特 集 スポーツクライミング&登山に挑戦!東海総体と国体をPR

町内で今年8月に全国高等学校総合体育大会(インターハイ)登山大会、3年後には国民体育大会(2021三重とこわか国体)スポーツクライミング競技がそれぞれ開催されます。そのPRイベントとして「スポーツクライミングに挑戦!」と「登山隊長と行く ひと足早いインターハイコース登山体験」が開催されました。


スポーツクライミングに挑戦!

スポーツクライミングに挑戦!

①登り方のコツを指導員から教わりながらスポーツクライミングに挑戦する子ども
②会場で配布された2021三重とこわか国体PR缶バッジ
③頂上を目指し勢いよく登っていく子ども

スポーツクライミング体験に列をなす子どもたち

 5月6日、「スポーツクライミングに挑戦!」が三重県民の森で開催されました。スポーツクライミングは東京オリンピックの正式競技で、近年注目を集めています。登り切った回数を競う「ボルダリング」や登る高度を競う「リード」等の種目があり屋内でもできることが特徴です。
 子どもたちは指導員からクライミングのコツを教わりながら登りはじめ、頂上に到達すると嬉しそうな笑顔を見せていました。

インターハイコース登山体験

御在所ロープウエイで行われた開会式
 5月12日、「登山隊長と行く ひと足早いインターハイコース登山体験」が武平峠から御在所山山頂までの道のりを登山コースとして開催されました。登山コースは実際に登山大会で選手が歩くコースで、参加者たちは約1時間半の道のりを緑豊かな自然や風景を楽しみながら歩きました。
 頂上では鈴鹿山系の動植物の紹介やスナック菓子で作る簡易ポテトサラダの紹介が行われ、登山の魅力に溢れたイベントとなりました。
山頂での記念撮影の様子 インターハイマスコットキャラクターウイニンくん

①山頂での記念撮影の様子
②武平峠から山頂を目指して歩き出す参加者たち
③スナック菓子で作る簡易ポテトサラダ

 
All Rights Reserved.Copyright(c) Komono Town
各ページの記事、画像等の無断転載を禁じます。