広報こもの
一般会計歳出は約108億円
三重北消防指令センター運用開始

 4月1日から、菰野町消防本部、四日市市消防本部、桑名市消防本部の3消防本部が消防通信指令事務(119番通報受け付け、消防車・救急車出動指令、消防無線統制等)の共同運用を開始します。これに伴い、菰野町、四日市市、朝日町、川越町、桑名市、いなべ市、東員町、木曽岬町からの119番通報の受付場所が四日市市消防本部中消防署中央分署に新たに開設される三重北消防指令センターに移行します(図1)。共同で通信指令事務の運用を行う事で、大規模な災害が発生した際に隣接消防との相互応援体制の充実強化が期待でき、最新鋭の指令・無線システム導入による機能強化により、災害に対し迅速な対応をとることができるようになります。

(図1)三重北消防指令センターの管轄地域

通報は菰野町からとわかりやすいようにお願いします

 三重北消防指令センターの運用が開始されると、菰野町内からの119番通報も四日市市にある指令センターに繋がります。通報を受け付けた指令センター員は、現場や状況を聴き取り菰野町消防署へ出動指令を出し、消防車や救急車が出動します。119番通報は菰野町からだけではなく広い地域からの通報を受け付けますので、菰野町からの通報と分かるように菰野町から住所を伝えるようにしてください。例えば、通報を松涛園区内や江野区内からする場合「菰野町小島○○番地」、「菰野町千草○○番地」とお伝えください。また建物や場所なら「菰野町の○○商店の前」と店の名称などを伝えてください。

さまざまな通報方法

 電話による119番通報に加え、耳や言葉が不自由で電話による119番通報が困難な方を対象に、ファクシミリやパソコン、携帯電話のEメールを利用した緊急通報ができます。

FAX119

  今回の指令センターの運用開始に伴い、今まで菰野町では対応できなかったファクシミリでの119番通報ができるようになりました。方法は、緊急通報用紙に必要事項を記入して局番なしの「119」をダイヤルし、送信してください。緊急通報用紙は、町消防署や健康福祉課で配付しています。また町ホームページからもダウンロードできます。いざというときに備えて事前に用意し、ご自宅のファクシミリのそばなどに置いておきましょう。

Eメール119

 Eメール119は、Eメールを利用した緊急通報手段です。事前の利用登録が必要ですのでご注意ください。FAX119用緊急通報用紙やEメール119の利用登録等の詳細は、町消防署や健康福祉課にお問い合わせください。

消防署の玄関前に非常用電話を設置

 火事や救急などで消防署に駆けつけた時、夜間や出動などで周りに職員が見当たらない時は、消防署正面玄関前に設置されている「非常用電話」を使用してください。受話器を上げると指令センターに電話がつながりますので、通信指令員の質問に落ち着いて答えてください。

CTYのデジタル放送で消防情報を配信します

CTYのデジタル放送で消防情報を配信します 利用方法 指令センターの運用開始に伴い、潟Vー・ティー・ワイの協力を得て、CTYデジタル放送で消防情報を提供します。ケーブルテレビ加入の方であれば、地上波デジタル放送の「CTYコミュニティチャンネル(121ch)」から、菰野町の消防情報(災害の発生時刻、場所等)について知ることができます。

 消防テレフォンガイド(TEL393-1919)での案内も継続して行いますが、CTYの消防情報もご利用ください。

 

効率的な消防救急活動のために

車両動態管理システム

車両動態管理システム 消防車や救急車の位置情報を常に把握できるシステムで、災害地点に一番近い車両を出動させることにより、いち早く対応できるようになります。また、指令と同時に災害現場の情報が送信され、現場までの最短ルートや消防署で登録した各種情報をモニターに表示し、確認する事もできます。

消防救急デジタル無線を整備

 消防で使用している無線がアナログ無線から消防救急デジタル無線にかわります。これにより、通信チャンネル数が増加し、通信内容の秘匿性向上などの効果があります。そしてこれまで以上に出動隊への活動指示や情報提供、現場の隊員同士の情報共有などがスムーズで効率的に行えるようになります。

 

問い合わせ
消防本部 TEL 394-3211
消防署 TEL 394-3239 / FAX 394-5766


All Rights Reserved.Copyright(c) Komono Town
各ページの記事、画像等の無断転載を禁じます。