広報こものトップ >> まちの話題
まちの話題
 


浅野選手がリオ五輪サッカー日本代表に

7月1日、菰野町出身でサッカーの浅野拓磨選手がリオデジャネイロ五輪サッカー日本代表に正式決定しました。今年行われたリオ五輪アジア最終予選決勝戦で2ゴールを決めるなど、リオ五輪出場権獲得に大きく貢献した浅野拓磨選手ですが、8月5日から開催される本大会でも、世界を相手に大活躍することが期待されます。町では、懸垂幕などを新たに作製し、これからも一層、浅野選手の応援に力をいれていく予定です。

浅野選手がリオ五輪サッカー日本代表に
菰野町役場本庁(左)と菰野町町民センター(右)に掲出された懸垂幕



保護司会が広報活動

7月1日、役場本庁で菰野町保護司会の皆さんが「社会を明るくする運動」に対する内閣総理大臣のメッセージを諸岡副町長へ伝えました。
 「社会を明るくする運動」は、犯罪や非行の防止と罪を犯した人の立ち直りについて理解を深め、犯罪や非行のない地域社会を作ろうとする全国的な運動で、今年で66回目を迎えました。毎年7月の1か月間を強調月間とし、今年は保護司と四日市西警察署員の皆さんが町内各所で黄色い幟を取り付ける広報活動を実施しました。

保護司会が広報活動
菰野地区コミュニティセンター前で幟を取り付ける様子



剣道菰野嶺風館が全国大会へ出場

7月6日、三重県道場少年剣道大会で上位に入り、7月26日に東京の日本武道館で開催される全国道場少年剣道大会へ出場する菰野嶺風館の皆さんが石原町長を表敬訪問しました。町長から「剣道のどこが面白いですか」と問われると「一本が取れたとき」と答え、「今大会の目標は」と問われると「まずは1回戦突破」と答えました。町長から「一所懸命練習して1回戦と言わず、一つでも多く勝ってください」と激励されました。

剣道菰野嶺風館が全国大会へ出場
表敬訪問での町長との記念撮影



水辺の安全教室

7月7日、8日、12日に竹永小学校、千種小学校、朝上小学校でB&G水辺の安全教室を実施しました。講師であるB&Gインストラクターが衣服を着た児童に、海に落ちてしまった時の泳ぎ方やペットボトルやランドセルを使って長時間救助を待つ方法、ロープワークと救命胴衣の使い方など実演を交えて教えました。児童たちは思っている以上に水を吸って重くなった衣服に驚きながらも、水難時に助かる方法を協力しながら学び、夏休み前の有意義な体験をしました。

水辺の安全教室
竹永小学校でロープワークを学ぶ様子



親善球技大会を開催

7月17日、大羽根西野球場、サッカー場で菰野町子ども会親善球技大会を開催しました。今年は、町内の各区から男女90チームが参加し、参加児童数約1000人のドッジボール大会となりました。
 当日は、朝から小雨が降り、開催が危ぶまれる天候でしたが、開会式後は雨の心配もなくなり、順調に決勝リーグまで対戦が行われました。子どもたちは、少し雨で濡れたボールとグラウンドに戸惑いながらも、この日まで各地区で練習してきた成果を存分に発揮していました。

親善球技大会を開催 競技の結果



人権擁護委員に

横山信樹さん 谷田定士さん

7月1日付けで横山信樹さん(潤田)、谷田定士さん(竹成)が法務大臣から新しい人権擁護委員に任命されました。前委員の南川 篤さん(千草)、水谷 葵さん(永井)が退任されたことによるものです。人権擁護委員は、人権尊重思想の普及活動や地域での人権問題解決に向けて相談に乗ったり、支援したりすることを主な活動とするボランティアで、菰野町では現在7人の委員にお世話になっています。

人権擁護委員



All Rights Reserved.Copyright(c) Komono Town
各ページの記事、画像等の無断転載を禁じます。