアボールやエラーが絡み、初回に2失点してしまいました。
しかし、その裏の攻撃で相手の立ち上がりを攻め、5番杉浦くんのタイムリーで1点を返しました。
その後、両チーム膠着状態が続きましたが、5回裏の攻撃で、相手の四球やエラー、菰野の打線がつながり、同点のチャンスが来ました。ここで、3塁ランナー松井くんが相手の虚をつき、ホームスチール!見事に決まり、同点!この後、5回から正当した磯部くんが快投し流れが菰野中に来ました。6回の攻撃、逆転のチャンスで途中からセカンドの守備についていた6番辻岡くんにチャンスが到来。甘い球を見逃さずセンター前にタイムリーヒット、逆転。最終回は磯部くんが見事に3人で抑え、ゲームセット。
次の試合は21,22日が雨天中止になってしまったため、28日11時から羽津中学校にて中部中学校と対戦します。好投手、強打線の中部中を菰野中の打者陣がどう打ち崩し、自慢の投手陣が相手の強打線をどう抑えるかが見所です。
勝てば、同日の13時からシード校・羽津中と西陵中の勝者とブロック優勝決定戦です。
翌日は9時から霞ヶ浦第1球場にて、県大会代表決定戦が行われます。1年ぶりの県大会を目指してベストを尽くします。

第6回湯の山温泉杯シニア野球大会 ボランティアスタッフ

添付画像
5月28日(日)
快晴の天気の下で第6回湯の山温泉杯シニア野球大会が大羽根球場、朝明球場で、行われ、我々野球部はボランティアスタッフとして参加しました。
生徒達は塁審、スコアボード係、ボールボーイを担当しました。
歳を重ねても仲間と集まって野球が出来るということの素晴らしさを生徒達に学んで欲しいです。また、彼らも何年後かにこのような大会に中学校野球部の仲間で参加して欲しいと願っております。

中体連春季大会 桜中、朝明中に勝利しベスト4

添付画像
添付画像
4月22日(土)、北条球場にて春季大会の二回戦、準々決勝が行われました。

1試合目は桜中学校と戦い、6対1で勝利しました。相手のエラーで得た点を左のエース嶋くん、右の服部滉くんの投手リレーで死守しました。

2試合目は朝明中学校と。右のエース中島くんが5回まで完封していたものの、エラーで同点に。そのまま最終回まで持ち込むことになり、サドンデスルール(無死満塁からスタート)が適用されました。
延長戦はハラハラドキドキの展開。8回表、エラーや押し出しで3点を失い窮地に立たされました。裏の攻撃、ここから菰野中の粘りの野球が始まりました。5番山田くんのセンター二塁打で2点を叩き出し、1点差に!続く6番杉浦くんが、左中間真っ二つの二塁打で2点を取り、逆転サヨナラ勝ち。スコアは6対5でした。これで目標のシード権を獲得しました。

明日は春の県大会をかけた準決勝、決勝が霞ヶ浦第二球場で行われます。
準決勝の相手は保々中学校です。

中体連春季大会 常磐中に勝利!!

4月16日(日)、春季大会がありました。夏の大会のシード権をかけた戦いです。また、この大会は春の県大会にもつながっています。2試合目に行われた常磐中学校との試合は6対1で勝利しました。先輩の中島くんは10三振の大活躍。課題の打撃陣は6得点と奮起!相手のエラーによる得点が多かったものの、打点による得点もあり、打撃陣にとっては大きな収穫でした。次は来週土曜日、2試合目に北条球場にて桜中学校と試合です。11時プレイボール予定です。この試合に勝てば、大池中学校と朝明中学校の勝者と試合です。2勝して目標であるシード権獲得を達成したいです。応援よろしくお願いいたします。

新人大会2回戦

10月15日に八風中学校と対戦しました。
結果は9-0で惜敗。
この悔しさをバネに、春にはリベンジできるよう
トレーニングに励みたいと思います。
たくさんの保護者の皆様、地域の方に応援していただき
ありがとうございました。

新人大会1回戦の結果 朝明中学校に逆転勝利!

添付画像
13:18より霞ヶ浦第一野球場で行われた全国大会につながる三泗地区新人大会1回戦で,朝明中学校と対戦し,初回に2点を先制されながらも,見事逆転に成功し,その後ピッチャーも立ち直り,3−2で逃げ切りました。明日の2回戦は同会場で,11:00より菰野町内の八風中学校と対戦します。町内対決を制して,13:30(予定)開始のブロック決勝戦に駒を進めたいと思います。
本日もたくさんの保護者の皆さんの応援に支えられました。明日もよろしくお願いします。

中体連三泗地区予選 準決勝

 中央緑地公園野球場で、中部中と対戦しました。
 結果は0−3で、3位という結果でした。
 惜しくも決勝進出なりませんでした。

中体連三泗地区予選 2・3回戦結果

昨日に引き続き,四日市市営北条球場で2・3回戦を戦い,2回戦;対『川越中学校』では,序盤のチャンスを生かせず,4回に1点を先制され苦しい展開でしたが,7回表に相手投手の制球の乱れに乗じて3点を奪い,3−1の鮮やかな逆転で勝利を収めました。
3回戦は,この3月まで本校野球部を指導していただいていた監督が率いる『保々中学校』との対戦でしたが,危なげなく7−0(6回コールドゲーム)で勝利し,明日の準決勝にコマを進めました。たくさんの保護者・地域の皆さんの応援ありがとうございました。明日は,9:00より四日市中央緑地野球場で準決勝を『中部中学校』と戦います。応援よろしくお願いします。
添付画像

中体連三泗地区予選 1回戦結果

 いよいよ軟式野球部3年生にとっては最後の大会「三重県中学校総合体育大会 軟式野球大会三泗地区予選大会」が始まりました。1回戦は,四日市市営北条球場で『港中学校』と対戦し,見事2−0で勝利しました。二人の投手による継投で相手打線を完封しました。
 明日は,9:00より北条球場で2回戦,シード校の『川越中学校』と対戦します。応援よろしくお願いします。
添付画像

中体連シーズン到来!

添付画像
添付画像
三泗予選前最後の練習試合を終え、最終調整中です。
初戦は7月21日北条球場にて、9時より港中学校と対戦します。
応援よろしくお願いします!

新年恒例の初詣 行くぞ、東海大会出場!

添付画像 添付画像
 今年も椿大神社(鈴鹿市)へ初詣に行ってきました。自転車に乗ること約1時間半、急な上り坂もあり、いいトレーニングにもなりました。
 昨年は目標だった県大会に出場することができたので、今年の目標は東海大会出場!
 夢を語るのは簡単です。夢を夢で終わらせないように、そのための努力をしていきます!

年末恒例の大羽根運動公園の大掃除

添付画像 添付画像
12月28日(月)に、いつも部活動で利用させてもらっている大羽根運動公園のゴミ拾いをしました。子どもたちは、宝探しをしているかのように楽しみながら頑張り、自分たちが集めたゴミの山に誇らしげでした。ペットボトル、缶類、たばこの吸殻などいろいろな種類のゴミが落ちていて、清掃活動だけでなく、ゴミの分別も学べました。


第7回全日本少年春季軟式野球大会三重県大会の結果 三重県3位!

【一回戦】 対 東海中学校(鳥羽・志摩地区代表) 1−0 勝利

 両チームのエース投手の投げ合いによる引き締まった試合でした。
 2回裏の菰野中の攻撃。一死後に四球で出塁した走者を犠打で進め、二死ながら得点圏に走者を置いた。ここで8番打者が2−2と追い込まれながらもしぶとくレフト前に落とし1点を先制する。
 打力は相手が一枚上手だったが、丁寧な投球と好守備で1安打完封で接戦を制した。


【準々決勝】 対 二見中学校(伊勢・度会地区代表) 3−9 惜敗

 雨が降り続き、グラウンド状況も悪い中、試合が行われました。
 2回表の菰野中の守備。先頭打者に死球で出塁させると、ここまで好守備を続けてきた内外野陣の守備が乱れ、一挙に3失点。
 その裏の攻撃でスクイズで1点を返して流れを渡さなかった。
 6回表の守備、先頭打者に内野安打で出塁されて上手く走者を進められ好打で追加点を奪われた。
 7回の守備、雨天の悪条件の中、何とか試合を作ってきたエース投手であったが、相手強力打線のプレッシャーと連投の疲れもあってか急に制球を乱し無念の降板。その後も不運な内野安打や守備の乱れも重なり、まさかの5失点。
 最終回の攻撃で2点をもぎ取るものの万事休す。二見中の野球の上手さを肌で感じました。

 今シーズン最後の試合で大敗を喫して悔しい思いをしましたが、三重県3位という結果は立派だと思います。また、県大会で勝ち上がっていくための課題が明確になりました。
 この悔しさを忘れず、冬季トレーニングで心技体を磨き、次は三重県制覇だ!

秋季新人大会Aブロックの結果  惜しくも準優勝

【2回戦】対 八風中学校 2−2 →8回促進ルール3−2勝利


【ブロック決勝】対 川越中学校 0−1 惜敗
 投手戦となり、チャンスで1本が出ずに零封されてしまい惜敗となりました。

 11月7日に行われる県大会に向けて攻撃面での課題が見つかりました。

 冬のトレーニングで心も体も大きくなり、春にリベンジだ!


第7回全日本少年春季軟式野球大会三重県予選大会の対戦相手


上記の大会の一回戦の相手校は、東海中学校(鳥羽・志摩地区代表)に決まりました。

試合日時や試合会場は前回にお知らせした通りです。
応援よろしくお願いします。


第7回全日本少年春季軟式野球大会 三重県予選大会の案内

 9月21日に行われた三泗地区代表校決定戦で1位になったことで上記の大会に出場することが決まりました。

 期日:11月7日(土)〜11月8日(日) 予備日11月14日(土)
 場所:松阪市 A球場 阪内川スポーツ公園野球場(松阪市大足町1064)
       B球場 513ベーカリースタジアム松阪【旧市営球場】(松阪市殿町1539)

  対戦相手:鳥羽・志摩地区の代表校(10月中旬に決定)
  試合会場:B球場
  試合開始予定時間:第2試合目11時

 東海大会 愛知県瀬戸市 12月5日(土) 予備日6日(日)
 全国大会 静岡県静岡市 平成28年3月25日(金)〜28日(月)

 応援よろしくお願いします。


秋季三県大会出場決定! あきらめない気持ちが勝利を呼び込んだ☆

添付画像 【1試合目】 対 桜中学校 4−0 勝利


【決定戦】 対 中部中学校 5−1 勝利 
              
 両チームのエースの投げ合いとなり、代表校を決める試合にふさわしい引き締まった展開が続いた。

《 3回裏の菰野中の守備 》
 先頭打者に出塁を許すと、犠打とバッテリーエラーもからみ二死三塁とされる。緊迫した場面で、一番打者を2ストライクと追い込み、三振をとりにいった変化球がワイルドピッチとなり、先制点を献上してしまう。

 相手投手の外角低めをつく丁寧なピッチングの前に、チャンスを作るもののあと1本が出ず、無得点のまま最終回に入る。

《 最終回の攻撃 》
 一死後、ピッチャー強襲ヒットで出塁すると、すかざず盗塁を決めてチャンスを広げる。ここでこの試合無安打だった6番打者が2ストライクと追い込まれながらも、振り切った打球が左中間を破り、土壇場で同点に追いついた。

《 延長8回表(促進ルール:無死満塁から攻撃)菰野中の攻撃 》
 7回に同点に追いつき、試合の流れは菰野中にあった。先頭打者は打ちとられたが、1番打者が左中間を破る2点二塁打を放つ。さらに二死満塁から4番打者がしぶとくセンター前に運び、さらに2点を追加して一気に優勢に立つことができた。

《 8回裏の守備(促進ルール) 》
 同条件からのスタートではあったが、7回を過ぎても伸びのあるストレートを武器に中部中打線を抑え込んだ。最後の打者も空振り三振で打ちとり、秋季三重県大会の三泗地区代表校の座を勝ちとった。

 *秋季三重県大会(松阪市開催)の詳細はわかり次第報告します。


惜敗、北勢大会3位

【準決勝】 対 東員第一中学校 1−2 惜敗

 相手投手の緩急をつけたピッチングに菰野打線がタイミングが合わずに苦しめられました。
 後半に何度かチャンスを作り、追い上げを見せたものの、あと1本が出ずに追いつくことができませんでした。

 今回の惜敗を必ず今後に生かしていきたいと思います。