広報こものトップ >> 町長のひとり語り

Theme 02 ふるさと納税

本日は、何かと話題に上がることが多いふるさと納税制度について考えてみましょう。ふるさと納税とは、もともとは自分を育ててくれたふるさとにいくらかでも寄附をして応援したいという思いに応える制度です。ある自治体に寄附をすると寄附をした人が住んでいる自治体へ納めるべき税金が控除されるという仕組みで、実は別の自治体に納税をするわけではありません。しかし、お金の動きとして税金を納める自治体を選べるようにみえることから、ふるさと納税というわけです。
 このふるさと納税の菰野町への影響ですが、昨年平成30年度の実績で、3000万円以上の町民税が控除されています。要するに菰野町の収入が3000万円以上減っているということです。平成28年度には1200万円以上、平成29年度は2200万円以上が控除されており、毎年かなりの町税が菰野町のために使えなくなっているという現状です。この金額は、たとえば中学生の通院医療費を無料にするのには年1500万円程度必要ですから決して少ない金額とはいえません。
 現在、菰野町も寄附は受け付けていますが、ふるさと納税のさらなる拡充のため、たとえば返礼品を用意する、ポータルサイトに掲載をするなど、さまざまな取り組みについて検討をしていこうと思います。


町長のひとり語りバックナンバー


All Rights Reserved.Copyright(c) Komono Town
各ページの記事、画像等の無断転載を禁じます。