※掲載の各写真は、昭和50年発行の『 創立百周年記念誌 』からの転載です。

明治

6年 菰野学校(吉沢村)開校。
8年 明治7年、池底村に池底学校、川北村下鵜川原村に川北学校を開校。明治8年公立学校として認可される。明治9年大強原村に大強原学校を開校。これより先(明治6年)吉沢村は菰野学校に属する。
9年 大強原学校開校。
18年 4月 池底学校、川北学校、大強原学校の三校を合併し、大強原村東川原に明誠学校を設立。校舎新築。
20年 4月 明誠学校を大強原尋常小学校と改称。
22年 4月 市町村制実施に伴い、大強原村外三ケ村に吉沢村を加えて鵜川原村となる。
25年 9月 一村一学校制により吉沢を同一学区に入れ、鵜川原尋常小学校と改称9月11日開校式をあげ、以後、この日を学校創立記念日に制定。
32年 4月 大強原柏木の現在の地に校舎三棟を新築。
41年 4月 校舎を増改築し高等科を併置して、鵜川原尋常高等小学校と改称。

初代郡長の開校祝いの書 最初の国定教科書(修身) 明治33年の卒業記念写真

大正

6年 校舎改築。
15年 3月 講堂兼雨天体操場および付属建物を新築。(工事費9,300円)

新築当時の講堂 大正末期の朝会 大正末期の校舎風景

昭和

9年 校舎新築。
16年 5月 国民学校令により、鵜川原村国民学校と改称。
22年 4月 新学区制により、鵜川原村立鵜川原小学校と改称。
29年 2月 給食室と本館を新築。
31年 9月 町村合併により菰野町立鵜川原小学校と改称。
33年 7月 プール竣工。
34年 3月 鉄筋二階建校舎一棟を新築。(工事費8,314千円)
労力奉仕によりできたプール 児童集会風景 業間体育全校遊び

35年 5月 完全給食を実施。
38年 12月 校歌を制定。
46年 校地を拡張。
50年 11月 創立百周年記念式典及び記念事業を実施。
昭和50年の航空写真 創立百周年記念式典 創立百周年記念運動会
53年 7月 体育館、新校舎、給食棟が完成。
58年 1月 特別教室及び中庭が完成。
61年 7月 新プール竣工。
61年 10月 新プール増設地南側を駐車場に整備。
62年 1月 銀杏の木を移植。
63年 10月 子ども銀行優良校として大蔵大臣、日銀総裁の表彰受賞。

平成

4年 11月 FBC秋花壇に優良賞受賞。
5年 11月 FBC秋花壇奨励賞を受賞。
6年 8月 運動場散水設備新設。
7年 1月 スキー教室を開始。
7年 9月 創立120周年記念として式典をする。飼育小屋を新築。
11年 9月 観察池と庭の改修工事完了。
12年 9月 屋上塗装改修工事完成。複合滑り台設置。
16年 9月 エレベーター新設。
17年 9月 創立130周年記念。
18年 4月 読書活動優秀実践文部科学大臣賞を受賞。
22年 8月 本校舎耐震・大型改修工事完成。
22年 12月 体育館耐震・大型改修工事完成。
23年 2月 本校舎屋上太陽光発電パネル設置完成。
23年 8月 給食室水道本管より直接引込工事完了。
24年 2月 運動場東側フェンス取替工事完了。
25年 6月 水道施設改修工事完了。
27年 8月 体育館の耐震・大改修工事が完了する。
29年 3月 プール改修工事完了。
平成元年 鵜川原地区航空写真 創立120周年航空写真 平成7年 鵜川原地区航空写真

創立135周年航空写真(平成22年12月15日撮影)