こもガク×大日本市菰野博覧会

菰野がえらいことになる3日間。
KOMONOLOGY×DAINIPPONICHI KOMONO EXPO
2018.10.12.FRI-14.SUN

大日本市
ごはんの鍋 トークイベント
トークイベントを行う佐々木さん(右)と内田さん(左)
こもガク×大日本市菰野博覧会が開催

 10月12日から14日にかけて、町内各地でこもガク×大日本市菰野博覧会が開催されました。これは菰野町を盛り上げるために体験型イベントなどを行う「こもガク」と、日本の工芸産地の活性化を目的とする「大日本市博覧会」が手を組み、菰野町の新たな魅力を発信するイベントです。町体育センターで行われた大日本市菰野博覧会では東海地方の名品を集めたブースなどが設置され、約6500人が訪れました。また町民センターでは町内在住の花匠 佐々木直喜さんと陶芸家 内田鋼一さんがものづくりについて語り合うトークイベントなども開催され、三重県知事も挨拶に訪れました。

こもガク塾

こもガク塾が町内各地で開講
自分の手で枝豆を収穫して食べる枝豆収穫体験
自分の手で枝豆を収穫して食べる
枝豆収穫体験
 「町民全員が先生で、町全体が教室だ!」と題し、10月6日から14日まで町内全域を会場としてこもガク塾が開催されました。これは町内の事業所等で体験講座を塾として開講し、先生となったつくり手に教わるというものです。各会場では枝豆収穫体験、フラワーアレンジメント教室、Tシャツプリント体験など多種多様な講座が開講されました。

つくり手と共同してオリジナルTシャツを製作するTシャツプリント
つくり手と共同してオリジナル
Tシャツを製作するTシャツプリント
彩り豊かな花を組み合わせるフラワーアレンジメント教室
彩り豊かな花を組み合わせる
フラワーアレンジメント教室
僧兵鍋の調理法を学ぶ僧兵鍋体験教室
僧兵鍋の調理法を学ぶ僧兵鍋体験教室
 
体験萬古焼の鉢を使用して寄せ植えを行うガーデニング体験講座
体験萬古焼の鉢を使用して
寄せ植えを行うガーデニング体験講座
工芸エリア
つくり手からものづくりを学ぶコモノオープンファクトリー
指勘建具工芸で組子体験に挑戦
 ものづくりの現場を見学し、つくり手の話を聞く、コモノオープンファクトリーが町内各事業所で行われました。参加者たちは陶器の製造工場や酒蔵などを訪れ、普段は足を踏み入れることのない場所に興味津々な様子でした。現場ではつくり手によるこだわりや作業工程で特に神経を使う部分に関する話があり、参加者たちは熱心に耳を傾けていました。また、作業で使用する道具などに直接触れ、ものづくりを体感する機会もありました。参加者たちはつくり手たちの熱い志を感じつつ、その技術を体感し、ものづくりの奥深さを学びました。
コモノオープンファクトリー つくり手を紹介
コースターや鍋敷きなどを作る組子体験 酒蔵内にある地酒の仕込みタンクの見学 陶器の色付け作業の見学
里山エリア
マルシェ、カフェ、ボルダリングで自然を体感
自分の手で枝豆を収穫して食べる枝豆収穫体験
こもガク田んぼマルシェを訪れた多くの人々
 13日と14日にはこもガク田んぼマルシェが竹永地区コミュニティセンター駐車場で開催されました。会場では農産物や雑貨品などの商品が並んだほか、木工教室などの体験ブースも設けられ、多くの人々が訪れました。また13日にはコスモスカフェが朝上地区コミュニティセンター付近のコスモス畑の中に設置され、手づくりの焼き菓子などを楽しみました。さらに14日には三重県民の森でボルダリング体験が行われ、子どもたちが大自然の中でのスポーツを楽しみながら登っていました。
ボルダリング体験 コスモスカフェ マルシェ内で出展された木工教室
ボルダリング体験 コスモスカフェ マルシェ内で出展された木工教室
 
All Rights Reserved.Copyright(c) Komono Town
各ページの記事、画像等の無断転載を禁じます。