広報こものトップ >> PHOTO NEWS(フォトニュース)
広報こもの PHOTO NEWS(フォトニュース)
 


新春に子どもたちがかるたを楽しむ
1月15・22日 「こものかるた」を体験

菰野町の特産品や名所を読み札や絵札に取り入れて制作した「こものかるた」を放課後子ども教室に参加する子どもたちが体験しました。子どもたちは初めて見る「こものかるた」の絵柄に「五百羅漢は行ったことがある!」「マコモは給食で食べた!」などと反応しながら、一枚一枚絵札を見比べ、真剣にかるたを取り合っていました。

新春に子どもたちがかるたを楽しむ
▲菰野にちなんだ札を必死に取り合う子どもたち


菰野町手づくり民話絵本コンクール



1月26日は文化財防火デー
1月22日 文化財防火運動に伴う訓練

田口区の福王神社で文化財防火運動に伴う特別消防訓練が実施されました。これは町民の文化財に対する防火意識を高めるとともに、施設関係者との連携強化および消防団員の火災防ぎょ技術の向上を図ることを目的に実施され、関係者、消防職員、消防団員など約50人が参加しました。訓練では関係者による出火時の初期消火訓練や、消防職員と消防団員による文化財などの重要物搬出と消火活動のほか、一斉放水も行われました。参加者は厳しい寒さの中、真剣な表情で取り組んでいました。

1月26日は文化財防火デー
▲訓練の最後に行われた一斉放水



昨年に続き2年連続の出場
1月31日 スキーで全国大会へ出場

長野県で開催される第57回全国中学校スキー大会のアルペン競技に出場する伊勢琢翔さん(菰野中2年)が役場を訪問しました。町長から競技でのやりがいを尋ねられると「大会で前回滑ったときから、さらに速く滑れるようになったときです」と答え、今大会での目標を「昨年の大会で転んでしまった経験を踏まえて、緊張に押しつぶされずに最後まで滑り切ってきます」と力強く伝えました。町長は「力を出し切っていい結果を出してください。期待しています」と激励しました。

昨年に続き2年連続の出場
▲昨年の経験を踏まえて大会での健闘を誓った伊勢さん(写真右)



全身の力を込めて綱を引く
2月2日 綱引き大会を開催

第9回菰野町民綱引き大会が町体育センターで開催され、男子の部10チーム、女子の部4チームの男女合計160人が参加しました。試合は最初に4チームずつのリーグ戦で行われ、各リーグの上位2チームが決勝トーナメントに進み優勝を争いました。会場では大人同士の気迫あふれる綱の引き合いの中、小さな体格のチームが掛け声とともに力を合わせて大きな体格のチームに勝つなど、好勝負が繰り広げられました。

全身の力を込めて綱を引く
▲全体重をかけ、懸命な表情で綱を引き合う選手たち



昨年のおもてなし賞に続いての受賞
2月12日 湯の山温泉が優秀賞を受賞


昨年11月に湯の山温泉街を中心に開催された「ONSEN・ガストロノミーウォーキングin湯の山温泉」が2019年ONSEN・ガストロノミーウォーキング表彰の優秀賞に選ばれました。このイベントは湯の山温泉街を巡りながら菰野町の食を味わい、歴史や文化を学びつつ温泉を楽しむという体験型イベントで、全国各地で開催されている同様のイベントの中から企画の面白さや参加者のアンケート結果などが評価され、優秀賞を受賞しました。

昨年のおもてなし賞に続いての受賞
▲受賞団体全員での記念撮影



高速道路の保全に合わせて地域を見守る
2月19日 中日本高速道路㈱と協定締結


中日本高速道路㈱名古屋支社桑名保全・サービスセンターと町との地域における見守り活動等の協力に関する協定締結式を役場本庁で行いました。これは、高速道路の工事や点検、高速道路内外の巡回などで得た高齢者や障がい者の異変、道路の損傷および廃棄物の不法投棄の情報などを町に提供することで地域の見守りを強化することを目的とするものです。締結式で町長は「全社的に地域の見守りにご協力いただけるということで大変有難いです」と感謝の思いを伝えました。

高速道路の保全に合わせて地域を見守る
▲中日本高速道路㈱の福島所長(写真左)と町長




All Rights Reserved.Copyright(c) Komono Town
各ページの記事、画像等の無断転載を禁じます。