広報こものトップ >> 特集
地域の防災力 消防団

消防団は、常勤の消防職員が勤務する消防署とは異なり、火災や大規模災害発生時に自宅や職場から現場へ駆けつけ、消火活動、救助活動を行います。普段は自らの仕事を持ちながら、休日などを利用して、いざというときのための訓練や地域の防災力強化、火災予防活動等、地域に密着した活動に従事しています。またその身分は非常勤の特別職地方公務員として保障されます。

千種分団副分団長 谷 陽介さん
消防団員に聞きました
千種分団副分団長 谷 陽介さん

Q.消防団に入団したきっかけは
A.当時の分団長、副分団長に勧誘されました。正直なところ、断りきれずに入団したのですが、今は入団してよかったと思っています。

Q.消防団の活動について。

A.災害時の出動や年末の警戒活動、災害時に備えた訓練などがあります。

Q.消防団の魅力について。

A.たくさんありますが、まず防災に関する知識や技術を得ることができます。これらの知識や技術は消防団を退団した後も生かすことができると思います。また地域の人に顔を覚えてもらえ、交流を持つことができます。消防団員にならなければ、知り合えなかったであろう人たちとも仲良くなれました。

Q.副分団長という役職ですが。

A.副分団長は、分団長を補佐して分団員をまとめる立場です。千種分団は、団員の平均年齢も若くまとまりもありますが、災害時の活動には危険も伴いますので、団員の安全には細心の注意を払わなければなりません。そのため、有事に備えて訓練時には厳しく、それ以外の時には和気あいあいといったように活動にメリハリをつけ、いざというときに安全かつ適切に活動できるよう配慮しています。

Q.町消防団で最年少の副分団長ですが、今後の消防団への思いは。

A.どんどん若い世代の人にも入団してもらって、適度なサイクルで消防団を経験してもらうことで、特定の個人にかかる負担も軽減できますし、消防団員の経験を持つ人が増えれば、大規模災害時等にもその経験を生かせますので、町全体として災害に強い町になるのではないでしょうか。若い方には、どんどん消防団に参加して欲しいですね。
竹永分団団員 水谷裕太さん
竹永分団団員 水谷裕太さん
Q.消防団に入団したきっかけは。
A.当時の竹永分団の分団長に声をかけていただきました。地域に貢献できるならという思いもあり入団しました。

Q.消防団の活動について。

A.消火活動や地域の防災訓練での指導。操法大会等にむけての訓練を2カ月間程度行います。

Q.消防団の魅力について。

A.これまで知らなかった世代の違う団員の方たちと仲良くなれました。消防団の活動以外でもその方たちとの人脈が役に立つことがあります。プライベートでも旅行に行ったり、たまには飲みに行ったりと消防団に入らなければなかった出会いや縁にも恵まれました。

Q.消防団の活動で大変なことは。

A.火災などの災害は突然起こるので深夜や休日でも出動しなければなりません。また訓練も休日や仕事後の夜になりますので大変ですね。

Q.消防団員としての抱負は。

A.これからも消防団の活動を通じて地域の方と交流を持てればと思っていますし、消防団に入団して上の世代の方に教えてもらったことを若い世代にも引き継いでいきたいです。また、若い世代の消防団員が少なくなっているので、仲間を増やして交流の輪を広げたいですね。ぜひ消防団の仲間になって欲しいと思います。
消防団員の待遇
地方公務員法および消防組織法に規定された非常勤の特別職地方公務員として身分保障があり、以下の制度等の適用を受けることができます。
・公務災害補償制度
・退職報償金制度
・福祉共済制度
・消防団員健康診断(年1回)
・被服の貸与
・表彰制度
消防団の活動
消防団操法大会、夏期訓練
操法大会と夏期訓練は毎年交互に開催され、消防団員はこの大会に向けて、休日や夜間に訓練を行い、大会で訓練の成果を披露します。

消防団操法大会、夏期訓練


消防出初式
新春を飾る伝統行事で、毎年1月に開催されます。式典の後には、三滝川に向かって一斉放水が行われ、多くの観客で賑わいます。

消防出初式


防火広報
火災は出さないことが最も大切です。消防団は火災予防の啓発活動も行います。

防火広報


特別消防訓練
火災予防運動週間等に合わせて、実際の火災を想定した訓練が行われます。

特別消防訓練


菰野町消防団の組織(現在員158人)
消防団本部 団長1人 副団長2人
菰野分団(現在員49人)
 分団長1人 副分団長3人
 第1班 第2班 第3班
鵜川原分団(現在員17人)
 分団長1人 副分団長1人
竹永分団(現在員17人)
 分団長1人 副分団長1人
朝上分団(現在員32人)
 分団長1人 副分団長2人
 第1班 第2班
千種分団(現在員17人)
 分団長1人 副分団長1人
湯の山分団(現在員8人)
 分団長1人 副分団長1人
本部分団(現在員15人)
 分団長1人 副分団長1人

消防支援隊

平成27年8月には、消防署の活動を補完する組織として消防団の経験者等で構成された消防支援隊が発足しました。

問い合わせ 消防本部
TEL 394-3211  FAX 394-5766

All Rights Reserved.Copyright(c) Komono Town
各ページの記事、画像等の無断転載を禁じます。