広報こものトップ >> PHOTO NEWS(フォトニュース)
広報こもの PHOTO NEWS(フォトニュース)
 


3月1日から7日は春の火災予防運動期間
2月26日 特別消防訓練を実施

大強原の真菰福祉サービスセンターで春の火災予防運動に伴う特別消防訓練が実施され、施設職員、施設利用者、消防団、消防職員など約70名が参加しました。これは福祉施設での火災を想定したもので、施設職員や施設利用者の防火に対する意識を高めるとともに、消防団員の火災防御技術と連携活動能力の向上を図ることを目的としています。訓練では施設職員による初期消火訓練や避難誘導訓練のほか、消防隊による自力歩行困難者の救助訓練が行われ、最後には一斉放水が行われました。

特別消防訓練を実施
▲消防団員と消防隊による一斉放水



高速道路の開通に備える
3月1日 高速道路で消防訓練を実施

江野地内の新名神高速道路下り線(菰野IC西付近)で三重県内高速道路消防連絡協議会総合消防訓練が実施され、道路沿線自治体の消防機関や県警察本部などが参加しました。これは新名神高速道路の開通に伴い、活動上の危険性が高い高速道路上で同時に多数の傷病者が発生した際に、関係機関との連携と即時対応できる体制の強化などを目的としています。高速道路上で発生した多重事故を想定し、消火活動訓練や車に閉じ込められた傷病者の救出活動訓練が行われ、緊迫感の漂う訓練となりました。

高速道路で消防訓練を実施
▲傷病者を救出するために車のドアを外す消防隊員



全63チームが熱戦を繰り広げる
3月3日 第43回菰野町駅伝大会

第43回菰野町駅伝大会がきらら湖(三重用水菰野調整池)で開催されました。競技では1チーム7人がたすきをつなぎ、きらら湖を周回するコースを走りました。今年は63チーム620名が参加し、たくさんの観客が声援を送りました。

大会結果

第43回菰野町駅伝大会
▲一般男子の部で優勝を果たしたMaxSpeed



長年にわたる地域防災への貢献が認められる
3月6日 消防庁長官から表彰

町消防団副団長の重盛秀夫さん(菰野第三区)が消防庁長官から永年勤続功労章を受章しました。これは重盛さんが消防団に永年勤続し、その勤務成績が優秀で他の模範となると認められたものです。重盛さんは昭和60年に町消防団に入団以後、通算約29年間にわたり地域防災に貢献され、平成29年4月から副団長に就任されています。

消防庁長官から表彰
▲永年勤続功労章を受章した重盛さん



約2.5haを整備予定
3月16日 ドコモ菰野の森が開設


株式会社NTTドコモ東海支社と県と町が森林づくりに関する協定を3月6日に県庁で締結し、森林整備活動拠点の開設式が尾高キャンプ場で行われました。この協定は尾高キャンプ場北の森林を3者が協働して約5年間にわたり整備を進めていくもので、県が実施している「企業の森」制度による取り組みとして行われるものです。開設式では柴田町長が「この活動を通じて菰野町に親しんでもらえれば」と語りました。その後、参加者らによる間伐や遊歩道の清掃などが行われました。

ドコモ菰野の森が開設
▲開設式で行われた記念撮影



再び捨てられない環境を作るために
3月17日 第22回菰野町クリーン大作戦


町区長会が主催して菰野町クリーン大作戦が町内一円で実施され、町民約1万名が参加しました(湯の山は18日)。不法投棄やポイ捨てによるごみを町民が一丸となって回収し分別を行いました。これまでの取組の成果により近年では可燃物、不燃物ともに減少傾向となっています。



第22回菰野町クリーン大作戦
清掃を行う参加者(菰野第三区)



新しい教育長を紹介します

新しい教育長

前教育長の川瀨 敏さんの退任により、4月1日付けで前県教育委員会北勢教育支援事務所所長の北口幸弘さん(菰野第三区 59歳)が議会の同意を得て、教育長に就任しました。
 北口さんは学校現場や鈴鹿市教育委員会、県教育委員会での勤務経験があり、平成24年からは八風中学校校長を4年間務められました。任期は今年の9月30日までです。 


All Rights Reserved.Copyright(c) Komono Town
各ページの記事、画像等の無断転載を禁じます。