広報こものトップ >> まちの話題
まちの話題
 


まこも収穫祭を開催

9月25日、まこも収穫祭が福祉公園で開催されました。収穫されたばかりの旬のマコモを使って、「マコモのホイル焼き」や「マコモの天ぷら」「マコモパフェ」、「マコモ入り肉まん」など様々な料理が出品され、来場者は秋の味覚を楽しみました。また、ステージ発表では菰野中学校吹奏楽部の演奏やGIANT STEPSによる大きな操り人形を使ったショーなども披露され、来場者とともに盛り上がりを見せていました。

まこも収穫祭を開催
マコモの葉で部屋飾りを作る様子



高齢者世帯住宅改修補助事業の協定

9月27日、高齢者世帯住宅改修補助事業に関する協定調印式が役場本庁で行われ、今年8月に開始した「高齢者世帯住宅改修補助事業」の適切な実施のため、菰野町と三重県建設労働組合(以下、「建労」)四日市支部が協定を締結しました。この協定は、高齢者世帯が骨折等の危険性を軽減するために住宅改修を行った場合、その費用の一部を町が補助するにあたり、建労が施行業者選定の調整等で協力いただくものです。

高齢者世帯住宅改修補助事業の協定
建労四日市支部の太田氏(写真左)と石原町長



ろう者サッカー日本代表候補が合宿

10月1日、2日、大羽根サッカー場でろう者サッカー日本代表候補が合宿を行いました。9月3日の社会福祉大会で講演いただいた植松隼人さんも日本代表候補のコーチとして参加し、町内サッカークラブのぺルナSC と手話を用いた交流やミニゲームも行われました。また、四日市中央工業高等学校との交流試合も行われ、日本代表候補は音が聴こえない中でも巧みに合図や指示を送りながら、熱戦を繰り広げていました。

ろう者サッカー日本代表候補が合宿
ろう者日本代表候補と四日市中央工業高等学校の対戦
(青いユニフォームがろう者日本代表候補)



戦没者を追悼し平和を祈念する式典

10月1日、第37回菰野町戦没者を追悼し平和を祈念する式典が町民センターホールで行われました。式典では参加者全員で国歌を斉唱し、1分間の黙とうをささげ、戦没者の冥福を祈りました。今夏に町の事業で広島を訪問した中学生の体験発表も行われ、戦争や原爆の脅威について発表しました。最後に、菰野地区の婦人会が「みたま賛歌」「ふるさと」「花は咲く」を歌い上げ、献花とともに恒久平和を誓いました。

戦没者を追悼し平和を祈念する式典
参加者全員による黙とう




僧兵まつり開催

10月1日、2日、恒例の僧兵まつりが湯の山温泉で開催され、多くの人がステージでのイベントや夜店などを楽しみました。クライマックスの火炎みこしでは、沿道に多くの観客がつめかけ、三嶽寺から御在所ロープウエイ駐車場までの約2㎞を僧兵姿の男衆が燃え盛る炎を間近に浴びながら汗を流して進みました。御在所ロープウエイ駐車場までたどり着くと、炎は更に強さを増し、火花散る迫力満点の火炎みこしに大きな歓声があがりました。まつりのフィナーレには盛大に花火が打ち上げられ、夜空を明るく照らしていました。

僧兵まつり開催

 ①多くの観客が見守る中、火炎みこしの出発地の三嶽寺で松明に火が灯される様子
 ②「セイヤ、ソイヤ」と威勢のよいかけ声をかけながら湯の山温泉街を進む火炎みこし
 ③御在所ロープウエイ駐車場に多くの出店が並び、来場者で賑わう様子
 ④ステージでのよさこい踊りなどの披露
 ⑤まつりのフィナーレに打ち上げられた花火と拍手を贈る観客


三条マルシェに菰野町ブースを初出店

10月2日、新潟県三条市で開催された「三条マルシェごった市@ホコテン」に菰野町ブースが初出店されました。これは災害時相互応援協定を締結している三条市との民間交流促進事業の一環として実現したものです。三条マルシェは、153店のブースが出店し、来場者は8万人を超える大規模なイベントで、今回は町と町商工会が連携して「マコモくず餅」や「まこもワッフル」など菰野町の特産品をアピールしました。

三条マルシェに菰野町ブースを初出店催
まこも関連商品を紹介する菰野町ブースの様子



菰野地区、鵜川原地区で相撲大会

10月2日、菰野地区第39回少年相撲大会、第22回中学生相撲大会が庄部神社で開催されました。また10月9日には、第38回鵜川原地区町民相撲大会が鵜川原神社で開催されました。それぞれの大会では、体の大きさや体重に関係なく学年別などに分かれて熱戦が展開されました。土俵際の一進一退の攻防に観客も大きな声援を送り、出場した力士たちは闘志みなぎる顔つきで、相手とぶつかりあっていました。

菰野地区、鵜川原地区で相撲大会
菰野地区                 鵜川原地区



All Rights Reserved.Copyright(c) Komono Town
各ページの記事、画像等の無断転載を禁じます。