広報こものトップ >> 町長のひとり語り

Theme 08 災害への対応

今年9月4日から6日にかけての当町での豪雨において、町の皆さんは不安な思いをされたことだと思います。特に被害に遭われた方には心からお見舞いを申し上げます。
 町では、できるだけ速やかに復旧活動を進めているところですが、予算の確保や復旧のための工事設計、工事を進めるための事業者の選定などさまざまな手続きが必要です。なかなか修復の手が回ってこないように町の皆さんは感じるかもしれませんが、着実に復旧に向けて進めておりますのでご理解いただきたいと思います。
 ところで皆さんもニュースなどで災害対策本部の設置という言葉を耳にしたことがあると思います。災害対策本部とは、被害を最小限に食い止め、災害に対して迅速な対応を図り、情報収集や活動を行うために地方自治体などが設置する機関で大雨、台風、地震、大雪などあらゆる災害に対して必要だと判断した場合に設置します。そして、災害対策本部の中で、町の皆さんを守るための避難勧告や避難指示などを発するのは、本部長である町長です。
 町の皆さんの生命、身体、そして財産という大事なものを守ることが行政の仕事です。ですから、気象警報が発表された場合や災害が想定されそうな場合は、職員も庁舎で待機し、もしもの事態に備えています。職務を全うすべく今後も気を引き締めていきますので、町の皆さんも町防災マップなどを参考に自宅の災害リスクや避難経路を確認するなど、もしものときに備えるようにしてください。 




町長のひとり語りバックナンバー


All Rights Reserved.Copyright(c) Komono Town
各ページの記事、画像等の無断転載を禁じます。