菰野町立菰野中学校ホームページ

ソフトボール部

0603 全日本中学生女子ソフトボール大会 三重県予選 ベスト4進出‼️

添付画像
添付画像
6月3日に、鈴鹿市の河川敷グランドで全日本中学生女子ソフトボール大会三重県予選が行われました。初戦の相手は、崇広と緑が丘の合同チームでした。序盤は硬さが見られ、ミスも目立ち、2対2の同点で中盤を迎えました。5回の裏、いつもの菰野らしい攻撃で大量得点を奪い、6回コールド勝ちをおさめました。
2回戦は5月の練習試合で大敗を喫している答志中学校です。お互いに譲らず点が入らないまま中盤になり、菰野のミスで先に相手に2点取られてしまいました。清水祐希さんのホームランで1点を返すもそのまま最終回へ。打席に立つ者はみんなプレッシャーに負けそうになりながらも必死に歯を食いしばってボールに向かっていきました。その甲斐あって、ツーアウトから粘って四球でランナー一塁。北岡なつきさんのセンター前タイムリーヒットで同点。なおもチャンスで前の打席ホームランの清水さん。相手の外野は警戒してかなり深く守っていました。そして、打球は深く守ったレフトへ。万事休すかと思いきやかなり打球が延びたために、ボールはグラブを弾いて転々と転がる。一塁ランナーの北岡さんは、自慢の俊足をいかして一気にホームへ。なんと逆転サヨナラ勝ちをおさめることができました!
この試合の直前に負けてもいいから、人を感動させられる試合をしようと声をかけました。選手のみんなは最後まで諦めず最高の試合をしてくれました。1年生も必死になって先輩のために声を出し続けました。みんなで勝ち取った勝利です。次の相手は、度会中学校です。かなり強い相手ですが、見る人を感動させられる試合ができるといいです。あと2試合一所懸命なプレーに期待します。応援よろしくお願いします。
試合は、6月17日(日)9時からです。場所は鈴鹿高校の前の河川敷グランドです。第2試合は10時40分からです。

0422 全日本 地区予選 優勝🏆

添付画像
4月22日に、大池中学校にて全日本女子中学生ソフトボール大会三泗地区予選がありました。菰野中学校は、決勝を含め全試合コールド勝ち、しかも取られた点は決勝での1点のみという結果で見事に2年連続優勝をおさめました。菰野らしい足を絡めた攻撃で相手を圧倒することができました。この快進撃を全国まで続けていきたいです。応援よろしくお願いします。

11.11 県大会 力発揮できずに

添付画像
添付画像
明和中学校で県の新人大会がありました。初戦の相手は、地元明和中。毎年決勝まで進む強豪チームです。「明和中」という名前に、戦う前から怖じ気づいていたようなところもありました。そして、四死球を出したり、捕れるフライをヒットにしたりと自滅していきました。それでも、ファインプレーやホームゲッツーがあったり、マシンでの速球の打ち込みが功を奏し、ヒットを打ったりすることなど、いい場面もありました。しかし、結果は12−1のコールド負け…。今までの練習の成果を十分発揮することなく終わってしまいましたが、この敗戦は9人を大きく変えてくれると思います。
8月中旬から9人の新チームがスタートし、これまで必死に練習に取り組んできました。18人の先輩が抜けたあと、人数の少ないなかでよく練習してきました。3年生はすべての大会を優勝してきました。そのプレッシャーも半端なくあると思います。しかし、その3年生を越えるという高い目標を持ち、少ない人数だからこそみんなでたくさん悩み、相談し、共にプレーを創り上げてきました。
春の県大会で今回のリベンジを果たすという目標を持ち、もう一度1からスタートです。来年の春、更なる進化を遂げた9人を楽しみにしていてください。
遠いところにもかかわらず、たくさんの応援ありがとうございました。

大会を終えて 11月11日は県大会‼️

添付画像 3年生の意思を引き継ぎ、1、2年生チームは着実に成長しています。この大会で感じたことは、一人一人の力をかけてプレーできたということです。常々、力をかけられるチームを作ろうといっています。100の選手が10人力を足しても1000の力しか出ませんが、3の選手でも3×3×3×3×3×3×3×3×3=19683の力になるのです。この新チームは、日々の練習から話し合いながらプレーを高めてきました。そして、一人一人がやるべきことを果たしていきました。特に、1年生が大事なところで、四球を選んだり、きっちりとランナーを送ったりすることができました。そして、たまったランナーを2年生が返すという繋がりが見られました。
11月11日(土)12日(日)は、明和中学校において、東海地域新人ソフトボール大会三重県予選があります。初戦の相手は、明和中学校です。経験者ばかりのチームで、かなり手強い相手ですが、菰野自慢のチーム力を発揮して戦いたいと思います。応援よろしくお願いします。
最後に、応援や手伝いに来てくれた3年生、本当にありがとう。菰野と聞いて物怖じする相手を見て、みんなの偉大さを改めて知らされました。そして、保護者の皆様、朝早くからお世話をおかけいたしました。県大会もよろしくお願いします。その他にも、たくさんの応援ありがとうございました。これからも更なる成長を見届けていただきますように、応援よろしくお願いします。

新人大会 優勝🏆 激戦を乗り越えてたくましくなった菰野ナイン‼️

添付画像 11月3日、4日に、雨で延期されていた新人大会がようやく開催されました。そして、3年生の先輩たちに続き、見事2連覇することができました。
3日の初戦は常磐中との対戦。序盤から点を積み重ね、終始余裕の展開のはずでしたが、四球やミスからリズムが崩れ、4点を奪われました。それでもまだ9点ものリードがあるのに、まるで負けているかのようでした。結局、13ー4で勝ちはしましたが、次への課題が残りました。準決勝の相手は、強豪桜中。昨年から2年生主体のチームでしたから、かなり手強い相手でした。試合は序盤から点の取り合いが続き、桜中が5点をリードし、終盤にさしかかりました。すると、少しずつ流れが菰野に傾いていきました。3点差にしたところで、相手の主力選手がケガをしました。動揺を隠せない相手の隙をつき、残り時間3分のところで、同点に追いつきました。そして、時間が来たので、同点タイブレークに入りました。無死2塁から始めるのですが、なんと一挙に5点をとりました。桜中の意地の反撃で1点差まで追い付かれるものの必死に守りきり、14ー13で、接戦を見事制しました。この時点で、県大会出場が決まりました。苦しみながら勝ちきることができたことが9人に大きな自信を与えました。
そして、4日の決勝戦。相手は内部中。内部中とは夏季リーグや練習試合で連勝し、非常に相性のいい相手でした。序盤から臆することなく、点を積み重ね、14ー3で下し、見事優勝を納めました。

新人大会について

新人大会2日目は、10月29日(日)菰野中で予定しています。10時40分開始予定です。勝つと13時開始予定です。
なお、決勝戦は、11月3日(金)山手中で9時半開始予定です。予備日は11月4日です。たくさんの応援をお願いします。

新人大会1日目 羽津に勝利

添付画像
添付画像
不安定な天気のなか、新人大会が行われました。初戦の相手は、羽津中でした。選手は全員緊張していましたが、相手の攻撃を三者凡退で切り抜け、自分達のリズムでプレーすることができました。途中、羽津の強力打線の前に雰囲気が沈みかけましたが、みんなで守りきり、終わってみれば12ー2の大勝利となりました。次の相手は、夏季リーグで逆転敗けを喫した常磐中です。9人で繋がりのあるソフトボールでリベンジを果たしてほしいものです。応援よろしくお願いします。

夏季リーグ4位

添付画像
8月下旬に、新チーム初となる公式戦がありました。新チームでの練習が少ないなかで、大健闘しました。3勝2敗でしたが、たくさんの可能性を秘めた試合になりました。今後の成長が楽しみです。新人が楽しみです。応援よろしくお願いします。

有終の美 三泗女子交流大会 優勝🏆

添付画像
8月20日に、垂坂ソフトボール場で、三泗女子交流大会が行われ、見事優勝することができました。前回の大会で、先輩たちは準優勝でした。その時に負けたチームちゃん相手
に、最後まで優位に試合を進め、見事優勝を成し遂げました。2年前は先輩たちの姿を憧れの眼差しで見ていたり、着なれないユニフォームに袖を通して必死に応援したりするだけだった3年生が、一般チーム相手に3年間の成果をぶつけることができました。
正直、試合終了時は喜びよりもとうとう終わってしまう切なさのが大きかったですが、本当によく頑張ってくれました。この2年半で学んだことや感じたことを、次のステージでも役に立ててほしいです。お疲れさまでした。

中日本大会の様子② 敗戦。そして、3年生との2年半の挑戦が終わる・・・

 全国にも、東海にもいけませんでしたが、今までがんばったご褒美のように中日本大会には参加せててもらいました。大きな高みではありませんが、それなりに晴れやかな舞台を経験することができました。今回の経験と悔しい思いをした経験、また、みんなで一つのことに向かって、いくつもの試練を乗り越え、つながることのできた経験は、これからの人生にきっといい影響を与えると思います。舞台は変わりますが、これからもそれぞれの挑戦は続きます。真摯であれ、矜持を持て!
 保護者の皆様をはじめ、今まで支えてくれた方々には本当に感謝しております。ありがとうございました。
 菰野中塁球部は、新チームをスタートし、また新たな目標に向かってすすんでいきますので、変わらぬ応援をお願いします。
添付画像
添付画像

中日本大会 ① ベストを尽くした中日本大会

添付画像 添付画像
8月5日、雨が心配される中、てるてる坊主の願いが届いたのか、暑いぐらいの天気となりました。初戦の相手は、静岡のクラブチーム5start。この試合は、県大会の屈辱をはらすことと、勝っても負けても悔いの残らないように自分達のよさをすべてだしきろうと試合に挑みました。1回の表の守備、第1球目にいきなり違反投球を取られ、ややバタツキ1点を失いましたが、県大会のような不安や迷いがプレーの中になく、落ち着いてできました。最終的に4点を取られましたが、打たれたイメージがなく、よく守ったと思います。中でも、日頃の練習から何度も取り組んできたランナーを挟むランダンプレーやスラップ封じのフォーメーションが見事決まり、自分達の攻める守りを十分に発揮できました。攻撃は相手投手の緩急と外に逃げていくコントロールに苦しみました。得意の足を絡めた攻撃で何度かチャンスを作りましたが、あと一本が出ませんでした。
結果、4ー0で負けました。しかし、最高の試合はできました。迷いのない強気なプレーと出場選手とベンチの一体感は今までで一番でした。
負けはしましたが、胸を張っていい試合でした。

中日本大会 開会式

添付画像
8月4日に、中央緑地体育館において、第61回中日本ソフトボール総合選手権大会の開会式が行われました。一般から小学生まで46チームが集まり、盛大に行われました。菰野中は全チームの中でも一番大きな声で行進し、堂々としていました。何よりみんなの笑顔が素敵でした。

奉仕作業

添付画像
8月2日に大羽根球場での練習前に、奉仕作業にあたりました。グランドの草抜きや周辺のごみを拾いました。大羽根球場は3年生にとっては思い入れがあると思います。オール1年生で挑む新人大会、脇美優さんの2年連続新人大会での選手宣誓、数々の練習試合、そして、2度目の新人大会での初優勝。思いでのつまった場所で、感謝の気持ちを込めて取り組みました❗

中日本大会 壮行会

添付画像
8月2日菰野庁舎で激励会は行われました。
保護者の方々や地域の方々のご協力のおかげで部活動が充実してできることに感謝し、中日本大会では、日頃の成果を発揮したいです。

三重県中学校ソフトボール大会

添付画像 7月29日30日に、神戸中学校、大木中学校で三重県中学校ソフトボール大会が行われました。打倒度会、東海、全国大会出場を目指していましたが、準々決勝で破れてしまいしました。
初戦は創徳中。初回に先制し、自分達のペースで試合を運ぶことができ、コールド勝ちをおさめることができました。しかし、先取点をとるものの、大きな代償も払ってしまいました。接触プレーで怪我をし、キャッチャーを欠くことになりました。しかし、代役の2年生キャッチャー清水さんはプレッシャーをはねのけ、見事勝利に貢献することができました。
準々決勝の相手は殿町と中部中の合同チーム。初顔合わせで、全くデータがありませんでした。この試合の敗因は「迷い」だと思います。迷いが弱気なプレーや消極的なプレーを生み、チャンスを潰したり、守りきれなかったりしました。
 残念な結果となりましたが、この悔しさを8月5日の中日本大会にぶつけてくれることを期待しています。3年生の引退の日も間近になってきました。この3年生は1年生の夏からチームとして活動してきました。つながることの楽しさ、負けることの悔しさ、頑張りが報われたときの達成感・・・。さまざまな経験を積んできました。2年半の集大成として、今までやってきたことすべてを出し尽くしてほしいです。そして、最高の笑顔で終われるように真摯に、矜持を持ってみんなで心を一つにしていきましょう。

三泗中体連ソフトボール大会 優勝🏆 県大会へ❗

添付画像
添付画像
大会3日目。決勝戦の相手は準決勝を延長逆転サヨナラで制した朝明中学校でした。しかし、4番脇美優さんの長打を皮切りに、2イニングで8点をとることができました。守備でも素晴らしいプレーがありました。センターへの痛烈な辺りを清水祐希さんがファーストに投げ、見事センターゴロに仕留めました。結局、9ー2の5回コールド 勝ちをおさめ、昨年のリベンジを果たすことができました。
平日にもかかわらず、たくさんの応援ありがとうございました。次は、29日、30日の県大会になります。神戸中学校で9時から開会式、12時15分から大木中学校にて試合が行われます。相手は創徳中学校です。応援よろしくお願いします。

三泗中体連ソフトボール大会 決勝進出❗

添付画像
添付画像
大会2日目。この日はリラックスして試合に臨むことができました。対戦相手は内部中学校。0ー0で迎えた2回裏の攻撃。この回は、打者が3巡目まで回り、一挙に14点を取り、ビッグイニングになりました。3回の裏、あと1点取ればコールド勝ちという場面で、代打の門脇玲菜さんが叩きつけるバッティングをし、打球はピッチャーの頭上を越えセンターへ。見事コールドを決めました。3年間諦めずに取り組んだ成果と思いがボールへと伝わったように感じました。改めて、努力は裏切らないことを教えてもらいました。
降雨のため、もう1つの準決勝はサスペンデッドで24日に順延されました。決勝戦では、どんな相手にでも自分たちのベストを出してほしいものです。
応援よろしくお願いします。

三泗中体連ソフトボール大会 初戦突破❗

添付画像
添付画像
7月22日。猛暑の中、大会初日を迎えました。相手は中部中学校。互いに1年生の頃から遠征に一緒に行くなど、切磋琢磨するチームでした。顧問同士では、互いにいい試合ができるようにと話していました。相手のピッチャーは初回から飛ばしていたので、なかなか攻略できませんでした。また、初戦の緊張からか、みんなガチガチで普段通りではなかったです。そんな中、つむじ風がグランドを吹き抜け、嫌な予感が。そして、その直後に逆転を許す展開となりました。この嫌な雰囲気を吹き飛ばしてくれたのが横山月さんでした。2、3塁のチャンスで、センターオーバーの特大ホームランを放ちました。横山さんは緊張でガチガチでしたが、タイムをとって深呼吸後、ファアルで粘り、最後にはホームラン。この瞬間、ベンチのみんなの緊張の糸がほどけました。そして、ここからは笑顔を取り戻し、最終的には9ー2、6回コールドで快勝しました。
この試合では、どうすることで自分たちの雰囲気を作れるか、また、その難しさなどを学びました。次の内部戦では、早く自分たちの雰囲気をつくっていい形にいして欲しいです。
たくさんの応援ありがとうございました。

ドラゴンハットにて交流試合 06.10

6月10日滋賀県竜王町のドラゴンハットというドーム施設で、近隣県の中学校が集まり交流試合が行われました。
滋賀県の高穂、水口、兵庫県の荒牧中学校と対戦しました。ドームという屋内施設で貴重な体験をさせてもらいました。はじめは室内の暗さに戸惑い、ボールを見失うこともありました。1試合だけ外で試合をしましたが、やはり、青空の下で、ソフトボールをするのが気持ちがいいですね。
レベルの高いチームが集まり、試合や練習を見るだけでも、大変勉強になりました。本当に貴重な体験ができました。

全日本中学生ソフトボール大会三重県予選② H29.6.4 堂々の3位 中日本大会出場決定❗

添付画像 添付画像
3年生は修学旅行でほとんど練習ができていない状態でしたが、この試合にかける思いは素晴らしかったです。
初回、田良島さんのホームランでさい先よく先制しましたが、その後のチャンスをいかせず、追加点をとることができませんでした。流れが変わったのは5回の明和の攻撃の時に、突風が吹き、テントが飛びました。観客がどよめくなか、切り替えるように声をかけますが、守っている選手には届きませんでした。この一瞬の集中の途切れが、その後の自分たちのミスに繋がり、一挙4点を献上してしまいました。なんとか反撃を試みますが、得意の繋がりある攻撃ができず、ゲームセット。全日本への道は断たれました。そのあとの3位決定戦も緊張の意図が切れた状態でコールド負け。明和戦に全精力をつぎ込んだ結果なので、よくやったと思います。最終的には3位の表彰状もいただきました。県の3位は堂々の結果だと思います。そして、大会から2日後、子どもたちに朗報が舞い込みました。8月5日に四日市で開催される中日本大会に協会推薦で出場できることになりました。今までの頑張りが報われました。中日本、そして、夏の中体連に向けて、さらに心ひとつにして精進していきたいです。今大会、たくさんの応援本当にありがとうございました。