広報こものトップ >> 町長のひとり語り

Theme 06 町長の仕事とその役割

みなさんお元気ですか。私が町長に就任して早くも半年が経とうとしています。この半年間で日々の公務をこなしながら理解を深めてきた「町長の仕事」というものについてご紹介したいと思います。
 まず、「毎日どのような仕事をしているのか?」ということですが、公務として各区の行事や総会などに出席させていただくことはもちろん、町外で開催される会議などに出席することも少なくありません。あるいは町に関連する予算の要望のため国の省庁へ向かうこともあります。では、役場に在庁しているときはどうなのかというと、町の意思決定となる書類の事務処理をはじめ、来庁者との面会、職員との政策等に関する協議など、仕事の内容は多岐にわたります。
 このように様々な公務を行っている以上、時間の制約があり、ご来庁いただいた町民の皆さんとお会いする時間が十分に確保できないということがしばしばあります。そこで町民の皆さんと直接意見交換できる場を設けるために「柴田町長と語ろう」という事業を始めました。詳しくは町ホームページをご覧いただくか、担当課(企画情報課)までお問い合わせください。
 最後に、町長が町に関わることを全て決定できるかというと、必ずしもそうとは限りません。菰野町を住みよいまちにするためには、地域の方々のご協力が必要な場合もありますし、国や県などの関係機関との連携も必要となります。町民の皆さんの声をふまえ、これからも町長としての役割を果たしていきたいと考えていますので、引き続きのご理解、ご協力をよろしくお願いします。




町長のひとり語りバックナンバー


All Rights Reserved.Copyright(c) Komono Town
各ページの記事、画像等の無断転載を禁じます。