広報こものトップ >> 町長のひとり語り

Theme11 総合計画の策定

令和2年を迎えて早くも1か月が過ぎましたが、今回は来年度に策定する第6次菰野町総合計画についてお伝えします。
 総合計画というと、「聞いたことがない」という方も多いかもしれませんが、これは町として、とても重要な計画なのです。何事も計画的に進めるべきといいますが、それは計画がめざすべき理想・目標の姿とそこに至る道筋を描くものだからです。目標がなければどちらに行けばよいかわからない。目標があっても行き当たりばったりではたどり着けませんよね。行政が事業を行うにもさまざまな計画を策定しますが、総合計画は、もっとも基本的なもので、まさに町全体の理想の姿と、そこに至る方策を示すものです。この方策を実行するために具体的な事業があり、その事業においても総合計画よりさらに細かい個別の計画に基づいて実施されることになります。
 そして、総合計画は、少子高齢化、人口減少の時代を迎えても、将来にわたって町民の皆さんが安心して住むことのできる、住みよい町づくりを着実に進めるため、住民本位の考えに基づき、町民の皆さんの思いを具体化したものでなければいけません。計画は共有するものですから、身近なものでなければならないとも考えています。
 最後に、新たな総合計画策定に向け、「町長と語ろう」などのさまざまな機会において、皆さんにも「どんな町にしたいか」「そのため何をすればよいか」などの点について、これから広くご意見をいただき議論を交わしていきたいと考えていますので、ご協力をよろしくお願いします。




町長のひとり語りバックナンバー


All Rights Reserved.Copyright(c) Komono Town
各ページの記事、画像等の無断転載を禁じます。