広報こものトップ >> PHOTO NEWS(フォトニュース)
広報こもの PHOTO NEWS(フォトニュース)
 


総勢43名が各大会に挑む
8月2日 中学生が全国大会、東海大会に出場

全国大会や東海大会に出場する選手の激励会が役場本庁で開催されました。全国大会には硬式テニス、陸上競技、柔道で菰野中学校の生徒が出場しました。また、東海大会には陸上競技、柔道、水泳、ハンドボールで菰野中学校と八風中学校の生徒が出場しました。激励会では、出場選手を代表して菰野中学校硬式テニス部の田中稜人さんが、「今まで支えてくださった方々への感謝の気持ちを忘れずに最高のプレーができるよう試合に臨みます」と大会への決意を語りました。石原町長は「自分の持てる最大限の力を出すために何ができるかを考え、体調には十分に気を付けて大会に臨んでください」と激励しました。

中学生が全国大会、東海大会に出場

➀全国大会(硬式テニス、陸上競技、柔道)に出場する菰野中学校の生徒たち
➁東海大会(ハンドボール)に出場する菰野中学校の生徒たち
➂東海大会(陸上競技、柔道、水泳)に出場する菰野中学校と八風中学校の生徒たち

開館時間



子どもたちの夏休みの思い出に
7月21日 ヨット・カヌー体験教室

ヨットやカヌーを通じて海洋性レクリエーションの普及を図ることを目的に、ヨット・カヌー体験教室が2日間にわたりB&G海洋センター小島艇庫がある大井沢溜で開催されました。教室ではB&G育成士の指導のもと、カヌーやヨットの体験のほか、海や川などにおける落水時の泳ぎ方やペットボトルを用いた長時間救助を待つ方法の紹介などが行われました。訪れた子どもたちは普段あまり体験することのないカヌーやヨットに興味津々で、操作に慣れると心地よい風を感じながら自在に操作していました。

ヨット・カヌー体験教室
▲ヨットを自在に操作する子どもたち



2年ぶりの出場で優勝を狙う
7月24日 日本少年野球選手権大会に出場

日本少年野球選手権大会に出場する四日市ボーイズの出口陽大さん(菰野中3年)と相馬大樹さん(同3年)が石原町長を訪問しました。四日市ボーイズは平成28年にも同大会に出場しており、今大会では出口さんは4番ライト、相馬さんは9番センターとして今大会に出場します。町長から「大会への意気込みは」と問われると、出口さんは「目の前の試合に全力で臨んで優勝を目指します」と答え、相馬さんは「代表として恥じないようにプレーを全うして優勝を狙います」と答えました。

大会に出場する出口さん(左)と相馬さん(右)
▲大会に出場する出口さん(左)と相馬さん(右)



地域活性化に対する連携をより強化
8月10日 三重銀行と協定を締結

株式会社三重銀行と菰野町が地域活性化に関する協定を締結しました。この協定は、相互の専門的な知見や人的資源等を活用し地域活性化の促進に協働して取り組むことを目的としています。今後両者は菰野の食と温泉を楽しむ「ONSEN・ガストロノミーウォーキングin湯の山温泉」(9月24日開催)で連携を図り、さらなる地域活性化に向けて取り組みます。渡辺三憲(わたなべみつのり)取締役頭取は「相互の連携をさらに強化し、菰野町の地域活性化に貢献していきたい」と協定に対する思いを語りました。

三重銀行本店で固い握手を交わす渡辺取締役頭取(左)と石原町長
▲三重銀行本店で固い握手を交わす渡辺取締役頭取(左)と石原町長



菰野の夏の風物詩
8月18日 燈火まつり&町民盆踊り大会


今回で9回目となる三滝川燈火まつり&町民盆踊り大会が役場本庁南側福祉公園と河川敷周辺を会場として開催されました。当日は天候に恵まれ、出店には行列ができるほど多くの人で賑わいました。盆踊り会場では、老若男女を問わず多くの人が踊りの輪に加わり、日本の夏の伝統行事を楽しんでいました。また三滝川河川敷において、今年は湯の山温泉開湯1300年を記念して「湯」の字を手作りのランタンで形作り、来場者は燈火が灯る幻想的な風景の写真を撮るなどして夏の夜を楽しんでいました。

▲燈火で作られた「湯」の文字
▲燈火で作られた「湯」の文字



個人の泳力とチームワークが試される
8月12日 第34回町民水泳大会

水泳を通じて町民の体力向上と健康増進を図り、町民同士の交流を深めることを目的として、第34回町民水泳大会が菰野町B&G海洋センターで開催されました。
 大会には10チーム約50名が参加し、25m自由形など個人種目のほか、浮き輪リレーやライフジャケットリレーなどの団体戦も行われました。
 選手が懸命に泳ぐ姿に対してチームメイトが熱い声援を送るなど、大会は大いに盛り上がりました。
また団体戦ではチーム同士の交流も見られ、真剣勝負の中にも和やかな雰囲気が漂う大会となりました。

団体戦のライフジャケットリレー
▲団体戦のライフジャケットリレー


兄に続いて全国大会に出場
8月20日 全国小学生柔道大会に出場

全国小学生学年別柔道大会に出場する四日市しもの柔道クラブ所属の萩 楓真さん(鵜川原小5年)が石原町長を訪問しました。萩さんは昨年同大会に出場した兄の影響で4歳から柔道を始め、6月に開催された全国大会三重県予選において小学5年生45kg超級で優勝し、今大会への出場となりました。 町長から「今大会の目標は」と問われると、萩さんは「優勝を目指します」と笑顔で力強く答えました。町長は「体調を整えて全力を出し切れるように試合に臨んでください」と激励しました。

大会に出場する萩さん
▲大会に出場する萩さん



All Rights Reserved.Copyright(c) Komono Town
各ページの記事、画像等の無断転載を禁じます。