湯の山温泉芸術祭 オンパク湯の山 訪れるたびに違う風景を

湯巡り街並みアート展湯巡り街並みアート展



「湯巡り街並みアート展」には、県内外19名のアーティストによる様々なジャンルの作品が湯の山温泉街に展示されています。作品は随時追加され、訪れるたびに新しい作品に触れることができます。湯の山温泉の歴史を作品にした展示もあり、歴史や昔の情景が繊細な色彩で表現されています。

また、旅館寿亭内の水雲閣では5月31日に表彰式が行われた湯桶アートコンテストの作品が展示されています。会場には温泉をジオラマで再現した作品など、28点の個性豊かな作品が並びます。
温泉や食事を楽しむだけでなく、芸術作品巡りをすることで、湯の山温泉の新たな魅力を発見できるかもしれません。

アーティストに聞く ‐「歴史」を表現するとは‐

アーティストに聞く ‐「歴史」を表現するとは‐

 

菰野ふるさと映画塾

6月8日から3日間にわたり、地域の魅力を短編映画にする「菰野ふるさと映画塾」がホテル湯の本を主会場として開催されました。これは「創る喜びから地域の魅力を発見・発信!」を合言葉に、企画立案や撮影など映画制作の一連の作業を体験するものです。
講師は映画監督の瀬木直貴さんや作道 雄さんなどが務め、映画制作の基礎について講義や専門的な技術の指導を行いました。

5回目となった今回のテーマは「約束」です。集まった13名の参加者を2班に分け、企画立案や脚本づくりからスタートしました。脚本通りに撮影が進められ、参加者たちは夜遅くまで編集作業に没頭しました。厳しいスケジュールながらも、最終日には見事に映画が完成し、参加者にとって濃密な3日間となりました。

 

アコースティック温泉Live&湯の山所縁映画上映会

6月の毎週土曜日と日曜日に湯の山温泉街の旅館やホテルで「アコースティック温泉Live」が開催されました。二胡やバイオリン、フルート、ピアノなどの演奏が行われ、訪れた人たちは初夏の爽やかな風に吹かれながら贅沢(ぜいたく)な生演奏を楽しみました。

また6月16日、23日、30日に鹿の湯ホテルで「湯の山所縁映画上映会」が開催されました。これは湯の山温泉で撮影が行われたり、菰野町に所縁のある俳優が出演したりした映画を無料上映するものです。『拳銃無頼帖電光石火の男』、『サトウくん』、『GOOD LUCK~恋結びの里~』の3作品が上映され、訪れた人々は湯の山温泉の魅力が詰まった昭和と平成の名作を鑑賞しました。

 

 
All Rights Reserved.Copyright(c) Komono Town
各ページの記事、画像等の無断転載を禁じます。